03
2
3
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Archive : 2010年03月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VITAMIN KITCHEN!!

2010
03/08
*Mon*
Category:にっき
家で料理する機会が増えたから(この半年近く週末も含めて夜は基本的に自炊ONLY)キッチン用品に前よりお金を使うようになりました。だって毎日のことだから楽しくて便利じゃないとしょうがないし~。

先日十年使っていたT-FALの鍋セットを新しいセットに入れ替えました。まあT-FALなんて料理好きな人間が買うもんじゃないかもしれませんが、パーツが取り外せて重ねて収納できることと、取っ手をはずして鍋の部分だけ蓋をして冷蔵庫に入れられる便利さは捨てがたいものがあります。

で、昨日見つけたのは、大きめの穴あきお玉。これ意外に売ってないんですが、見つけた時は感動しました。毎朝ブロッコリーやアスパラ、ソーセージなど何かしらゆでているのですが、それをすくって水を切ると、そのまま朝食のプレートに乗せられて、カゴいらずで便利。
しかもこのままフライパンで木ベラのように炒めるのにも使えるし、煮物をすくうのにもよいです。

VITAMIN KITCHEN


色は気分を明るくちょっとオレンジがかったイエローを選んで、ついでに軽量目盛つきお玉も購入。長らく夫がキッチンから追放したがっていた100円ショップのお玉が無事追放されました。
もう少し道具に凝ったり、日々センス良く、お気に入りの道具に囲まれて過ごしたいものです。(ま、センスないから無理だけど)

まだ月曜日。先は長いよ(涙)よかったらクリックお願いします♪ WM BLOG
スポンサーサイト

断髪式

2010
03/07
*Sun*
最近ぬー坊の寝癖がひどいなーと思っていました。
理由は簡単で、髪が伸びてきたから。でもその伸び方が変なんですよね。襟足と耳のあたりだけが長くて、頭の生え際だけ全然生えてこないから、七三に分けると髪の薄いサラリーマン(←偏見)みたい。

…要は今は亡きぱぴよんの実父に似ちゃった訳ですよ、ごめんね、ぬー坊。あなたのもう一人のおじいちゃん、生きてたら68歳だけど、ぶっちゃけ存命でも髪はもうなかったと思うよ。あんたも年をとったら注意してね。一緒に住んでるおじいちゃんもお父ちゃんも髪の毛はセーフだけど、安心しちゃだめなのよ~。

で、お義父さんから息子に「お前なんか髪が長いな。ロン毛か。おじいちゃんは好きじゃないな、そう言うのは。母ちゃんに切ってもらえ」攻撃が来るので(→遠まわしに嫁に注意してる)私も子どもは男は短髪と思っていることですし、こちらを購入しました。

ギャツビー ヘアセルフカットセットギャツビー ヘアセルフカットセット
(2005/03/09)
ギャツビー

商品詳細を見る


これなら自分の前髪にも使えるかな~と思って。

で、いざ切ろうと、ぬー坊にエプロンを着せ、お父ちゃんががっしり肩をガード。で、鋏を入れようとすると

急に振り向くな~!!!(怖)

あー、びっくりした(どきどき)
出来れば肩を押さえる人と、頭を押さえる人と、鋏を入れる人、三人がかりでやりたいですわ。でも今回は何とか髪の毛の切り落としてもいい部分を指ではさんで、すきばさみでGO!!

あ?
あれ?
…これってすきばさみだよね?
…思ったより何かバッサリ直角に行っちゃってるんですけど?全然すいてないんですけど?

