10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brazil Grand Prix。雨よ、優しく。

2008
11/03
*Mon*
Category:F1
よ~く考えたら、7点差だった訳です。7点差。
マッサが1位で、ハミルトンが6位以下でならなければ、マッサのチャンピオンはない。でもよく考えたら誰より早くて、一番表彰台に昇ってるからこそハミルトンは現在トップな訳で。去年ほどじゃないけど、非常に厳しいシチュエーションだった訳ですが、去年を見てるからこそ、夢を見ずにはいられなかった、何かが起こるのを期待せずにはいられなかったブラジル。
昨年「勝てる」レースで結果としてはキミに優勝を譲り(去年チームオーダーか実力かは微妙ですが)、二位。
「ボクも次はチャンピオンになることを考えてる」と発言し、今年は苦しいながらもそれが手の届く位置で戻ってきたマッサ。折りしもホームグランプリ、私は特別マッサファンでもティフォシでもないのですが、勝たせてあげたいじゃないですか。

何となく仮眠無しの「ぼ~っ」とした状態で午前2時のレーススタートに突入してしまったので、途中で寝ちゃうんじゃないかと思って心配してましたが、まずしょっぱなで、いきなり、雨。
いきなり順位がシャッフルで、がつんと目が覚めました。

後半「結局マッサ一位だけど、このままだとハミルトン四位で決まりか~」なんて順位が見えてきて、意気消沈してたところ、最後にまた、雨で順位シャッフル。(ここで、私の「ぎゃ~雨だぁ!」の悲鳴で半分寝ていた夫飛び起きる)

残り三周、マッサが一位、ハミルトン五位であと一点足りない。でもハミルトンを僅差で追いかけてるのは雨にも強い若手のホープ、ヴェッテル。行け、行け、お願い、行って!行ったぁ~!(午前三時過ぎに絶叫…)

残り二周でマッサ一位、ベッテルがハミルトンを抜いて、ハミルトン六位!このままだとマッサチャンピオン。もう画面に身乗り出しのうちの夫婦。祈るような気持ち。お願い、このまま!このまま!

マッサがゴール。でも本当に最後の最後、最終コーナーで、ドライタイヤでステイアウトして四位を走行中のグロックがスローダウン、ヴェッテルと、ハミルトンが前に。

えええええぇぇぇぇぇ?!な、何?何が起こったのぉ~?

最終ラップ、最終コーナーの悲劇! マッサ母国ウィンもハミルトンが奇跡のチャンピオン獲得

歓喜の両家族。でも、でも、でも、チャンピオンはマッサじゃないのよ。マッサのお父さんの顔色が変わる瞬間。エンジン止めて、バイザーの中の涙をぬぐうマッサ。
…切ない。あまりに切なくて、結構もらい泣きました。

マッサがチェッカーを受けた後に、ドラマが変わるなんて。
そもそもグロックがあそこまでドライタイヤでステイアウトしなければ、ハミルトンの前に出ることは不可能だった。
でも、あの雨があと一周遅かったら。
まあ去年ハミルトンは同じことを思ったんでしょう。
これがF1。これがレース。これがチャンピオンシップ。しょうがない。

マッサ~泣いてもいいよ。今日のマッサは本当に早かった。彼は本当に彼が出来ることをやった。けっか勝利の女神は不幸にも微笑まなかったけど、表彰台で目を潤ませながらも、スタンドのファンに胸を張ってアピールするマッサはすっっごくかっこよかったです。
隣のアロンソやキミも「頑張ったな」ってマッサをたたえているように見えました。
…どうぞブラジルの雨が優しくマッサに降りますように。お疲れさんでした。

以下、雑感です。

■クルサード
先生の序盤リタイアは残念でした。長いF1人生、お疲れ様でした。
(しかし同時にホームグランプリを終わってしまったネルシーニョの短いF1人生もココで終わるのかね…)

