10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなで幸せになれたらいいのにな

2009
12/11
*Fri*
Category:にっき
今週は休日出勤なし。
…と言うのは別に仕事が落ち着いた訳ではなく、今週末は会社に工事が入っていて、立ち入れないのです。でも同僚は特別に申請して、出勤しているようですが。

職場復帰して四カ月。
元々残業の多い職場ゆえ、現実はなかなかに厳しいです。
私は朝一時間夕方一時間の時短勤務を申請していますが、実際には時短したことがありません。朝は保育園の送りがあるので15分ほど遅れて来ることが多いですが、その分残業しているので結果的にあまり意味がないような…。
冬の寒いうちはお義母さんが積極的にお迎えに行ってくれて、帰宅後におやつやミルクもあげてくれるので、無茶苦茶助かっています。毎日ふかしたお芋や蒸しパンなど、おやつを預けるのが日課です。
それでも離乳食はちゃんとあげたくて、頑張って早く帰ろうとしているのですが、預かってもらっている安心感からか17時半が18時になり、最近18時半…じりじり遅くなりつつあります。

今週はとうとう帰れず、ちょうどオットーが早めに帰れると言うことで、離乳食をお願いして(でも結果としてオットーは安易に親に頼ってしまうのでお義母さんがあげてくれたらしく、少々夫婦げんかになりましたが)21時過ぎに会社を出て、家に着いたら当然ぬー坊は夢の中。家族は特に不満を言わず理解してくれていますが、やはりさびしい気持ちはありました。

ワーキングマザーとして復帰して、無尽蔵に時間を使えた頃に比べると「早く帰ろう。短い時間で人に迷惑をかけないように」と頑張るようになって、むしろ能率はあがっていると思います。
お昼ごはんを人と食べる時間だけは大切にしていますが、それ以外の時間はトイレに行くのもつい我慢しちゃうくらい(←これは行けませんね)

…が、絶対的な量をこなせないのは事実、現実。

子どもを産んだのは自分自身の選択であり、人に迷惑をかけられない、いやかけたくないと言う気持ち。
隣の人が深夜まで休日も働く中、同じようには働けない申し訳なさ。
その一方で「乳飲み子がいるのに、産前の深夜休日当り前の労働量をベースに結果を要求されたら、もうどうしようもないよ…そんなんじゃ子どもなんて産み育てられないよ」と言う不平不満。

色んな気持ちがごっちゃになって、何だかすごく辛くなって「この職場・職種は育児と両立は無理なんじゃないか」と思うことも最近しばしばあります。
何度も「もう無理です。辞めます」と口に出しそうになりましたが、まだ言えてません。…どうしてもこの仕事好きなんです。
今までも本当に過当労働だったけど、好きだから続けて来れた。
周りの人には申し訳ないと思うけど、出来れば続けたい。

「子どもがいるんだから堂々と帰れば」と言われることもあるのですが、やはり周りが頑張っているのに、自分だけが「出来ない」って言うのは本当に難しいのです。
もちろんそれでも子どものために「出来ない」って言うべき時もあるのだと思うし、そもそもしょーじき早く帰っても、育児はそれなりに大変なので楽をしてる訳じゃないですが。(でも仕事に比べたら愛情がある分、報われる癒される苦労ですが)

だから一番心で願うのは「私だけじゃなくて他の人も適正な労働量になればいいのに」です。

夜遅くまで、週末も働いている同僚はDINKSとSINGLEですが、だからと言って別に長時間働いていいって訳じゃないはず。
友人や家族と過ごしたり、たまには夕ご飯を作ったり、会社帰りに買い物したりしたいはず。
私は、残業・休日出勤続きの職場で「こんなのこれから何年も続けられない。誰か私を止めてくれ」と思っていました。「子どもが出来たら物理的にブレーキがかかるのでは」とどこか逃げるような気持ちで妊娠を望んでいた部分もあったと思います。
治療を始めたら幸いにもすぐに妊娠することが出来て、妊娠したら「出産までは大丈夫!」と言いつつギリギリまでアクセルを踏み続け、戻ってきてもまたもや「どこまでなら働けるか」限界を探して、そのギリギリまで仕事をしようとしている。
自分のギリギリを前提に働いてしまったら、少し予定外のことが起こるとすぐにいっぱいいっぱい、余裕がなくなってしまいます。

みんなが余裕がなくなっているから、助けてもらう方も、助ける方も、何か釈然としない、辛さを持ち続けている。
そんな気がします。

とにかく今月と来月の山を乗り切る。
ぬー坊の誕生日ごろには落ち着いて、一日くらい「病気用」じゃない「本当のお休み」のための有給を取って、友達とあったり、凝った料理を作ったり出来るはず。

そこからもう一回考えようと思います。

よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。