07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るく不妊治療。衝撃の採卵二日前。

2008
05/19
*Mon*
水曜日に卵胞のうち幾つかが18mmに達し、ホルモンも一定水準を越えたので、金曜日の16日にいよいよ採卵となりました。お誕生日の採卵です。個人的にお誕生日って特別な日だから嬉しいけど、悲しいかな卵は私と一緒に一つ年をとるんだな…。

二日前の夜にあたる水曜日の22時と23時に一回ずつ点鼻薬を入れて、人工的にLHサージと言うホルモンの波を起こし、卵の成長にラストスパートをかけます。この点鼻薬をスプレーして、約34時間後に排卵となるので、人工授精の場合はそれに合せて洗浄精子を注入しますが、体外受精の場合は排卵直前で卵胞を針で吸い取るわけです。

が、衝撃の出来事が
その日、私は半日休暇をとって病院に寄って午後から出社したのですが、私が参加していたとあるプロジェクトの最終日にあたっていました。プロジェクトも色々あったけど、無事無事故で終了。皆さん、お疲れさま~!
思えばこのプロジェクトがちょうど立ち上がった頃、私は病院で衝撃の真実を告げられ、体外受精に挑戦することになったんだっけ…とちょっと遠い目。
午後から出社の分を取り戻そうと残業した後(…いつも思うんだけど半日休暇をとる意味はあるんだろうか…?どう考えてもその分残業してるんだが…)、同僚と軽い打ち上げで食事に行き(私以外の人は飲んでましたよ)、22時になったのでトイレに入って、点鼻薬を使おうとしました。
が、いくらスプレーを押しても薬が出てこない

かすかに鼻の奥に水分を感じた気はするけど、どう考えても以前人工授精の時にやった感じと違う。入った気がしない。
焦りました。もう目の前が真っ暗になるくらいパニクりました。
が、時間は22時です。その時点で病院に人がいるわけではないから、電話しても意味がない。(後で聞いたら夜間緊急の電話番号があったらしいのですが、その時はそのことは知らず)
でも、トイレの外にはプロジェクトの終了で気分よく飲んでいる同僚達がいる。彼らに暗い顔を見せるわけにはいかない…。
とりあえず効くか効かないか分からない点鼻薬を時間通りに二回行い、引きつった笑顔のまま、真っ暗な気持ちで家に帰りました。

自分で帰って落ち着いて考えたのは
「このお薬は排卵を起こすためのものだけど、効いたとしても34時間後までは排卵しない。だから採卵はできる可能性はあるはず」
「でもちゃんと指示されたタイミングに指示された量を摂取できなかったら、採卵に影響が出るかもしれない。もしかしたら遅れるかも…でも自分では当然判断できない」

朝一番でもう一回病院へ行こう。それしかない。
既にその時点で半休を二回取っていたし、採卵と移植の日はフル休を取っていたので、仕事は結構厳しい状態だったけどしようがない。それで上司に怒られても、コレが私にとって今一番大切なことなんだから…。
病院の営業時間は9時からですが、採卵の人は8時ちょうどに来て下さい、と言われました。
つまり8時には病院に人がいるってことだよな。
だったら8時に病院の最寄り駅まで行って、電話して先生に相談しよう。

いつもより一時間早く起きて(って言うか眠れませんでした)、病院へダッシュしました。

診察室に入るなり既に看護婦さんから事情を聞いていた厳しい表情の先生。先生普段から無口だからなおさら怖いです(涙)
「少しでも入ったら効いてしまったかもしれない。でも効きが足りないかもしれない。とにかく採血して。結果次第ですね」
点鼻薬が本当に出なかった、入ってなかったり、漏れていたりすれば、病院の責任になる可能性もあるからか、看護婦さんもみんな緊張していました。看護婦さんの一人が「ごめんなさい。目の前で確認すればよかったですね」とおっしゃったけど、誰のせいかなんて全く思いつかず。
もしかしたら渡されたスプレーに何か問題があったのかもしれない、でも私の操作が悪かったのかもしれない、でも今更どうしようもないから、何でもするから、とにかく私の卵、何とか助けてください…と祈るような気持ちでした。

採血してもらって結果が出るまで一時間。すんごい長かったな~…。

採血の結果、意外にも点鼻薬は効いて、排卵へのホルモン変化が私の体には起こりつつあるそうです。だから多分土曜日では遅い。金曜日に予定通り採卵しましょう、と言うことになりました。
でも果たしてその効き目が十分なのかは分からないので、採卵した卵が使えるか分からない。

「駄目押ししておきましょう」
追加でLHサージを起こすためのホルモン(HCG)を注射して頂きました。

とりあえずこの時点で私にできることは「卵よ育って、でも排卵しないで」(←超勝手)と、神仏に祈ることだけ…です。
うぉ~採卵まで話が行かなかったよ。いきなり続く。

COMMENT

No title
読んでたら、心臓痛くなっちゃいました・・・
でも無事・・だと思いたい。

私も福岡の地から神に祈ります!

2008/05/19(月) 19:18:06 | URL | meifa #27oFWF9A [Edit
Meifaさん~♪
ご心配おかけしました(^^;;;
先ほど採卵編まで全てUpしたのですが、そう言う訳で一個だけですが、タマゴ育って、お腹の中に返してきました。
福岡から念を送ってくださってありがとうございます。きっとそのパワーも助けてくださったのですね。

あとはもう祈るしかありません。頑張る…というより心安らかに待ちたいと思います!
2008/05/20(火) 23:06:43 | URL | ぱぴよん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。