10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日に母乳について思いをめぐらす。

2009
05/29
*Fri*
今日は冷たい雨。
お義母さまもお出かけなので、自宅には私とぬー坊だけだし、夫は久しぶりに飲み会で夕ご飯は超手抜きモード。
なので一日母子で引きこもってゆっくり過ごすことに決めました。
職場復帰したら色々と思い巡らせながらブログを書く時間を確保するのもなかなか難しいと思うので、今のうちに「(かなりの高確率で)最初で最後の育児」について思ったことを少しずつ書いておこうと思います。

私、最初の二ヶ月くらいって毎日おっぱいのことしか考えてなかった気がします。

生まれた時からぬー坊は私の胸にうまく吸い付くことが出来ませんでした。助産師さんによると見た感じ私の乳首に問題があるとも思えず、あくまで相性の問題だと。
でもやっぱり母乳をあげたいので、ぬー坊の頭を押さえつけて(助産師さんは結構な強さで押さえつけるので、初産婦の私は結構びっくりしてしまったのですが)泣き叫ぶ赤子の口に乳首を突っ込む訳です。母乳は飲むのに力がいるから小さいぬー坊は嫌がって海老ぞりに…。

仕事一色の日々から一転、心の準備ができないまま出産に突入した上、授乳のたびに全身泣き攻撃にさらされた私は欝っぽくなってしまいました。

「オムツもミルクも私でなくても面倒見てあげられる。抱っこも育児経験者である義母や実母の方がうまいし、母にしかできないのは母乳だけなのにそれも嫌がられるなんて…」

今思えばあれがいわゆる産後欝だよな~と思います。
何だか赤ちゃんから母親としての自分を否定されたような気がしたんですよね。
実際妊娠中、さんざん無理して、出産後も制度上は一年取れる育児休暇を半年で切り上げて戻るつもりだったし、心のどこかで「母親失格」の負い目もあったのだと思います。

幸い実母も義母もお気楽な人たちで「そのうち出るようになるんじゃない?」「ま、出なかったら別にミルクでも育つわよ」と言ってくれたし、同じように苦労された先輩ママやおばさま方から励ましてもらったりしながら、哺乳瓶や哺乳乳首を何種類も変えてみたり、母乳に近いと言うミルク(アイクレオ)を試してみたり、本を読んでみたり、マッサージをしたり…色々試したし、毎日飲んだ量と時間をひたすらメモして集計してました。胸に押し付け、泣かれ、足りなかったらミルクを繰り返すこと三ヶ月。

三ヶ月を過ぎたくらいから母乳が増え、ぬー坊も体力がつき、ミルクを足さなくても寝てくれる回数が徐々に増えました。
いきなりミルクの量ががくんと減ったので「本当に足りてるの?」と心配になって、結構執念深く飲ませようとしたのですが夫に止められました。

「見てよ、この二重アゴ。どー考えても痩せてないし、元気だから。腹が減ってたら泣くんだからないた時だけにしようよ」

…確かに。
今は足りない時(一日二回くらいですかね)泣いたら足す「メインが母乳の混合」「おっぱいの方が好きだけど、出ないときはしょーがねーから哺乳瓶で飲んでやるよ混合」になっています。残念ながら完母にはなりませんでしたが、ミルクは父親が面倒見るとき、義父母に預ける時に便利だし、この子はいずれ保育園でミルクを飲まねばならないのですからちょうどいいんだ、と自分を納得させてます。

それと共に自分の気持ちも上向きにそして冷静になってきました。
今冷静になって考えてみれば、ミルクだろうと母乳だろうと、世の先輩ママさん方は皆様立派に子どもを育て上げておられる。どちらであろうと、泣く度に抱き上げて「足りているだろうか」「飲みすぎじゃないか」「具合は悪くないか」と必死にその様子を観察し、考えながら、抱いて与えることが育児だったんだ、と。
こんなに悩んでも乳児期は一瞬。あと一~二ヶ月すると離乳食が始まり、あっという間に離乳しちゃうし、そもそもその後も延々と育児は続くわけで、母乳は大切だけど育児の一部でしかなく、全部ではないのです。
これから、そして今母乳に悩んでる人に、私は「悩むよね。でもそれでいいんだよ。悩むって事は一生懸命考えてることなんだよ」と伝えたいなと思います。
一生懸命思っていることは子どもには伝わる。最近、こんなダメ母でも、ちゃんと区別してニコニコ笑うようになったぬー坊を見ているとそう思います。

しかし状況が変われば悩みも変わるもんで、今は足すミルクの量が難しい。
未だに私は「母乳が出ている実感」と言うのが今ひとつよく分からんのです。あげる前に軽く絞って「あ、今は出そう」「今は出てなさそう」と言うのは大体予想できるのですが、その予想も必ず当たると言う訳ではなさそうだし。自分は疲れて「出ないだろうな~」と思ってもゴクゴクのどがなる音がしたり。

大泣きされて慌てて100cc作って走って戻ってみると

「ぬー坊君のただいまの記録10cc、10cc」
(あの~90cc残ってるんですけど…)

10ccどころか、戻ってみたら寝ちゃってる時もあるし、逆にあっという間にたいらげて追加で50cc作ってもまだ泣き止まない時もあるし。(しかしその後更に追加で50cc作って、5ccしか飲まなかったりする)

