12
3
6
7
8
9
10
14
15
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Archive : 2009年12月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の出来事

2009
12/22
*Tue*
Category:にっき
20091223184725

昨日はオットーが早く帰れる…と言うので、少し残業して来ました。
帰るとぬー坊は入浴中。お風呂にぷかぷかと黄色い果実が浮いていて、「あ、今日は冬至だっけ」と気がつきました。

こちらの柚子は一階の庭に毎年鈴なりになる自家製完全無農薬なので、ぬー坊も安心。とは言え、一応ベビー(って感じでもなくなって来たけど)の肌への刺激も気になるので、気持ちばかりの三つだけ。

…食べるなよ。

最近みかん狂いで、無くした靴下がみかん箱で見つかった食い意地ぬー坊。

彼と一緒に季節の風物詩も楽しんで行きたいものです。
まだまだ寒さは続くけど、陽が少しずつ長くなると思うと嬉しいな

よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
スポンサーサイト

あんなに綺麗な山なのに

2009
12/19
*Sat*
Category:F1
うちの会社はビルの割と高層階にあるので、窓からの眺めはなかなかのもの。
金曜の関東の朝は、キンキンに冷えていて、空気がぴーんと澄んでいて、空がすごーく綺麗でした。
最近社内で席替えがあって、富士山が見えづらくなったけど、そっちに首を伸ばした記憶はある。確か少し雲がかかってたような気はするけど、はっきりは覚えてなくて…。ただ見えたのは確か。

その時右京さんは泣きながら下山してたのかも知れない…と思うと、胸の奥が冷え冷えしてきます…。

一度、F1のイベントで、右京さんと一緒にご飯食べる企画があって、右京さんは各テーブルを回ってくださって、一瞬隣に座ってお話し出来たことがあって。
その時も「もうすぐ登るから体力つけなきゃいけないんだよ」と、マイペースにひたすらバクバク食べていらっしゃいました。すごく右京さんらしくて楽しかった。
そして「先月の富士スピードウェイのイベントの時も富士山登ってたよ」と確かに言ってました。
だから多分富士山はすごくよく知ってた場所だったんだろうけど、自然は怖い。

以前旅行で見た冬の山のぞっとするくらい冷たい美しさを思い出して、自分まで寒くなってしまいました。

お二人のご冥福を心からお祈りするとともに、心に傷を負ったであろう右京さんが、二人の分まで頑張って生きていって欲しいと…それくらいしか思いつきません。

サザエさんな私

2009
12/17
*Thu*
Category:にっき
いよいよ設計したシステムの稼働日が近づいてきました。
「目が回るくらい忙しい」って言葉があるけど、本当に目がチカチカしてきました。

昔も頑張って仕事してたつもりだったけど、今思えば、全部の時間を自分のために使えるって甘えがあったと思います。
本当に集中して仕事してたら、絶対あんな長時間労働なんて無理。
それでも一昨日は必要に迫られて深夜、終電過ぎまで仕事してたんですが、帰宅した後もしばらく目が冴えて眠れず。
お風呂で温まって、そっと寝室に入ったはずなのに、かすかな母の気配を嗅ぎつけたのか、ぬー坊がむっくり起き上がって添い乳要求。翌日辛いの何の。毎日深夜まで残業なんてもう無理です。

で、今日こそ早く帰ろうと思ってたら、インドが電話会議したいと言うので、
「5時半まではオフィスにいます」
とメールを返したんですが…
「分かった。じゃ5時半にかけるね」

…。
…私の英語間違っていたんだろうか。

しばし悩んで相手にかけてみたんだけど捕まらないし、実際には5時40分にかかって来ましたよ。おい(怒)

受話器を耳に挟んで、しゃべりながら、荷物をカバンに詰めて、電話終了と同時にダッシュで逃亡したんですが…

財布を忘れました~。

定期は持ってたんで電車二本乗り継いで、駅からタクシーに乗った後気がつきました。
タクシーの運ちゃんが優しい人でよかった…。家の前で待ってもらい、お義母さんから借金してしのぎました。

同僚に電話して、机の上に置きっぱなしの財布を確認、確保して頂きました…。
何か目まぐるしい日々を過ごしているうちに、クリスマス欝に浸る暇すらなくなって来た。
師じゃないのに走ってる同志の皆さん、頑張りましょう。
お友達の皆様、コメントありがとうございま~す。日曜日にまとめてレスします。(土曜は出勤じゃ)
よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

なめんなよ。

2009
12/16
*Wed*
今日は我が家の夕方のスケジュールの話をば。
お義母さんがお迎えに行ってくれるのをいいことに、じりじりと帰りが遅くなっている私。
保育園で一人取り残されることもない、お腹が空けばおばあちゃんが何か与えてくれる、と言う安心感でつい「あと10分」「あと15分」「あとこのメールだけ」「一本だけ電話を」

