08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車でGO!!

2010
02/07
*Sun*
日曜日はゆりちゃんご一家に親子で乱入して来ました。
我が家とゆり家は、県境を挟んでいるものの、電車では乗り換えで一本で、比較的行きやすい位置にあります。
むしろお互い気楽な子なしで、都内で遊んでいた頃より自宅間の距離は近いと言えましょう。
育休中にお互い一回ずつ行き来があり、特に問題なく往復出来たので、今回も楽勝だと思ってました。
ミルクしか飲めなかった四~五ヶ月の頃と違って、今はお菓子と言う武器もあるし、おむつ替えの間隔も空いてるし。
思えば育休から復帰して、週末は車移動か引きこもり、飛行機で長崎に帰省した時も空港まで車だったし、電車ってぬー坊は半年くらい乗ってない。だから二人で郊外へ向かう電車から、ゆったり流れる車窓を眺めようなんて、母子二人小旅行気分でした。

…が、それが甘かった事を私は思い知ります。

まず、誤算その一は、前日の土曜日、「お休みだから、ま、いっか」と、ついつい夕方から続くぬー坊のフィーバーを止めず(って言うか親子遊びを楽しんじゃったのよね)、少々夜更かしさせてしまったこと。一時間寝るのが遅くなった分、家を出る前に昼ご飯を済ます予定がずれこんで、仕方ないからお弁当を持ち込ませてもらう事にしたんですが。

更に誤算その二は強風で電車が遅れまくっていたこと。

抱っこ紐の中に飽きて、お腹も空いてきたぬー坊。

ファイヤー

もう抱っこ紐の中で、周りの人にあやされてはにこ~っと笑うだけだった愛くるしい赤子はもういないんですね…。
そこには小さいながら意志を持った、でも善悪はまだ知らぬ、小悪魔がおりました…。
昔、騒ぐ子を必死になだめるお母さんを遠くから「気の毒だなぁ」と見つめたものですが、私自身が今まさにその気の毒な母でした…(涙)

昔、第三者の立場だった頃、私自身は子どもが嫌いじゃなかったし、「子どもは騒ぐもの」と割り切っていましたから、お母さん達が必死に頑張っている限りは温かく見守ってました。(放置親は別です。あれは周りが腹を立てて当り前)
で、自分がその母の立場になった時、最善を尽くしたつもりではありますが、それでもやはり泣き声は迷惑。
子どもが好きな人ばかりじゃないし。好きじゃない人にはやっぱうるさいと思うんですよね、赤ちゃんの泣き声って。
でも電車に乗らないで生活するなんて無理だし。

必死にあやして、最後は息子を横抱きに(ラグビーボールみたいに)抱えて、一番空いてる車両に移動し、出来るだけ他の方と距離をとり、お義母さまが持たせてくれたイチゴを与えて、何とかしのぎました

後ろ姿
ホームにたたずむ小悪魔の後ろ姿 with 毛糸のお帽子オニュゥ


何とかゆりちゃんのお宅にたどり着き、そちらで旦那さまとゆり坊に再会。親バカ炸裂とブログで噂(?)の旦那様ですが、お子さんが産まれて、目が優しくなっておられ、いい男っぷりでいらっしゃいました。(家事にもとっても協力的の憧れの旦那様…見習えよ、オットー)

保育園仕込みのガンガン押せ押せ傍若無人のぬー坊と、一瞬気圧されるゆり坊。
ゆり坊は月齢も上だし、両親、特にずっと一緒のゆりちゃんの十分な愛情を受けて、まったり穏やか。産まれた時から見ている彼、わが子とまた違う可愛らしさがあります。

ついつい我が子と較べてしまいますが、一歳児とは言え、個々の性格によっても違うのだとは思いますが、早くから保育園育ちのぬー坊、人見知りが少なく、どこでも元気に遊べる反面、親に、特に私に置いていかれることや私を他の子に取られることにちょっと過敏で神経質な一面がある気がが私はちょっとしてます。
私を見る目が何となく「必死」な感じがするんですよね。「俺を置いて逃げるなよ、かーちゃん」「他の子をかまってんじゃないぞ、かーちゃん」と警戒されてるような…気のせい?
(実際、私が久しぶりのゆり坊をあやしていると、ぬー坊、ゆり坊につかみかかる勢いだったんです。びっくりさせてごめんね、ゆりちゃん&ゆり坊

ワーキングマザーを語る上で「子どもとの時間は量より質」なんてよく言いますけど、幼い子どもにはやっぱり量も重要だと私は思います。いくら「質で勝負」って言っても「短いから質がいい」なんて保証はどっこにもないんです。
でもぬー坊には私と言う母しかいないから、比較なんて意味ない訳で、質を高める努力もしつつ、自分の出来る範囲で量を少しでも増やす努力をするしかないんだけど。
…何だか最近考えさせられます。

子どもを見ながらのおしゃべりは中断されがちだけど、それでも久しぶりにお友達とお菓子を食べながらおしゃべりして、すごく楽しい時を過ごすことが出来ました。

ゆりちゃんのご家族には、週末旦那様のお休みにも関わらず、嵐のようにお騒がせし、去って行ってスミマセン
どうか懲りずにお付き合い下さいます様、この場を借りて御礼とお願いをば。
よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



COMMENT

私子供苦手よ?
でも、小学生にもならない子で、
親が困ってればむしろほほえましい。
あえてちょっかいを出してみたりもする。
かえって子供に嫌がられるって話。

たぶん子供嫌いのヒトって、「その子供」ではなく、なってない親に育てられた「ガキ」がキライ
なんだな。
2010/02/09(火) 22:32:01 | URL | 友人S #- [Edit
いやいや
S嬢は「子供嫌い」って言うけど、うちの子とか見てても、生温かーく見守ってくれてありがたい。それは「子ども嫌い」じゃないよ…。
「ガキ」を育てた親が嫌なんだと思うよ。

私もね…放置親にはなりたくないです。

ぬー坊が会ってる時に騒いだら叱って下さい。でもそろそろもうホテルのラウンジは危険かも。次は連れてけないな。
2010/02/10(水) 02:14:05 | URL | ぱぴよん #- [Edit
そんときはそんときで
私、東京でファミレスいったこと
ないんだ~(爆)

もしくはデパ地下スイーツを買い込んで
カラオケルームとかね(え?)
2010/02/10(水) 21:51:09 | URL | 友人S #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

夫は最近、こんな事を言うようになっておりました。 「他の赤ちゃんを見てみたい」 私がぬ~坊ちゃんや知人の赤ちゃんの話をしたりするうちに、 息子以外の赤ちゃんがどんなものか興味を持ったようで。 なので、7日にぱぴさま母子がいらした時も2階の自室に引っ込むかと...
2010/02/13(土) 01:46:49 | 足元の幸福 [Del


ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。