10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦も後半戦。電車ドラマ。

2008
11/19
*Wed*
さて、8ヶ月に突入して、今日は午後から母親学級。迷ったけど、すっぱり会社を休むことにしました。あ~あとが怖いよ…。で、まったり茶など飲みつつ妊婦体験を振り返ってみようと思います。

いかにも妊婦に見えるようになってきたせいか、電車で席を譲って下さる方も増えてきました。しかし私の通勤路線はそれなりの混雑路線であり、かつ遠距離で通ってる方が多い路線でもあるので、皆さん朝夕お疲れの様子。「もし譲ってもらえれば本当にありがたい、譲ってもらえなくてもしょうがない、その方も疲れてるし、外からそう見えなくても体調が悪い方もいらっしゃる」と思ってます。譲っていただいた時は本当にありがたいです。いつかまた他の方にお返ししたいと思います。

やはり一時間以上立ちっぱなしだと、貧血のせいか、明らかに会社に着いた時「辛い」と感じるので、私はマタニティマークをつけて、優先席の前に立つ事が多いです。一応以下のようなことに気をつけております。
■譲ってもらえなくても自然に座れるように、乗り換え乗降が多いドアを選ぶ。
■同じ人を狙い打ちにならないよう、毎日電車と乗り場を変える。
■一番混んでる時間だけは避けて、少し遅れていく。(←残業も多いので、もともとフレックス気味だから問題なし)

非妊娠時は優先席自体余り近づかなかったし、譲ることはあっても譲られたことはなかったので、色んなドラマを日々見ております。
が、私人間小さいからやっぱり心がせまーくなる事がありますわ。

■昨日私と隣に立っていた若い男性のちょうど間の席が空いた時、その男性が何の躊躇もなく、敏捷な動作で座席に滑り込み(妊婦なので敏捷性で完敗)、携帯を片手に株の相場指南本を広げた時は…正直言って「この人の買ってる株の株価が下がりますように」と念じてしまいました。優先席に座るのに何の躊躇もないのがちょっとびっくり。(妊娠してない頃は優先席は避けていたし、疲れてて座る時も『周りに必要な人はいないかな』と確認してから座るようにしていたので…だって若いのに座ってたら居心地悪いじゃないですか?悪くないのかな?)

ああ、ワタクシったら人生の修行が足りない~。

■ところで二週間前も同じ状況に遭遇しました。同じように敏捷に滑り込んだのは、シャツの前をはだけた胸に髑髏のチェーンを胸にかけた若いおにーちゃんでした。正直「あ~あ、やっぱチャラ男はだめだね」と思って、足を踏ん張り本を開いたその瞬間、その本を持つ手を叩く人が。

無言で「座りな」とジェスチャーしていたのはそのおにーちゃんでした。

…ごめんなさい、今、私、今見かけで人を判断してました!!!!

大いに反省してありがたく席を譲って頂いたその瞬間、隣のドアからもう一人妊婦さんが乗ってきました。私はその時点で七ヶ月、腹は「よく見れば分かる」程度だったのですが、その人はどう考えても私より一回りも二回りも大きい。明らかに妊婦、まさに臨月、周りの人から押されて、どう考えても私より辛そうなんですけど?

が、周りの人、完全無視。(しつこいようですがこれは優先席での出来事です)
隣の中年のおじさん、大きなお腹を邪魔そうに歴史小説、読破中。…どうなの、その態度?
更に奥のおばさん。熟睡中。

どどどどどどどうしよう(汗)
でも他人様から譲った席を、勝手に更に譲るってのも…どうなんだろう。
「だ…誰か降りないかな」と小心者の私は悩んでどきどきしてしまったのですが、幸いなことに二つ隣の駅で、おにーちゃんが降りていったので、遅れ馳せながら「あの、座りませんか?」と声をかけてみました。
するとその妊婦さん、私も妊婦であることに気がついてらして「あと二つで降りるので大丈夫です」との事。ほ。。。

■また別の日のこと。
その日は優先席にも近づけないほど混んでいたので、早々にあきらめて、がしっとポールを握り、週刊朝日の中吊り広告かなんかを読んでました。すると推定50歳ちょっとくらいのおじさんが声をかけて譲ってくださったのです。
「お嬢さん、私は次で降りるから、ここにお座りなさい」
…一瞬「お嬢さん」が自分の事って分からなかった(笑)
30台後半の妊婦でも「お嬢さん」なんて呼んでいただけるのですね。「若く見られたかも♪」とか言うのではなく、丁寧な呼称に何だか恐縮してしまって、もしかしたらおじさんのお嬢さんがお子さんを持つ年代なのかもしれないな…なんて思いました。

さて…腹と電車の話ばかりしましたが、それ以外にも妊娠とはなかなか新しい体験があります。

私は重度の若白髪体質で、二ヶ月にいっぺんは美容院で染めてもらわないと、頭頂部がロマンスグレイになってくるのですが、最後に染めてから三ヶ月経つ今も、白髪はあるものの、いつものようなグレイになりません。白髪が増えるスピードが確実に遅い気がします。

それと秋花粉症で、背の高い黄色い麒麟草が見えると「もう駄目」ってくらいくしゃみと鼻水が出て、ひどい時は目が充血して白目がこんもり腫れて来るのですが、今年は全く来ない!

明らかに体質が変わってる気がします。特に白髪。これは本当にびっくり。ホルモンのせいですか?夫にも「疲れてる割には肌艶はいいね」と言われるくらいで、これが「妊娠は究極のアンチエイジングだと言われる所以なのでしょうか。
…産後がコワイ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

COMMENT

戦いすんで
ベイビーがお外にでられるころ・・・って知らんけど(笑)
軍艦島に上陸できるようになります。300円。
カモ~ン。
と人間GPSさまにお伝えください(爆)
2008/11/19(水) 22:01:54 | URL | 友人S #- [Edit
思い出したんですが・・・
出産した後?か妊娠中からか?毛深かった私の腕、足の無駄毛が(日頃から手入れしろよですが)しばらく(産後1年位??)薄くなってたというか、殆ど生えてなかったのを思い出しました。v-405
それだけ、子供に栄養が取られたのね~~~~と当時思ったんでした。
妊婦という視点での新しいドラマ、子連れでの視点
でもまた、色々面白い事が起こりそうですよね。
2008/11/22(土) 00:08:23 | URL | はらっぱらっぱ♪ #- [Edit
コメントありがとうございます。
■友人S
軍艦島は既に人間GPS(夫)はチェック入ってました。行く気満々(笑)
でも危ないんだったらベイビーは連れて行かないほうがいいのか?

■はらっぱらっぱさま
無駄毛に変化はないな~!
子連れでも本当にドラマがありそうです。

2008/11/24(月) 21:52:16 | URL | ぱぴよん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。