08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜、思う。

2008
06/06
*Fri*
男子バレー、植田監督がオーストラリアに勝って床につっぷして涙する姿に、笑いながらももらい泣きしてしまいました。実はあの怖い顔は嫌いじゃない。アルゼンチン戦でオリンピック出場決定するといいなあ。

この男子の決戦の夜、私は深夜誰もいない会社にいました。
いきなり夜10時半からロンドンと夜間作業。その日は同僚とお祝いの食事の予定があったんで、飲み食いした後、誰もいない、半分電気の消えた(コレが結構怖い)オフィスに戻ってきました。

…私妊婦なんですけど、ね。
って周りはまだ知らないし、私しかうまくチェックできない案件だから仕方ない。仕事だもんね。まあ、今のところ体調は別に悪くないし。ぱきぱきやりますか。

幸いなことに作業は順調に進行し、ロンドンの同僚の的確なサポートで、予想より早い12時過ぎには作業を終えることが出来たので、帰る前に前々から一度やってみたかったことをやってみることにしました。
我が社は高層ビルの上の方にあるので、かなり眺望がいいのです。たまに土日出勤には家族をオフィスに見物に連れてきている人もいるくらい。(セキュリティゲートを強行突破してるのは多分秘密)
夜景もかなりいけてるけど、普段は室内の灯が反射してキレイには見えない。

電動ブラインド全部上げる!
室内の電気消す!
おお~。なかなかよいではないの~。(写メをとってみましたが遠い夜景なのでかなりイマイチでした)

オフィスから一人夜景を見ながら考えました。

これから仕事どうなるのかな~。

妊娠がうまく継続すれば年末から産休に入ることになるのですが、これまで「退職者の仕事を引き継ぐ」ことは山ほどやってきたのですが「人に仕事を引き継ぐ」事を全く経験してきてません。これまでも明らかに仕事量が多くても、他に引き継ぐ人がいなくて、残業が日常化していた状態。

まあ、仕事を抱え込むってのは確かに大変ではありますが、安易な方法でもあります。自分で抱えてる間は自分式My wayでやってればいい訳で、「私しか出来ない」なんて間違った自己陶酔に浸れちゃったりします。
「人に合わせる」とか「教える」ってテクニックもいるし、自分との違いも認めていかないといけないからストレスもかかる。全部自分でやるより、はるかに難しいことだと思います。実は昨年一度、他部署の新卒採用予定者を受け入れて、働いてもらう「疑似上司」状態を体験しまして、そこで本当に色々発見があったんです。(担当した新卒ちゃんは素直で賢い子だったので大した苦労ではありませんでしたが)

とは言え、引き継いでくれる人がいなければそれも出来ず、上司にも何度も訴えてきて、上司も頑張ってくれたんだけど、ちょっと特殊なポジションなのでなかなか適当な人が見つからず。ずるずると2年以上この状態。

最近になって、ようやく社内の別の部署から人が移転してくることになり、一部一緒に仕事をすることになりそうですが、どうも下馬評によると「超変わった人」らしい。
「コミュニケーションをとるのが難しい」
「期待出来ない」
「作るシステムが使いにくい」
…うう(汗)

でもしょうがない。頑張らなきゃ。だってこればっかりは譲れないんだもん。
私が今まで「どうしてそこまでするの?」といわれながらガシガシ働いてきたのは「いつか家族を持って、休まなくてはいけない時に戻ってこれる場所を作るだめ」だったはずなんだから。

これから六ヶ月、また新しい挑戦が始まります。
お友だちみんなに「無理しないでね」って言われるし、病院でも言われたけど、「無理しない」って難しいねえ。

夜景を楽しんだ後はゆったり会社払いのタクシーで帰らせて頂きました。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。