05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若いメル友

2009
11/29
*Sun*
Category:にっき
最近、中二の姪(正確には従兄の娘なので、正しくは「いとこ姪」と言うらしいですが…)が携帯を持ったらしく、メール交換してます。デコデコで方言のメールが新鮮でなかなか楽しいです(笑)

メール交換を始めたきっかけは、あまり穏やかなことではなく、彼女がいじめにあった・・・いやあっていることでした。
小学生の頃いじめられていたため、若干登校拒否気味だった彼女。私が帰省すると平日の昼間なのに、伯父(彼女にとっては祖父)の家で計算ドリルなどを解いて自習していることもありました。
中学進学にあたってはいじめっ子と同じ学校に行くのが嫌だったので、越境して隣の校区の中学に進学しましたが、どうもそこでもうまく行っていないらしい。

姪は歴史が好きで、勉強も嫌いじゃないらしく、小学生の頃から成績は抜群。にも関わらず少々引っ込み思案で、人づきあいが苦手なタイプ。
叔母の目から見たら、両親と仲良く、たまに帰省した私のことも歓迎してくれて、ぬー坊をとってもかわいがってくれる(二時間でも三時間でも遊んでくれます)優しいいい子なんですが、いわゆる「いじめられやすい」要素を持っていることも何となく分からなくはありません。

よく「いじめられる方にも原因がある」と言いますが、事実だと思います。いじめられやすい性格、性質、と言うのは存在すると思う。
自分も「いじめられっ子」だったから分かります。
私も「お勉強だけは出来る転校生」と言うターゲットになりやすいところに持ってきて、鼻っ柱が強かったので(笑)、よく陰口を叩かれました。
同じ転校生育ちの弟は特に苛められることなく、のびのび過ごして、むしろ人気者だったから、私の性格が悪かったのでしょう(笑)

が、本人にどう言う理由があろうと「いじめていい理由」にはなりません。
「気に入らないから」「不快だから」と言って、他人を苛めたり、傷つけたりする理由にはならない。だからいじめはやっぱり苛める方が悪いのです。

我慢してればいつかは人間関係がシャッフルされ、万人と合わなくとも、数が少なかろうが自分と価値観や話が合う人が出来て行くものです。私も中高とも、気の合うマニア(笑)な悪友たちと出会えて、彼女たちとおしゃべりしてれば、他の人が何か言ってても、まあ別に大丈夫でした。
大人になっちゃえば気に入らない人間とはそもそも関わらないことも(ある程度)出来ますが、子どもには逃げ場がありません。大人にとってはあっという間の三年間が、子どもの頃はそれが永遠に終わらない苦しみのように感じられるもの。
今彼女はきっとトンネルの中にいるのでしょう。

姪っ子にとっては、こんな私でも、苛めに屈せずに、第一希望の大学へ合格して、都会へ羽ばたいて行った「憧れの叔母ちゃん」らしいです。
かなり伯父や伯母(彼女にとっての祖父母)が美しく都合よく脚色してる感がありますが…毎日、オムツ替えを嫌がって逃げまくる息子の足をふん捕まえて、夜泣きされつつ「高齢出産は育児の体力が~(涙)」とクマを作ってヨロヨロしてますが(汗)
私にとっては彼女の若い無限の可能性がまぶしいくらい羨ましいのですが。

彼女の母が色々考えた上で携帯を買い与え(とっても娘を大切にかわいがって育てている従兄のお嫁さん、携帯を持たせることにはすごく慎重だったみたいだし、今も気にしています)、私にメール交換をしてやってね、と頼んできたのが発端ではありましたが、私も今は彼女のメールを楽しみにしています。
もし全く違う生活の私とメールをして、何か辛さが紛れたり、トンネルの向こうに待っている色んな風景を教えてあげることができれば嬉しいなと思いながら、お互いの近況を週に二、三回写メール付きでやり取りしてます。
でも、若さをもらってるのは私の方かも。
…って言うか「若さをもらう」ってその発想がもうおばさんだよなー。

COMMENT

おすすめエッセイ
私たちが中高生になったころからかしら、
「個性」とか言い出したのは。

私は「清く正しく美しい」個性しか認めない今の世の中には合いません。今でこそ自覚して楽になったものの、まだまだときどきムカつきます(爆)
若い彼女の生きる世界はまだあまりにも狭く、毎日つらいだろうと思います。

A新聞で連載があった「いじめられている君へ」は、いろいろな人が書いてて、私はさかなくんのエッセイがなかなか深いと思いました。

彼女は決して悪くない。
でも、学校生活は社会の縮図でもあるので、あなたとメールをやりとりしたり、読書したりして、社会と折り合いをつける術を身につけ、彼女なりの楽しい人生をゲットしてくれますように!
2009/11/30(月) 22:31:42 | URL | 友人S #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/02(水) 23:18:52 | | # [Edit
厳しくて残酷な縮図だよね
子どもって手加減とか知らないから、縮図だけど大人世界よりシビアかもしれないね。
社会に出れば飲んだり毒吐いたり、方法はあるし、お金のためと割り切れる部分も。

「いじめられている君へ」
知ってるけど読んだこと無かったなあ。今度読んでみよう。

ちなみにいとこ姪は、例の濃い従兄の娘です。
2009/12/03(木) 01:03:43 | URL | ぱぴよん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

лη???Ĥ?ξ?
2009/11/30(月) 11:22:42 | л? [Del
??νл?Ĥ?ξ?
2009/12/06(日) 12:36:59 | ??л [Del
лλ?Ĥ?ξ?
2009/12/14(月) 00:18:54 | л? [Del
л?Ĥ?ξ?
2009/12/16(水) 16:50:18 | л [Del


ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。