7時過ぎに私が帰宅すると、とりあえずおばあちゃんのおかげで小腹の満たされたぬー坊、「話は後だ。まずは飲ませろ」としばし授乳タイム。
お義母さんから今日の様子を聞いたり、半調理状態の離乳食を準備したりすると、あっという間に時計は8時を回っちゃう。
30分ほどかけて食事をさせた後、すぐにはお風呂に入れないから、ピタゴラスイッチなどを見つつ(主に見てるのは親です)、機嫌良く一人遊びしてくれそうならここで両親はそそくさと食事をしたり、食事が終わったらせめて一日に一回は一緒に思いっきり遊ぶ。
9時くらいからお風呂。お風呂が入ると寝かしつけで、遅くても10時までには完全に寝付く…と言う感じ。

本当は9時までに寝せるのが理想と分かっていつつ、とにかく仕事でじりじりと遅くなり、それが全てを遅らせている…と言うのが正直なところ。ここは来年以降ちょっと上司と話し合う余地あるかなと考えています。

が、土日は日中一緒にいる時間が長いし、週末なら早く寝せられるんじゃないか?

ということで、日曜日に夕ご飯を食べる前に一緒にお風呂であったまり、ご飯を食べた後ほの暗い寝室に連れて行ってみると

何と8時半前に就寝!
普段より一時間半近く早いよ~!やった~!何しようかな~!ネットでお買い物でも…。

と止せばいいのにここで夜更かしした私が馬鹿でした。

だって。。。

一時間以上早く起きちゃったんですよね。
工工エエ━━(━(━(-( ( (゚´Д`゚;) ) )-)━)━)

一応毎日5時半に起きるようにしてるんですが、5時は辛いっす
で、隣で寝てた彼が、超ご機嫌でバンバン顔を叩いても、脇腹に乗っても「寝たふりしてたら、彼もあきらめて寝てくれるかも」と一縷の望みをかけて、両親ともに寝たふりしてみたんですが…。

しばらくすると、頬に生温かい感触が…。

な、何この湿り気(汗)

べろーーーーーーーーーーん。

うわー。なめるなー!!

眼鏡もコンタクトもしてない私の目に飛び込んできたのはぬー坊のあんぐり開いた口と、生えかけの6本の歯。
…目も口もやられました。
…一発で目が覚めました。

で、今日は仕事の電話中についつい楽なんで授乳してたら(まさか会社の同僚は私が乳飲ませてながら打ち合わせしてるとは思わないだろうな…)そのまま深い眠りに入ってしまって現在22時半。
ううう…どうしよう…。
よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ


午前10時からアフタヌーンティー(笑)

2009
12/13
*Sun*
Category:にっき
こちらのブログにもたびたびコメントしてくれる友人S嬢が地元からライブでやってきました。

こういう時は首都圏で暮らしているものらしく、ここはひとつどこか美味しいなじみのお店などにお連れしたいところですし、そんなお店を持っているのが大人の女性と言うもの。
…でも、ごめーん。本当に全然東京で外食ってしないんだよね。基本的に根が引きこもりだから、ワタクシ
最近はこういう時はホテルのアフタヌーンティーにつきあってもらうことにしています。アフタヌーンティーなら、フィンガーフードもスィーツも食べられて、まったりお茶を飲みながらおしゃべりするのに持ってこい。で、今回は以前から憧れていたマンダリンオリエンタル東京のオリエンタルラウンジを予約。お宮参りから約八カ月ぶりです。

普通アフタヌーンティーは14時からと言うところが多いのですが、先月Oz Magazineで読んだところによればこちらは12時からとのこと。S嬢は夕方の飛行機で地元に帰ってしまうので、12時だったら兼ランチでちょうどいいわ、と思っていたところ、12時も14時も満席とのこと。
午後の時間帯が満席になった時のみ10時の予約を受け付けてくれるということで、こちらとしては早い時間の方がありがたいので嬉々として予約しましたが、よく考えてみるとそれはもはやアフタヌーンティーとは言わないのでは…。

最初はぬー坊をオットーに預けて一人でゆっくり友との邂逅を楽しもうと思っていたのですが、ここのところ休日出勤が続いていて、なかなか家族と出かける時間もなく、たまっていた家事をこなして、少しぐったりした体を休めたら「ハイ、おしまい」と言う感じで…。
S嬢はオットーやぬー坊とも面識があり、今回も相談の上、家族を連れていかせてもらうことにしました。ぬー坊がいると言うことで、窓際から一歩入った大きなソファーの席を予約させてもらいました。

