06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29w1d、妊婦検診。恐怖の…。

2008
11/22
*Sat*
29w1d(8ヶ月)、本日も検診。7ヶ月に入って検診が二週に一回になりましたが、ホントあっという間です。本日もおそるおそる体重計に上がります。

■私の体重、+5キロ。(先生に特に注意されず。ほっ…許容範囲内)
■パピコの推定体重、1,500グラム。(いつも通り平均よりちょっと大きめ)

本日はお義母さんが病院見学を兼ねてエコーを見学。第一印象はいかがですか?

「先生は小さい頃の面影があった」←だから私は赤ちゃんの第一印象を聞いてるのであって、先生の印象を聞いてるのではないんですが…。
「赤ちゃんはたれ目に見えた」←…エコーでんなモン分かるんかいな?
「顔を見た瞬間、ぱぴよんさん似だと思った」←…私は釣り目なので、上の一言とかなり矛盾が。

お義母さん、取り止めがありません(笑)
いずれにせよこんなに過労妊婦なのに順調でありがたいこったい。

ところで今回は後期の内診がありました。
子宮頚管に感染症がないか調べるのと、エコーで子宮口の開きがないか(早産の傾向がないか)確認するもので、結果から言うとどっちも全く問題はなかったんですが、どうしてあの産院の内診はあんなに痛いんだ!
内診が好きな女性はいないとは思いますが、最初に通ってた不妊クリニックは、かなり気を使ってエコーを入れてたらしく、最初は緊張で痛みを感じたものの、段々多少の違和感で済むようになってました。
が、この産院の内診は私はどーしても慣れる事が出来ません。
おそらく最新式の稼動内診台もいけないと思うのですが、不妊クリニックは普通に歯医者の診察台みたいなところに上がって足台に自分で足を上げる方式だったのですが、ここの産院は椅子に座ると勝手に動いて、勝手に足台が上がって、開いて、内診台に早変わりって感じ。自分のペースで体勢を整えられないので、何かうまく力を抜く事が出来ない。
それと不妊クリニックでは「痛っ」とつぶやくと「あ、痛かった?もう少しだからちょっと力抜いてね~」と一瞬動作を止めてくれるのですが、産院では「あ、でも産む時はもっと痛いから」ときっぱり一言、一切手止めず(鬼)
ま、そりゃそうなんですけどね。分かってるんですけどね。苦手なモンは苦手なんですよ、先生。

さて、内診が終わって問診。
私は今回非常に聞きたい事がございました。
「先生、鉄剤による便秘がかなり辛いんですが…」

…すみません、綺麗な話題でなくて。妊婦なんてナマモノですから…。
中期の血液検査から(全く自覚がないのに)人生で初めて貧血を指摘され、鉄剤を処方されて約一ヶ月経つのですが、最初は「な~んだ、鉄剤飲んでも体調なんて何も変わらないわ」と余裕だった私も翌週はすっかり元気がなくなりました。
もともとほぼ毎日きちんと勝負がついていた人間だったので、三日も続くと結構辛い。朝から冷たい水を飲んでも、ヨーグルトにオールブランとレーズンか刻んだプルーンを入れた上に、キシリトールガムを食べまくっても五日連続で勝負がつかず、キリキリと右のお腹が押され、立ち上がれなくなって、会社から自腹でタクシーに乗ってしまった事が…。その翌日は怖くて鉄剤飲めなかったです。

「う~ん、貧血は改善傾向にあるんだけど、まだ駄目だね。取りあえず後二週間続行。で、どうしても駄目な時は別に市販の下剤を飲んでもいいから

ええええ?下剤?し、市販の?処方される奴じゃなくて?あんなの妊婦が飲んでいいんですか?

「え?市販の…あの…○ーラックとか」
「別に大量に飲まなきゃ大丈夫だから。最初は不安だったら少なめに飲んで」

二回聞き返したところで覚悟が決まりました。
で、週末にいかにも自然そうな奴を買って来て、とりあえず二錠のところを一錠、鉄剤と一緒に飲んで見ましたが…次回は一錠を半分に割って飲みたいと思います。

最後に入院案内をもらいました。年明けから分娩代が上がる様子。うちの産院は個室か二人部屋なので(ちなみに母子同室。全く考えないで最寄りの産院にかかった割りに希望通りで満足)入院費用も含めて45万円前後になる予定。
と言うのも来年年初から導入される産科医療補償制度の保険費用が上乗せになるのが主な理由で、私も先日サインいたしました。その分健保から出る出産一時金に上乗せされるようですが、先生から丁寧な説明がありました。時節がら妊婦も大変だけど、先生は大変です。
でも入院案内を見ると、何か「おお、近づいてきた」って感じ。ニヤニヤ。
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。