じゃ、バランスが悪いからこっちももうちょっと切って。
あ、じゃ、こっちももうちょっと…。
…。
………。
……………。

うーん、まあ…髪はまた伸びるからいいか(おいおい

そんな訳で現在息子は「とっちゃん坊や」(←死語?)です。

でも義父や先生たちからは「あら♪すっきりしていい感じ」と好評。これまでのあのちゅーとはんぱなぴよよん跳ね毛…みなさん思った以上に気になっていたんですね…。

あといくつ寝ればF1開幕?よかったらクリックお願いします♪ WM BLOG



再会。

2010
03/06
*Sat*
Category:にっき
土曜日は出勤でしたが、予定より早く業務が終了し、新卒後最初に入った会社の先輩になんと七年ぶりにお会いしました。
一緒に働いた九年前、私は結婚、時を同じくして部署を異動、全く新しいシステムの大規模開発に関わることになりました。そこでご一緒させて頂いたのがK先輩。同じくDINKSで「私、仕事が大好き!」と公言してはばからない、明るい笑顔のとても賢い女性でした。私はどちらかと言うと馬力勝負と言うか(笑)得意分野は全く違うのですが、私にとって初めて見つけた「ロールモデル」であり、お互い転職した後もしばらくはよく会ってお食事をご一緒させていただいたりしてました。

が、突然連絡が取れなくなって、しばらくしたある日「実は切迫流産で入院してたのよ」とメールを頂きました。
今だから言えますが、そのメールを見て「微妙」な気持ちになった記憶があります。
先輩は仕事がとにかく好きで好きで、夜中何時まででも働くことを厭わない方。「子どもはまだいらないわ」と常々おっしゃっておられました。
一方私は「そうですよね♪子どもなんて今は考えられないですよね」などと言いつつも「いつかは欲しい」「まだ今はキャリアを築かなければ戻れる自信がない」と焦りつつ、産むタイミングに心揺れる日々でした。

そんな二人の中で、突然彼女が予想外の妊娠。(先輩のご主人の作戦だったそうですが…)

「おめでとうございます!」と言いながら私の心は揺れていました。
それでも、やがて退院し、大きなお腹で穏やかな表情で「一回休み」されている先輩を見て、何やらホッとし「いつか先輩の後に続きたいな」と温かい気持ちになりました。
生まれた時も病院まで駆けつけましたし、最後に会ったのは息子さんがやっと椅子に座って離乳食を食べ始めた頃で、先輩のご主人もいらっしゃいました。

しかしその半年後

「とても戻れなかったわ。あの会社では子どもは自分の実家に完全に預けて、男性と同じように働けなければ意味がないみたい。私はそれは出来ないわ」

先輩は一年の育休の終了と同時に退職され、私はその頃から嵐のように私生活を犠牲に仕事に奔走して行き、会う約束をしようにもなかなかお互いの予定が会わず、やがて生活のずれから年賀状だけのお付き合いになって行きました。

今回、私の出産、育休→復帰をお知らせする中で「ぜひ久しぶりに会いましょう」と話がまとまり、週末の土曜日お昼をご一緒することになったのです。

先輩は今法科大学院を卒業、新司法試験を目指して頑張っておられるところです。
が、職場復帰断念から法科大学院入学、そして現在の受験勉強時代に至るまで、非常に厳しい状況に置かれていたことがお会いして分かりました。

まずお子さんを望んだはずのご主人が、生まれてみたらお子さんを可愛がって面倒を見てくれる方ではなく、職場復帰にも非常に否定的(と言うか無視)だったため、全く協力が得られない状態では職場復帰をあきらめざるを得なかったこと。
その中で夫婦の関係も非常に悪くなってしまったこと。

そして一旦復帰をあきらめてしまうと、保育園などの順番は一番下に回ることになり、どんどん就職・復帰がしにくくなるスパイラルに陥ってしまう。仕事が大好きな彼女としては、子どもは可愛いけど、家に二人で閉じこもっていることがすごく苦痛に感じられたこと。
学校に通うにも、ベビーシッターの費用をご自身の貯金から捻出し、それでも子どもが熱を出せば、学校に通えず授業についていけない辛い日々もあったこと。

