10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁入り道具

2010
06/01
*Tue*
Category:にっき
何だかぬー坊関係の荷物が増えてきて、押入れが爆発中

ぬー坊のお昼寝中、押入れの中の荷物を片づけておりました。バスチェアとか…うーん、第二子を心の中であきらめ切れてないワタクシ、捨てるべきかどうか悩みます。結局保留にして倉庫に押し込むことに決定。
我が家は家の外にも小さな貸倉庫を借りてるので、普段あんまり使わないものはそちらに持っていくのですが、ほとんど使っていないのに家の外に出せない荷物がコレ。
嫁入り道具に持ってきた現代美術全集・全18巻。こちら悩んだ末、自宅保管にして、押入れの上段に並べておくことにしました。





一冊一冊がとにかく重い。二冊持つとずっしり、三冊持つと腰に来る~。

これはうちの亡き父の形見です。典型的オールドスタイルの会社人間、家にいる時は居間でうたたねしながらテレビで野球かラグビーを見るか、推理小説を読むくらいで、全く美術や芸術に興味がない人でした。

でも父と二人でこの美術全集を開いた思い出があります。それは安田火災(現・損保ジャパン)がゴッホ作の「ひまわり」を当時58億円で落札した時。

「ゴッホってこれでしょ?この絵が有名なんでしょ」

なんてこの画集を開いて二人でゴッホを見ました。

父の死後、母が「お父さんが『自分は全然絵とか分からないけど、子どもにはそう言う芸術的なものにも親しんでほしい』って買ってきたんだよ」と。
生前父は一事もそんなことも言わず、美術全集はその時以外ただただ我が家で置物と化していただけでしたが、父の想いが心のどこかにあって、私は美術館巡りを始めたのかもしれないな…と今思います。

大学の女子寮生活を終えて、初めて自分のお金で一人暮らしを始めた時、私はその美術全集を母に頼んで送ってもらい、以来開くことはたいしてないのに、画集はいつも私と一緒にいます。大した荷物も持たず嫁に来た私の一番大きな荷物かもしれません。

私もぬー坊にいつか「○○してほしい」「◎◎に興味を持ってほしい」と思うのかな。

でも、今の私はとにかく

「元気で食べて寝て、元気に休まず保育園行ってくれ~!」

くらいしか考えられないのよん
何て近視的で将来のビジョンのないダメ母なことか…

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

ν??Ĥ?ξ?
2010/06/08(火) 19:04:38 | ν [Del


ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。