08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まな板の上の鯉。

2008
05/20
*Tue*
結局、よく眠れないままに採卵当日の朝となってしまいました…。

採卵当日は朝8時に病院へ到着せねばならないので、少々早起き。心を落ち着けるべく植木ちゃんたちに水をやってから出発。前日の深夜0時から絶食なので水が飲めないのが辛い。

8時ちょい前に病院へ到着すると向こうからもう一人歩いてくる女性が。同じ日に採卵する方でした。可愛くてとっても話しやすい彼女は、二人目不妊に悩んでいるとのこと。聞いてみれば同い年、採卵も初めてで、盛り上がりました。待ち時間、安静時間も彼女とお話ししてずいぶん気が紛れました。ありがたかった~。

さて、病院へ入るとまずは術衣に着替え。
ピンクに白い水玉という自分では絶対買わない柄。やっぱりピンク着なきゃ駄目ですかね、ホルモン的に。
内診台に移動すると、先生が見事な寝ぐせのついた頭で登場。卵の成長に合せて通院する方も大変だけど、先生も休みなしで、頭が下がります。
内診して「よし、大丈夫」の一言にほっとします。排卵が起こってしまっていると、その時点で採卵はキャンセル、排卵誘発もう一回やり直しです。ありがたいことに卵はちゃんとそこにいました。
ここで局所麻酔もされるのですが、場所が場所だけにどう変わったか、うまく自分で自覚できない。
そう、局所麻酔なんですよ。強い刺激で排卵誘発して、卵が10個とか20個とか出来る人は静脈麻酔で寝てるうちに終わるらしい。痛みに強い方ではない私は個人的にすっかり静脈麻酔を打ってもらうつもりでいたのですが、私の場合低刺激排卵誘発で卵も少ないから局所で大丈夫だよ~と先生の談。
先生「大丈夫、大丈夫、局所麻酔、多めにしておくから」←でもカルテに特に記述してないですよね、その件。
看護婦さん「採血するくらいの痛さよ」←そんなとこから採血したことないし…。

次にいよいよ手術室に移動。
ここで内診の時と同じく、足を台に乗せてあげて開くわけですが
足をベルトで固定された~!!

いや、逃げるつもりはないですよ。ないけど、身動きできないって怖くないですか。更に左手をパルスにつながれ、右手は血圧計につながれ、完全に四肢を取られた上に、実際に採卵が始まると動かないように
看護婦さんが骨盤をがしっと抑えるんですよ!!
…今振り返ると、採卵は痛かったけど、この取り押さえられた瞬間の恐怖も忘れられません。モーレツに怖くて、痛みより恐怖を忘れるために気を失いたかったって感じです。

やがて術衣に着替えた先生(相変わらず寝ぐせあり)が再登場。
ライトが当てられ、「白い巨塔みたい~」とかバカなことを考えてる間に、減菌のためだと思うけど、モーターが回りだし、培養士さんもやってきて、あれよあれよというままに手術がスタート。

まさにまな板の上の鯉。
これ以上にぴったりな言葉を私は思いつきません。あとは先生に命預けました~って感じ。

看護婦さんが「左側にモニター映りますからね~見ててくださいね~」と教えてくれたので、左を向くと、頭の横にいつも見慣れた卵巣の超音波エコーのモニターに何かが映っ…

いててててっ。
…針だったようです。「ちくっ」というよりは「ずーん」と鈍い痛みが。ほんとに効いてんのか、麻酔(涙)
しばらく痛くて目をつぶってましたが、痛いのは一瞬だったので、段々落ち着いて周りを見回す余裕が出てきました。
モニターで先生が針で卵を吸うのがリアルタイムで見えます。吸引された卵胞液は培養士さんの顕微鏡の所へ送られるらしく、なんと培養士さんは
「一個ありました…二個…」
とその場で数を読み上げていきます。
「おおっ、何個だ?」と耳を澄まそうとすると、どうも針がもう一方の卵巣に移ったらしく、またどーんと痛みが。それからしばらくすると、多分「コレで全部かな」と先生が探ってるらしく、モニターで右や左に引っ張られて、いてててててて。

でもそれで終わりでした。結局トータル10分くらいでしょうか。
手術台からもちゃんと自分で降りれたし、ベッドにも自分で移動できたし。1時間ちょっとベッドで安静にして(同室者とおしゃべるしてたのですぐでした)私の番は終了。
あとは夫の出番となります。

痛い、痛いと書きましたが、「耐えられないほどの痛みではない」という感じでした。その後お昼ごはん時は少々痛みましたが、頂いた鎮痛剤を飲んだらいつの間にか忘れてたし、特に出血もありませんでした。

いや、明日もう一回やれって言われたら泣きますよ。でも、もし今回「残念賞」で、先生から「次どうしますか」って言われたら「それで可能性が上がるんならもう一回採卵してください」って即答できるくらいの痛みってとこでしょうか。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。