…絶句でした。

私も毎日毎日大変だ~大変だ~と思ってはおりますが、子どもを預ける場所もあれば、家族の協力もあります。
時々「こんなので続けていけるのかな…仕事…」と涙目になっておりますが、それは自分の中にある「続ける」「続けない」と言う選択肢の中で悩んでいるだけで、「続けられない」と言う絶対的に解決できない問題とは根本的に違います。

「子どもだけは後回しには出来ない。初めてどうにもならないことがあると気がついた。そして自分の人生をあきらめられるほど子どもが大切なことも知った」

最初は望んで妊娠した訳ではなかったけど、生まれたらこんなに愛しいものはなかった、と言い切った先輩の言葉には、胸にくるものがありました。
もちろん自分自身も同じ気持ちでいますが、私はまだ「究極の選択」を迫られずにいます。いざとなったら、ぬー坊のためには仕事を捨てる覚悟はありますが、その時ここまですっきり爽やかに言いきることが出来るだろうか。
…やっぱり先輩にはかなわないな。まだまだです、私。

「一生のうち十数年だからたいしたことじゃないと思うことにしてる。またいつかバリバリ働くわ」

おっしゃる通り。
うちのぬー坊も一歳になり、それは成人する二十歳になるまでの約5パーセントは既に過ぎ去ってしまった…ことになります。風邪を引かれて会社に行けない時、たったの8時間の勤務時間に私はすごい焦りを感じますが、それは大した時間ではないのです。(でも焦るのよ~。小さいわ~、私…)

先輩のように賢く強い女性には、ぜひ社会に復帰して、その能力を活かしてほしい。
「先輩なら大丈夫!」と信じる反面、一度出産・育児でキャリアを離れてしまった女性が、それを取り戻し、復帰することがどんなに大変か、それも分かっています。
政府にはワーキングマザーと同じく、働く意欲や熱意を持つマザー達への支援や対策もぜひお願いしたいと願ってやみません。
よかったらクリックお願いします♪ WM BLOG

天神様

2010
03/05
*Fri*
Category:にっき
今日はすっきり晴れていい日でしたね~!
でもまた明日からぐずついた空模様とのこと。体調に気をつけないと、私少々声がハスキーボイス気味

今日はお昼休みに少々おまけをつけて(汗)三週間ほど出張に来ているインド人の同僚を湯島天神まで案内して来ました。彼が「日本は桜がきれいなんでしょ?いつ咲くの?」と期待していたのに、桜の開花を待たずに帰国してしまうので、梅はどうかなと思いまして。

梅園は少々見ごろは過ぎたかなと言う感じでしたが、でもやはり天神様の梅はきれいでした。妊娠前は毎年来ていたのですが、昨年はまだ産後でとても遠出が出来る感じではなかったので、二年ぶりの天神様です。彼が「いいにおいだねえ」と言うので「そうそう、香りは桜よりいいわよ」と答えたのですが、残念ながら私思ったより風邪が進行しているようで、嗅覚が…それでもうっすら感じられましたよ。

梅1 梅2

絵馬を見ながら「この神社は学問の神様を祀っているので、受験合格を願う人が特にこの時期は多いんだよ~」と英語でご説明。普段仕事で英語を使っている訳ですが、仕事を離れた日常の英会話って内容は簡単でも意外に難しい。

最後は天神様にお参りして、ぬー坊の今後の健やかな成長を祈りたいところですが、海外の、特に東南アジア~中東の方は宗教的にどこまでOKなのか、人によって厳格さに大きな違いがあるため、この日は見物だけで帰って来ました。

その後一緒にランチを食べた時も、少々宗教の話になりましたが
「日本はほとんど仏教徒でしょ?」
と聞かれたので
「少ないけどクリスチャンもいるよ。特に私の生まれた街では比較的多かったけど、日本人はあんまり信心深くないと言うか、宗教を強く意識しないと言うか。その代わりに伝統的な風習や言い伝えなんかの方が重要視されることが多いかなぁ」
としどろもどろで答えました。
ま、私イチオー家庭的には仏教徒ですが、今日行ったのもテンプル(寺院)じゃなくてシュライン(神社)ですし