■アロンソ
「気がついたら奴がいる」
気がつくと終盤戦当たり前~にポディウムにいるこの人。…すごいです。

■キミ
今日は目立たなかったね…。順位より「必要があったらハミルトンをブロック」すべく、終始微妙なスピード、微妙な位置で走っていたように見えました。終盤「もうハミルトンがチャンピオンは確定」と判断したのか、突如アロンソを猛追し始めたけど、あの「雨」で間に合わず。
とは言え、ぎりぎりで年間三位を確保できて、ファンとしてはほっとしています。今年は悩んじゃったみたい。来年に期待。

■クビサ&BMW
序盤の頑張りに較べると、後半は失速気味…だったのが残念。でもBMWは絶えずギャンプルで楽しませてくださいました。しかし今日の終盤、あの雨の混乱の中で、ラップダウンからハミルトンをオーバーテイクした瞬間はちと怖かった。(スピード差があったようには見えましたが、あれはセーフなの?)

■ハミルトン
チャンピオンなのに私のこの扱い…(笑)
でも早かったですよ。言動が色々取りざたされてるし、ワタシもたまに「あ~あ」って思っちゃう事があるけど、まぁ~こういうキャラもいないとつまんないし。
彼が間違いなく今年一番ポイントを取ったれっきとしたチャンピオンだと思う。でもチャンピオンを守り続けるってのは並大抵のことじゃありません。特にこんなに若くして登りつめてしまったのなら尚更。来年はもっと横綱勝負を見せて、強さを納得させて下さい。


■金融危機
しかしRBS、ING、CREDI SUISSEにSantander、F1の巨大スポンサー群は昨今の金融危機で先行き不安。F1どうなっちゃうのかなぁ。

■そしてストーブリーグ
やはり今年もアロンソが注目ですかね。実はフェラーリとか言われてるけど、個人的にはアロンソにこのまま残ってルノーを強くしてもらいたい。その方が全体として面白くなるような気がするし。
心配なのは若手は今年苦しんだネルシーニョ、コバライネン、同級生組はフィジコとルビーニョ…。

そしてやはり「佐藤琢磨」でしょ。頼むから帰ってきて~!

■来シーズンの目標は「絶叫しない」←でも無理
さて、次にシーズンが始まる3月にはおそらく赤子に乳飲ませながらの観戦になる訳なので…あんまり絶叫しないようにしよう。今日の絶叫は多分胎教にはあんまりよくなかったと思います。途中何回か激しく蹴られてたし(汗)最近蹴られたところを、「お、元気だね」と手でぽんぽんと叩き返すと、「やりやがったな」とばかりに蹴り返される事が。
…でもしっかり見せてF1好きに育てなければ。



COMMENT

お疲れ様でした!
文章からコーフン具合がビシバシ伝わってきて
読みながら昨日の気持ちが蘇ってきました・・・

>去年を見てるからこそ、夢を見ずにはいられなかった
そう!そうなんですよね!!
で、一瞬でも夢を見ちゃったから余計切なかった。

でも、これがレースの、勝負事の醍醐味ですもんね!!

赤ちゃんって3歳くらいまではおなかの中にいた時の事を
覚えてるっていうじゃないですか?
昨日のママとパパの絶叫を覚えられたりして~(笑)
2008/11/04(火) 02:11:01 | URL | meifa #27oFWF9A [Edit
40秒弱の夢でした。
meifaさん♪

meifaさんのブログも見て、感動を再現してました。
切ない夢でしたわ~。
今日外出から帰ってきてテレビを着けたら、ちょうどブラジルGP決勝の再放送のまさに最後の三周で、目を奪われてしまいました。
本当にスゴイドラマでした。
今年体調のせいもあり、少々中だるみしていたのですが「来シーズンが楽しみ!」って本当に思いました。

赤子は果たして私の絶叫を覚えているのでしょうか…後で出てきたら聞いてみよう…。
エンジン音を聞いたら眠ってくれるようになる…とかそう言うのは無しですかね。
2008/11/08(土) 21:13:57 | URL | ぱぴよん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。