10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録・二世帯住宅のお正月

2011
01/03
*Mon*
箱根駅伝が始まりました。
私の卒業大学はあんまり運動に力を入れておらず、箱根駅伝、各種有名スポーツから基本的に無縁。「母校を応援する」と言う経験がない私。ちょっと羨ましげに駅伝見てます。

さて。
本日三日は出勤しようと思っていたのですが、昨日初売りに出かけたら、おそらくつわりから来る車酔いでかな~り具合が悪くなってしまい。結局大事をとって家にいます。
一月はハードな日々になりそうで、ちょっと青くなってるんだけど、ここはしっかり家族サービスして、サポートをお願いしよう、と。

我が家は、新婚当初から二世帯住宅での同居、と比較的珍しいパターンなので、ブログを書いておりますとたまに同居をお考えの方からご相談や「コツは何ですか?」と質問されることもありますが

同居の成否はお互いの相性によるところ九割
ときっぱり言いきってしまえると思います。
世の中にはやっぱひどいお姑さんっているから。(同じ理由でひどい嫁もいるんでしょうけど。)やっぱ絶対に好きになれない、うまく行かない相手っていると思います。だから同居しても大丈夫か、やっぱよく考えた方がいいと思います。
(かく言う私は婚約当初夫が無職だったため、同居以外のオプションはなかったのですが)

特に我が家のように、典型的専業主婦の姑と典型的キャリアウーマンの嫁の場合、どれくらい姑が嫁のスタイルを受け入れられるかによると思われ、我が家が平和的に同居12年を迎えるのは一重にお義母さまの許容量が高かったことが最大の勝因だと感謝しています。
そしてお互いのスタイルや生活時間帯が違う場合、お風呂やキッチンなど、水周りは別でないと相当ストレスがたまると思います。(我が家は完全分離なので、DINKSの時代は一週間顔を合わせないことも珍しくありませんでした)


でもね。
一応、全然努力してない訳ではなく。

たとえば正月。
我が家は大晦日に義姉の一家が帰省してきて、三軒での年越しになるのですが、大晦日の夕食から三が日フルに全ての食事は一緒に取ります。
おせちはすべてお義母さんが準備するのですが、私もお客様ではないので、オードブル系や揚げ物系など、一品料理を自分のキッチンで調理して毎日二品投入する、と言うのが慣例となっております。
あと、洗い物とか配膳は頑張ります。一階のキッチンはお義母さんの縄張りなので、あくまでお手伝い。冷蔵庫を開ける時は、必ず一言かけます。

お義母さんは「ゆっくりしてていいのに」と言うけど、頑張るからこそそう言ってもらえてる…って部分あると思うんだよね。
何でもそうだと思う。どんなにいい関係でもやっぱある程度の努力は必要…だと思う。

ちなみに食事は酒を交えての半宴会なので、「食べたらさよなら」と言う訳にも行かず、基本的に一階で過ごすため、この四日間はあまり自由時間はありません。
…これは正直慣れるまでかなり苦痛でした。

平和的に去るには、嫁の私からではなく、息子である主人に「じゃ、今日はこの辺で」と言ってもらって一緒に二階に帰ってもらいたいんだけど、夫は実家大好きな人なので、平気で実家のリビングで昼寝しちゃったりする。同じ家だから「じゃ、そろそろ」ってのがないので、延々と家族タイムが続く訳です。

でも、日々助けてもらってることいっぱいあるし。
(ゴミ当番とか町内会とか全部お義母さんだし、子どもが生まれてからは言わずもがな)

いい嫁を演じるのがお仕事。
とだいぶ割り切れるようになりました。

でも力量的にいい嫁にも限界があるんで、やはり最後は笑って「ありがといございまぁ~す!」「これおいしいですね~!」でカバー。

え?不満はないのか?
それはたまにあるけれど…

それを聞くのは夫の両親と同居する限りは夫の役目、が私のポリシーなので、どうしても言いにくいけど言わなければならないこと(たとえば玄関の植木の位置を変えてほしい、とか)は全て夫にお願いすることにしています。
嫁はネガティブなことは決して口に出さない。
これ鉄則です。

さてさて。
「洗濯してきます~」と上に上がってきたのですが、そろそろ朝ご飯かな。
では嫁してきます!


COMMENT

ご無沙汰しております
中々コメントできずにごめんなさい
この前は来て下さってありがとうございます!お元気そうで安心しました。

やはり二世帯羨ましい!特にぱぴよんさんちは綺麗なおウチで広いし閑静で保育園と公園が近くて、住宅環境バッチリですもん

わが家は週に何日間か義母が歩いて来てくれて、昼食や夕飯を一緒に食べる日々が続いているので、一緒に住んでれば良かったかな…と思うことがあります。
やはり義母と一緒にいると気を使いますが、『本当の娘だと思ってるから』と言って下さってから、私も色々と甘えています。

相性って大切ですよね。
ぱぴよんさんのblogを見てると、納得することばかりで思わず『うんうん』と頷いちゃいます!

14年も一緒に住んでいたら、絆も深まってそうですね
家族サービスしたり、労ってあげてくださいね。うちの義父のように急に倒れて意識がなくなることもあるので…。
2011/01/04(火) 01:30:07 | URL | かおちゃん #uvrEXygI [Edit
難は
これで会社がちょっと近ければね~…。
やはり通勤時間が長いことだけは悩みです。住宅環境はとてもいいと思うんだけど。

お義母さんは、ちゃんと甘えちゃった方がいいと思いますよ。
そして、向こうが年をとった時、恩返しすればいいんです。
私はいつも「お母さん、介護はしますから、でもその前に子育てお願い!」と冗談っぽく言ってます。

うちの両親は健康で、その点は本当に運がいいとしか言いようがありません。

なので、ぬー坊で疲れすぎないように、気をつけているつもりですが…最近ぬー坊もますますパワフルなので大変!
2011/01/10(月) 02:48:08 | URL | ぱぴよん #EmrzsFpY [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。