「宗教は争いの種でもある。日本が平和で穏やかなら宗教よりそれが一番大切なことだよね」
と言われたのが心にすごく残りました。

明日は休日出勤。ぬー坊一日オットーとお留守番です。よかったらクリックお願いします♪ WM BLOG

Quality of Life

2010
03/04
*Thu*
Category:にっき
水曜日にお会いする予定だったお友達から風邪で体調が悪いので延期との連絡がありました。

ぜーんぜん大丈夫です。
問題ありません。
だって、そもそも携帯を手に取った理由は私から「申し訳ないけど変更を」とお願いするところだったんです

ぬー坊、低空飛行ののち、見事に大墜落
週末と合わせて六連休を満喫中です。熱はないんですけどね、鼻水となぜか今回は目ヤニが止まらない。
月曜日一日見て頂いたところ、お義母さんの顔にかなりの疲労の色が見られた上に、私もびみょーな頭痛を感じ、測ってみたら37.5度(←乳児ならともかくアラフォーの37度後半は完全アウトです)
何とか会議を水曜日と木曜にリスケジュールしてもらって、火曜日はお休みしました。

とは言え、一日中会社支給のパソコンでネットワークにつないで、ちょこちょこ仕事をしていたので、今ひとつ休んだ気がしないのですが、まあこのご時世制約の多い乳児持ちの身分で仕事を任せてもらっているのですからしょうがあるめえ。
ご飯の後風邪薬を飲んだら、眠気に耐えられなくて、ぬー坊を腹に乗せたまま部屋の真ん中でひっくり返っ
て寝てました。しかも授乳しながらだったからあられもない姿で。はー、情けなし

これでも少し前よりだいぶ腹が座って「もう出来ないもんは出来ないんでしょうがない~。長いワーキングマザー人生、一日の有給くらいなんだ」と言う気持ちになってきております。
とりあえず水曜と木曜はまたお義母さまに復活して頂き、私はパブロン漬けになりつつ、仕事をこなしております。明日の金曜日は保育園行って頂きますわよ~!

さてさて、表題は私の同僚の話です。
同じ部の違うチーム(課みたいなもんか)の同僚K(オーストラリア人)は、はっきり言って仕事はイマイチ…いや隣の部の部長に言わせると「イマヒャク(今百)」な人。
何の仕事を頼まれても「メンドクサイ~」と言いながら、決して前向きな態度は見せません。
頼んだプログラムの仕上がりをチェックして「三つバグがあるから修正して」とダメだしし、再提出してもらったら、二つは直ってるんだけど、一つは全然直ってない。
で、更に「まだバグがあるんだけど」とつっ返すと、その一つは直ったのに、何故か最初に直した方のバグが復活してる、と言う感じ。
最近は減ったけど、日中ブラブラして、会社に程近いビルの商店街や百貨店で目撃されたこともあり。

私ももっと若くて熱かった頃は本当に彼と当たるのが嫌で、怒りのあまり机をガンガン叩いて怒ったこともあります。(でも彼は平気で、周りの人が怯えてた…若さゆえの過ちですね…)

でも出産後、たまたま席替えで彼と近い席になって、その仕事ぶりを見ていたらちょっと違う一面も見えてきました。
まず彼は絶対に自分の出来ない見積もりは出さない。他の人より1.2~1.5倍の作業時間を見積もってくるので、急いでる時は「何でそんなにかかるのよっ」とイラっとするんだけど、逆にその見積もりをオーバーしちゃうことはあんまりない。自分の能力をよく分かってる。確実に出来ることしかしないんです(でももうちょっと早く作業してほしいけど)
また、いつも「メンドクサイ~」とけだるそうな半面、腹が立つような理不尽なシチュエーションでも誰かに対して怒ったり、攻撃してる姿は見たことがないのです。

