06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母さんは夜なべをする。

2009
07/31
*Fri*
実はこれを書いてるのは30日の深夜(正確には31日の未明だけど、私の中では日付変更されていない)です。久しぶりに眠れなくなってしまいました。実はさっきまで二十年以上ぶりにミシンなんてかけてました。

保育園や幼稚園では、規定のサイズのバッグや食事エプロンの作成が義務付けられることがある…と風のうわさに聞いており、私にとってそれは非常に気の重いことでした。
特に家庭科の成績が悪かった訳ではないのですが、器用な方と言う訳でもなく、裁縫が別に趣味でもない私は、スカートやズボンのすそを直したり、服のほころびを直すくらいで裁縫とはとんとご無沙汰。保育園の準備で一番気になっていたのはどれくらい手作りを要求されるのか、でした。

で、我が保育園では敷布団と毛布のカバーだけは保護者が手作りせねばなりません。毛布はまだ先の話なのでとりあえず今回必要なのは敷布団カバー。
年長さんまで使う布団なのでベビー布団では小さいし、大人の布団じゃ大きすぎるって事で、80×140センチなんて既製品にはない不思議なサイズになってると思うんですよね。でもそれ以外のお食事エプロンやバッグなどは既製品でもいいので、きっとラッキーな方なんだと自分に言い聞かせてます。
先日の面接の時、他のお子さんの布団を参考に見せていただいたのですが、何か目が血走ってたらしく、先生に「使えればいいんですよ~。私たちも縫い目や始末まで見ませんから、どうぞお気軽に~」と笑われて帰って来ました。何か他人様の持ち物はどれもこれもエクセレントに見えます。

私はミシンを持たずに嫁に来たので、ミシンはお義母さまに借りてきました。
実は嫁入り後と、出産後と二回ほど買おうとしたのですが、その度義母さまに「あら、うちにあるわよ。私もそんなに頻繁に使わないからどうぞ使って。買うなんてもったいない」と強く言われ、結局買わずに来てしまったのです。

で、いざそのミシン開けてみると、うちの母が持っていたミシンとボビンケースの設定とか、ボビンの巻き方とか違うし、今ひとつうまく動かせなかったので、お義母さんに説明書を借りに行きました。

が、お義母の衝撃な一言が。

「説明書…どっかに行っちゃったわ。そのミシン、今ひとつ使いにくいのよね。だから私も二、三回しか使ってなくて」

…そんなミシンをあんなに熱心に勧めたんですか…お義母さん。

「まあ、何となく勘で使えるわよ、勘で」

えー。。。
ずっと専業主婦で和裁や刺繍が趣味だった人に言われたくないよー。

結局お昼間は、家事や育児に、検診、お客様もあり、布地を裁断するのがやっとこさ。深夜息子が寝静まってから作業を開始。
夫が「僕寝るね~」と軽やかに寝室に消えていくのを「何で私だけがこんな目に~!あなたの母親が説明書を取っていてくれれば~!」と唸りながら慣れないミシンをあーでもないこーでもないと必死に駆る私。
更に途中息子がぐずって泣くが、同じ部屋で寝ているはずの夫、一回も起きず(おい)

…気がついたら丑三つ時でした。

出来た。
出来たぞ。
ぬー坊、ごめん。不器用なかーちゃんで。でもかーちゃんなり頑張ったんだよ。
はっきり言って縫い目が美しいとは言いがたい。ぶっちゃけちょっと曲がってるかも。
でもとりあえず敷布団が入ればいいのよね?
多少曲がってても寝心地には関係ないし、まだ幼い我が子にはそんなことは分からないはず。
先生たちもサイズがちゃんとあって使えさえすれば「お母さん、この縫い目ちょっとおかしいと思います」なんておっしゃらないわよねっ!?

子どもは残酷だから、いつか「お母さん、うちの敷布団カバー変だよ。○○くんのはきれいなんだよ」とか言い出すかも。
でも、その頃はきっとトーマスだの、ポケもんだの、アンパンマンだの言い出すだろうから、その時までに腕を上げて、新しいの作りなおせばいいんだわ…。

今そんな思いがぐるぐる回ってます。

でもミシンは最初かなり面倒くさかったし、まだ全然下手だけど、ちょっと楽しかったです。毛布カバーに、保育園の着替えや洗濯物を入れる巾着袋等…頑張ってみるのも悪くないかも。

しかし休暇も最後になってこんな乱れた生活をしてしまって…はぁ。

COMMENT

お疲れ様です
布団カバー作ったなんてすごいv-10
私の実母は、雑巾やら上履き入れやら、手提げバッグやら全て既製品で、なんとなく寂しかったですv-72
手作りは温かみがあっていいですよねv-21

私もその血が流れてるので・・・お裁縫の得意な義母にお願いしてしまいそうですv-39
2009/07/31(金) 20:16:36 | URL | かおちゃん #uvrEXygI [Edit
お疲れ様~
夜なべしての手袋…じゃなく布団カバー、お疲れ様でした~。

そもそもカバーはサイズ合えば良し!肌触り良ければ良し!ですよ。
それに実の所縫い物って縫い方より布の選択が重要で、
ちゃんとした布選びさえすれば十分っす。ちゃんと仕上がってますって。
2009/07/31(金) 23:18:38 | URL | ゆりこ@九州 #BqEwgRj. [Edit
No title
■かおちゃんさま
ただいま保育園の荷物に名前を書き、揃え終わったところです。

血は関係ないですよ。
私の母は、私の幼かりし時、レースのワンピース作ったり、内職でセーター編めちゃう手先の器用な人だったのに、私は必要にせまられてようやく布団カバー。
必要にせまられなきゃやってませんって(^^

私の縫い目を見てると温かみどころか冷や汗が出ますが、子どものためなら出来ちゃうのが不思議です。
お義母さんが出来る人なら頼んじゃえ~。

■ゆりこさま
優しいフォローありがとう。
手触りは普通だと思います。
最後は結構楽しんでたんだけど、やり始めるまでが気が重かったよ~。
2009/08/02(日) 00:01:13 | URL | ぱぴよん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。