08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇空間

2008
06/05
*Thu*
Category:美術館
Les Roses バラ図譜最近休みというと病院通いばっかりだったので、久しぶりに有給をとって絵を見に行きました。見に行ったのはこちら。

「薔薇空間」
宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々


ルドゥーテはマリーアントワネット、後にナポレオンの一番目の妻ジョゼフィーヌに仕えた植物画家でBunkamuraでは以前にも一回展覧会を行っています。
当初一人で行こうかな~と思っていたら、先日私に妊娠菌のバイオアタックをしてくれた先輩妊婦(11w)のマダムリリーが一緒に遊んでくれるとのこと。妊婦オフ(笑)となりました。いや、三ヶ月前に同じく一緒に美術館を見に行ったのですが、その時はお互い次に会う時妊婦になってるとは思わなかったな~。

さて場所は渋谷。…もう何年行ってないだろう。今の会社に入って一度も行ってないかも…。
二人にとってあまりにも遠い場所だったので、結局なぜか上野で待ち合わせ、いつものレストランで食事をして、のんびり銀座線で移動。渋谷はやっぱり混んでました。

会場であるBunkamura Museumの前にはドゥ マゴ パリがあるのですが、そこには薔薇の鉢植えもたくさん展示されてました。会場内に入ると薔薇の香りが。そこに種類ごと、地域ごとに分類されたルドゥーテの絵が山のように。まるで美術館に来てるのか、植物園に来てるのか、絵の解説を読んでるのか、薔薇の開設を読んでいるのか、非常に不思議な空間が広がっていました。
ルドゥーテ以外にも、アルフレッド・パーソンズ(1847-1920年)のリトグラフや、日本のボタニカル・アートの草分け的存在である二口善雄(1900-1997年)の絵も展示されています。私は結構アルフレッド・パーソンの絵は好きだったな~。

美術館のあとは「ドゥ マゴの濃厚なカフェオレが飲みたい~!」と涙を飲みつつフルーツパーラーへ。一応カフェイン断ちは続行中。なかなか優雅な午後になりました。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。