05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬー坊の祖母 その一「テレビ編」

2009
03/18
*Wed*
マカロン夫の両親との二世帯住宅に、産後の手伝いで実母に一ヶ月滞在してもらいました。つまりぬー坊は両方の祖母と一ヶ月暮らしていたことになります。

頼んでは見たものの、私は正直前々からかなり不安でした。
母は親戚中でも良妻賢母の誉れ高い家事・気遣い万能のすごい人。
…なぜ私のような破天荒な娘を育ててしまったのかは不明ですが、とにかく私にはむちゃくちゃ厳しくて、辛らつなダメ出しの嵐。私は彼女をひそかに「恐怖の大王」と呼んでいるのです。
高校卒業とともに上京して離れて暮らして早十余年。
ダメダメ主婦の私のエリアに母が乗り込んできて、片っ端からダメ出しされたらストレスで欝になってしまうのでは?

なので、私の作戦はコレ。
■産休に入ったら少しでもダメだしを回避するために気合入れて掃除する。(臨月に入っての雑巾掛けは安産によいと言うし)
■まずはソフトランディングで、産前から来てもらい、ダメ出しに少しずつ慣れておこう。

…ぬー坊が11日早く産まれたことによって計画はすべて無駄になりましたとも…ええ…。
かくて恐怖の大王は出産直後の私のいない家に突如舞い降りたわけで、はっきり言って最初は二人してストレスばしばしでした。

母は慣れない家に突如一人で取り残され、勝手が分からないし。当たり前だが一階のお姑さんにも気を使うし。
私はただでさえ産後で気が立っているところに、自分のエリアに母が入ってきて、あーでもないこーでもないとかき回されるし。

それでもかなりダメ出しを抑えてくれたみたいだし、本当に細やかに面倒を見てくれたので、感謝しております。街に出れば「娘はマカ何とかと言うお菓子が好きだと言っていた」と高いのにダロワイヨのマカロン買ってきてくれたり。
慣れてくると十何年ぶりの母との同居もなかなか楽しかったです。一日中ぬー坊を真ん中にボケと突っ込み。こんな機会めったにないし、孫と娘と久しぶりの同居性格…多少は親孝行できたかなと思ってます。

そんな母の心温まるボケぶりを記念にメモしておくことにします。今回はテレビ母編です。

*********************************************************
一人暮らしの母の友達はテレビと韓流。
毎日朝の新聞で韓流ドラマをチェックし、まるで体内にタイマー予約してるのかと言うくらい、暇な時は韓流ドラマを鑑賞。(って言うか私びっくりしたんですが、平日の昼間、BSではありとあらゆる韓流ドラマをやってるんですね。)

しかしマニアな母は既にDVDなどでほとんどのドラマを既に見ているわけです。それでもテレビがあればやはり見ずにはいられないそうです。で、逐一あらすじを説明してくれ(それがどれも大映ドラマ的情熱的展開なんだ(笑))「まあ、お母さんはコレは大して好きじゃなかったけどね」などとコメント。
…だったら見なきゃいいのにそれでも見る。

父を早く亡くして、姑である祖母を送り、今は一人暮らしの母にとってテレビは生命線。とにかく暇なときは昼寝してるか、チャンネルをまわしてるか。
我が家のテレビはデジタル対応済みで、スカパー!にも入っているので、BS、CSも合わせるとやたらチャンネルが多い。そのことが母には相当幸せなことだったらしく

母「ちょっとちょっと!こんなにたくさんチャンネルあるの?一体いくつくらいあるの?」←興奮気味。
私「あ~、BSとCSがあるからね。でもまあ見たい番組があるかは別問題だけどね」
母「いくつくらいあるの?」
私「スカパー!とかあるから数えたことないな~。順番に回していけば?」

母「いや~こんなにあってどうしよう←無茶苦茶嬉しそう。

夜中に授乳の寝不足でモーローとしたまま、今もぬー坊に授乳してる前で嬉々としてチャンネルをまわし続ける母。
スカパー!のLaLaTVの韓流アワー(13~16時)や、スカパー!ぺ・ヨンジュン祭りのCMを見て「仕事にならないわね、こりゃ」などとつぶやき、さらに五分くらいして振り返ると

母「ねえ、私もう一周まわしたっけ?」
…知らんがな。そんなこと。

そんな母の不満は「韓流ドラマのCMは、尿漏れパッドだの怪しい健康食品だの、年寄りくさいCMが多い」事だそうです。見てる層がそうだから仕方ないと思うんですが。

私「どういうCMだったらいいのよ」
母「めがねスーパーとか…」

CMまでヨンさまかい!!

ところで母の神、ぺ・ヨンジュンさまは私と同年代。
母は最初冬のソナタでときめいてしまった時「自分の子どもと同年代の人にときめいてしまった…もう自分と同年代の俳優は、俳優としてはいいけど、年寄りすぎてときめかないわ…」とショックだったそうです。
が、ぬー坊が産まれて以来
「いつか孫と同年代の俳優にときめく日が来るのかしら…」
と不安だそうです。
長生きしてときめいてください。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。