一方で私生活では、別の支店からビジターが来たり、チームの中に退職者が出ると、歓送迎ランチを企画したり、商店街をフラフラして「バラの花プレゼント」などとポスターを見つけると「ワイフに持って帰らなきゃ」といそいそともらいに行くのも忘れない、家族思いな一面も持っています。
(どうでもいいけど、会社のイベントで奥さんに私を紹介してくれる時に「家では君に、会社ではぱぴよんさんに怒られてるんだよ~」と言うのは止めてください。)

最近では毎年東京マラソンに参加していて、今年も金曜からお休みをとり、当日は4時間フラットで無事完走。私もテレビで市民ランナーが映ると、彼の姿を何となく探していました。彼を知る人はみんな同じだったみたい。

そんな姿が見えるようになってきて、彼がぜ~んぜん頼んだ仕事をスピーディーに提出してくれなくても、「ま~ったくしょうがないなぁ」なんて言いながら気長に待つことが出来るようになりました。
みんなもブツブツ文句を言いながら、「嫌ってる」人はいない。「しょうがないなあ」なんて言いつつ、みんな温かく受け入れている。

彼を見てると、仕事は人生の重要なファクターだけど、全てじゃない。仕事で人の価値は決まらないって思います。とりあえずマラソン完走はすごい。

私なんて仕事と子育てでいっぱいいっぱいで他には何も出来てないし、結構スカスカだなあ、って。
会社でも目を吊り上げて仕事してる時もあるし。反省しきりです。仕事以外の自分、趣味や地域社会とのつながり、私は全然そこまで手が回ってません。

でも、まあ、とりあえずははぬー坊の風邪ですよ。直ったら考えよう。それから明日の離乳食。冷蔵庫の野菜をどう片付けるか。週末も出勤だし。この四半期の山を越えたら考えますか。

とりあえず人生まだまだ先は長いことですし。

さて、金曜日ですね。でも今週は週末出勤だよ、トホホ。よかったらクリックお願いします♪ WM BLOG

頭痛のタネ

2010
03/01
*Mon*
今朝、頭に重くて鈍い痛みを感じ「風邪ひいちゃった?」と朦朧として起きたら…

ぬー坊がちょこんと私の顔に腰かけておりました。

またがるでもなく、のしかかるでもなく、まるでベビー椅子に座るかのようにちょこんと…。そして私が目を開けるとにやりと笑いました。
…10キロ頭に乗ってたら、物理的に重いから。痛くて当たり前だから

彼の最近の起こし方の定番は
■夫の目をこじ開ける→私、夫の悲鳴で起床
■夫の鼻の穴に指を突っ込む→私、夫の悲鳴で起床
■私の口を食う(キスとか可愛い感じじゃないんです。大口開けて、ぐぉーっと迫ってくるんです)→夫、私の悲鳴で起床

おかげで私たち、土日だらだら寝て過ごすことがなくなりました。遅くても大体8時には、大食い息子に起こされますので…。

今日は昨日より一層鼻水ずるずるで声もちょっとおかしかったので、本当は記念すべき初パスポートをとりに、おNEWのベビーカー(お義母さま用&電車移動用に軽量タイプを導入シンガポールにも持参予定)で電車で出かけようと思っていたのですが、一日自宅軟禁することにして、私は午後から取り寄せをお願いしていたニットをとりに近所の百貨店へ。さくっと用事だけ済ませて帰るはずが、なぜか帰る時ニットだけじゃなくスカートの紙袋も持参していたのはご愛敬

明日の保育園はどうするか悩みどころ。お義母さんが「休ませてもいいわよ。預かるわよ」とおっしゃってくださっているので、明日の朝ギリギリまで様子を見ようと思うのですが。うーん。

しかし息子よ。君は体調が悪くても食べる量減らないね。
…その指の先にあるししゃもはお母ちゃんの分だなんだけどね。

さて、来週も一週間頑張るぞ。よかったらクリックお願いします♪ WM BLOG


ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。