予測不能です。

我が家のミルクは確実に「飲んでるより捨ててる量の方が多い」ひじょーにエコにもエコノミーにも悪い状態になっております。…アイクレオ高いのになぁ。

指しゃぶり


さて。
これを書きながらも、何回かかまったり、抱きあげたりしつつ、マットに転がしておいたぬー坊は指をしゃぶりながら寝てしまったようです。昼ごはんでも食べますかね。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ

COMMENT

懐かしいなぁ…
イヤ、ホント懐かしい(*´∀`)。写真、かわいいったら(*´∀`)。
うちの息子達は13歳と9歳。もぅ、ポニョポニョの可愛いほっぺやお手々えくぼや、手首足首輪ゴムはありません。私は、産後、母乳母乳と産院で言われてミルク禁止され、泣かれまくって、ノイローゼ気味でした。先生は吸わせないから出ないとか言うんですけど、ホントに出ないんですよ。マイ息子は、かなり強く頑張って吸ってるんですけどね…絞っても10CCも出ないし(計測不能)、そもそも乳が張っても来ない。4日目、看護師さんが見かねて、ミルクをこっそりあげなさい、と先生に内緒でミルクを出してくれました。母乳じゃなきゃ!みたいなのを産院で叩き込まれてしまったせいか、退院後1ヶ月位は実家に居たんですが、夜中にギャン泣きされて母乳吸わせても30秒ともたず、眠れず、プツッと心の糸が切れかけ、延々と30分以上泣かせたまま布団かぶって私も泣いてる状態にまでなっていました。東京に居たら、私、赤ちゃん殺しちゃったかも…って思います。実家の母が、異変に気づき、もぅ母乳をやめなさい、と。出ないものをいくら吸わせても駄目なもんはダメ。ミルクで育った人なんて、半分以上居るから。って。ミルク作って夜中に授乳して抱っこしてくれていた母に感謝です…。そんな長男も、私の身長を間もなく追い越そうとしています。ぱぴさんも、きっと懐かしくなりますよ…。
2009/05/29(金) 17:47:13 | URL | ピカりん♪ #AxJ4WK2w [Edit
No title
『悩むって事は一生懸命考えてることなんだよ』
なんかね~ぱぴちゃんのこのお言葉にね~
私は全然違うとこでだけど、ぢーんってきたよ~
ぱぴちゃんとお友達になれて良かったなぁ~

しかし、ぬーちゃん可愛いね~♪
2009/05/29(金) 21:56:35 | URL | torish #- [Edit
何がどうなろうと……
泣く子は泣きの事で、泣かない子は泣かない事で、
暴れる子は暴れる事で、静かな子は静かな事で、
結局親って何かしら悩みまくるものじゃないのか?と思う今日この頃っす。

ちなみにうちの息子は最近は召使が傍に控えてないと寝てくれませ~ん。
2009/05/29(金) 23:40:13 | URL | ゆりこ #RoV9AiHc [Edit
No title
ぱぴよんさん、赤ちゃんの事、真剣に考えててスゴイって思っちゃいました。
我が子への愛情があれば、母親としてOKじゃないですか!?
私も抱っこ等もろもろ下手です。でも、それも承知で我が子は自分の所に来たのではないかと思ってます。「この家面白そ~」ってノリで。
はぴょんさんは、仕事復帰も早いようなので、心身共にかなり大変かと思います。でも、ぬー坊くんにとっては、そんながんばり屋さんのママが誇らしいでしょうね。
2009/05/29(金) 23:51:46 | URL | ひまわり #- [Edit
No title
■ピカ♪さま
読んでてちょっとうるっと来ました。私以上に苦労なさったのですね。
でもピカ♪さまは私から見れば本当に立派なお母様になられていますもの…そう言うことですよね。
私も実母には感謝しています。夜中は自分ひとりで授乳をしていましたが、朝になるといつもモーロウとしている私からぬー坊を抱き上げてあやしていてくれました。
私にもこの日々を懐かしく思う日がいつか来ますように。でもあんまり早く大きくならないで♪

■toriちゃん
ありがとう。恋愛でも友情でも好きだから悩む気持ち、大切にしていきたいと思います。私もtoriちゃんとお友達でいれてよかったです。

■ゆりちゃん
正直なことをいうと、同じ新米ママでも、私よりゆりちゃんの方がしっかり、育児もこなされていると思いますよ。私はダメだなあ、見習わなきゃっていつも思ってます。
うちもいつの間にかそい乳がデフォルトになってきました…。

■ひまわりさま
ひまわりさんとこはいつも明るく楽しく育児されてて、本当に素敵です。楽しくて見に行っちゃいます。
私は…まだちょっと心にコンプレックスがありますね。
母乳不足からくるものなのか、長い荒れた(笑)DINKS生活からくるものなのか。
今もまだ「ぬー坊、うちに来てくれたのに、私なんかがママでごめんね」って思ってしまうんです。
でも「でも私頑張るから!あなたへの愛情だけは自信があるからよろしくね!」と言い続けています。
2009/06/01(月) 00:17:32 | URL | ぱぴよん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。