10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフタヌーン・ティーにて育休を語る。

2010
12/28
*Tue*
ようやくぬー坊も保育園に行ってくれて、つかの間の自分時間。

久しぶりに電車に乗って都心に。
私の一つ覚え、フォーシーズン椿山荘、ラウンジ「ル・ジャルダン」のウィンター・アフタヌーン・ティーに行ってきました。
(多分ここはもう通算10回は行っている…S嬢、今度こそ時間とってここ行こうね!)

<<本日のメンバー>>
私(初産36歳。ワーキングマザー)
Tちゃん(初産37歳。育休を終えると同時に退職し、現在専業主婦。本日は一歳になる姫連れ参加)
Sちゃん(DINKSだけど現在妊娠4カ月、初産38歳の予定。)

全員バリバリ高齢出産。世間の縮図を見るようだ…。

前もって「歩けない一歳くらいのお子さん連れの方がいるので、ソファー席お願いします!」と予約しておいたので、一番奥のソファーが二つの席を用意して頂けました。

ってか、女の子って夢のようにおとなしくて可愛いのね。
Tちゃんが「活発でしょう?うるさくてごめんね」と言うんだけど、大人しくて、可愛くて、ぬー坊に慣れた私にはスローモーションのように見えました。抱っこさせてもらったんだけど8キロって夢のように軽い…なんか心なしか柔らかくて

一歳の息子を抱いてる時のイメージで心に残ってるのって

imgf7e388dfzik5zj.jpeg

鮮魚って感じだったな…。

さて、そんな画像の後になんですが、クリスマスもすっかり終わって、ウィンター・アフタヌーン・ティー。




今月はスコーンが、プレーンに加えて、レーズンに柚子ハニーと三種でした。(普段はプレーンと季節の一週で計二個です)
お土産もしっかり買いました。(かおちゃんさま、一緒に頂きましょうね♪)

Sちゃんが待望の妊娠と言う事で、産休・育休→復帰の話が多く出ました。
私たちは一社目の同期で、三人の中では私だけが転職したのですが、Sちゃんが今でも勤める会社は比較的産休・育休が取りやすく、みんな有給消化を兼ねて産前6週より前に休みに入り、最低一年はしっかり取るのが基本だそうです。

うちの会社は様々ですが、半年~一年以内が主流。(ってか絶対数が少な過ぎ)
もちろん一年以上しっかり取る人もいますが、安心して取れる…と雰囲気ではないかなあ。うちの業界は今リストラ厳しいので、みんなビクビクしてると思うし、一年以上取る人は何がしかの覚悟をしてると思う。安心して取れる点においてはやはり国内大企業、公務員は羨ましい。

で、ここからは非常に私見が入りますのでご注意を。

「で、復帰はいつ頃?」と聞いた私に、Sちゃんは「まだ決めてない」と答えたのですが、その時Tちゃんが「復帰するかは育休の間にじっくり考えればいいよ」と言った。
私はその瞬間にちょっとだけ「え?」って思ったのです。(実際彼女は悩んだ末、育休をとり終わった先月復帰することなく退職しました)

…育児休暇って、そもそも復帰を前提に取るもんじゃないのかなあ。

もちろん一年とか長い期間休んで、生活も激変する訳で、復帰するつもりだったけど、果たせなかった…ってことはあると思う。
実際、私の周りでも、図らずもお子さんやご自身の体調がよくなかったり、急に旦那様が転勤になったり、保育園に入れなくて、復帰を延期したり、取りやめざるを得なくなった方はいる。
復帰したら思ったより育児と仕事の両立が大変で、体調を壊して退職された方もいて、それはもうどうしようもないことだし、「大変だったね。お疲れ様。新しい生活を頑張ってね」って思う。

でも、少なくとも「復帰する気があるかどうか」は育休をとる時点では考えとかなきゃいけないんじゃないかな、って私は思ってます。
周りの人は戻ってくる事を前提にカバー体制を整える訳で、復帰を前提に給付金だって払われるんだし。

「早く戻ってきてほしいけど、育休の期間はあなたの人生の選択だから自分で決めて下さい。
でも一度決めたら、その日までにしっかり体調と体制整えて、戦力として戻ってきて下さい」


これは私が会社の上の方(直属の上司ではないんだけど、尊敬してる人)に言われた言葉。すごく納得した記憶があります。
それが一年だろうと半年だろうと、三か月だろうと、それはその人のチョイス。
でも約束したら、ちゃんと戻るために最善の努力を尽くすのがルールなんじゃないかなあ。

大きな企業だと色んなポジションがあるし、カバー体制も万全だから、それはあんまり気にしなくていいのかな?
うーん。

もちろんその場でそんなことは言えなかったけど。
私の同期でのキャラは「同期の中で一番仕事が好きで、無茶するワーカホリック」だし。

でもそれ以外の話題は本当に楽しくて。
また是非って思ったお茶会でした。


COMMENT

楽しいお茶会で良かったですね。
育休について考えさせられる内容でした。
2010/12/28(火) 11:29:58 | URL | 抱っこ おんぶ #- [Edit
こんど連れてってね
毎夏のイベント時は
厳しいでしょうが、そのうち上京するから!

ウチは、給付金は1年だけど3年まで休んでいい。
うまいこと3人産もうもんなら10年ほとんど来なくていい。育児時間や育児分業、子の看護休暇も充実しまくりで、フル活用したら同僚の2/3も出勤しなくて済むだろうね。

ちなみに、同期採用は、何人産んで何年休んでても私の役職までは皆同じく昇進します。月給は復帰してしばらくで同期と同じに戻るらしい。
独身は労働意欲がなくなる一方ですわ(苦笑)

これが、うちだけじゃなくてすべての子をもつ働く親に、労働時間減=給料減額相当分として税金でケアされるのなら子供手当よりいいと思えるんだけどね。
2010/12/28(火) 20:34:21 | URL | 友人S #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/29(水) 23:01:53 | | # [Edit
コメありがとうございます。
■抱っこおんぶさま
私見を読んでいただき幸いです。
何が正しいか難しいところです。

■友人S嬢
「子どもが欲しいけどこんな生活できねーよ」みたいな仕事をしていた時、私も「子持ちは優遇されても、そもそも子を持つ段階まで行けないよ」と思っていました。

そして今も子を持つ人と、持たない人の間に差がありすぎることが、殺伐とした職場環境を作る一因になっているのではと思います。
(たとえば家庭内でも、時短する母と、従来通りの働き方で残業の父の格差、産まれていると思います)

少子化対策って…子持ち家庭のことだけ考えてればいいってもんじゃないよね、きっと。
ワークバランスしたいのは母だけじゃないと思う。

2011/01/02(日) 08:04:49 | URL | ぱぴよん #EmrzsFpY [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。