フィンガーサンドスコーンジュレ
オリエンタルティープチフールカフェ


マンダリンオリエンタルと言えば、プチフールが中国風の飾棚で出てくるのが特徴です。(中央下)
どれもおいしかったけど、どれもかなり小さめ…いや上品なサイズなので(特にスコーンが小さいのがちょっと寂しい)お茶兼ランチとしてあっさり完食出来ました。
食べ物メニューはやはり絶品スコーンのフォーシーズンズホテル椿山荘にはかなうものなし、です。

どちらかと言うとお茶が魅力で、ポットではなく、向こうで淹れたものをカップでサーブしてくれます。で、色んな種類のお茶やコーヒーのメニューの中から何種類でも注文できるので、飲み較べを楽しめます。私は紅茶を三種類とブレンドコーヒーを頂きましたが、マンダリン特製の中国茶をベースにしたお茶がお勧めです。すっきり爽やかでとても美味しい。何杯でも入りそう。

ぬー坊はあんまり大声で泣いたりはしなかったものの、じっと動かない月齢でもなく、ソファの上でそれなりにフィーバー。10時のラウンジは比較的空いていたのと、場所が広々していて、隣の席とそんなに近くなかったので、それでも夫婦で交互に(いや私が八割)あやしたり、席をはずして窓の外を見せたりしつつ、お茶を楽しむことが出来ました。
とは言え私たちはこれが日常だけど、温かく同席を許してくれたS嬢には本当に感謝です。
ぬー坊はまだ洋菓子や生クリームは食べられないので、バナナを持ちこませてもらったのですが、本日も旺盛な食欲で二本完食。
で、うちの席にお茶をサーブしてくれた外国人(日本語じょうずでした)のギャルソンさんが大好きになったみたい。何かニコニコしてるな~と思って視線の先を見ると彼がいるのです。ギャルソンさんも手を振ってくれたり、遠くから微笑んでくれたり、優しくして頂きました。
帰りにごあいさつさせようとしたのですが、ちょうど他の方にサービス中だったので「あら残念」と思っていたら「すぐ終わりますから、ちょっと待って下さいね」と別のギャルソンさんに声をかけられ、無事にお礼を言って出ることが出来ました。

本当はそのあと新国立美術館で開催されているハプスブルグ展が見たかったのですが、ちょっと時間が足りないと言うことで、S嬢を羽田に送りつつ湾岸をドライブ。
押尾容疑者が拘留されている湾岸署を見物してきましたが、さすがにもうマスコミや見物客はいなかったな(笑)
ビーナスフォートがアウトレットモールとしてリニューアルしたと言うことで、車の列が出来ていましたが、みんな新しいスポットにちゃんと並ぶなんて偉いわ…と感心。

羽田でベビーカーが嫌だと泣きだしてしまったぬー坊。チャイルドシートでも「抱っこ!抱っこ!」の号泣でしたが、10分泣いてあきらめて帰路は爆睡でした。お疲れ。

楽しい一日をS嬢、ありがとう!

よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

自分にご褒美(笑)

2009
12/12
*Sat*
Category:にっき
年末になるとこのフレーズよく聞きます。素直にお給料で買ったって言えばいいのに(笑)

我が社のボーナスは年明けなので(と言っても半年休んで、更にこのご時世全く期待しておりませんが)、全くボーナス商戦とは無縁なのですが、夫のボーナスは一応この時期なので、年末にお互い好きなものを買うことが多いです。

で、今年はこれを買いました。

Apple iPod touch 第2世代 32GB MC008J/A 最新モデルApple iPod touch 第2世代 32GB MC008J/A 最新モデル
(2009/09/10)
アップル

商品詳細を見る


先週休日出勤したら、ずっと使ってなかったnanoの電池が消耗していて、歌えなかったのですごくストレスがたまり、無性に欲しくなりました。

色々出来るんですよね~。テレビの録画を見たり、写真を見たり、アプリ使ったり出来るんですよね。
私は通勤時間がとっても長いので、せっかくだから使いこなして、一人時間を有意義に使いたい!

…と思っているのですが、買ったはいいものの、設定するのが面倒くさくて…。←おいおい。

よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

みんなで幸せになれたらいいのにな

2009
12/11
*Fri*
Category:にっき
今週は休日出勤なし。
…と言うのは別に仕事が落ち着いた訳ではなく、今週末は会社に工事が入っていて、立ち入れないのです。でも同僚は特別に申請して、出勤しているようですが。

職場復帰して四カ月。
元々残業の多い職場ゆえ、現実はなかなかに厳しいです。
私は朝一時間夕方一時間の時短勤務を申請していますが、実際には時短したことがありません。朝は保育園の送りがあるので15分ほど遅れて来ることが多いですが、その分残業しているので結果的にあまり意味がないような…。
冬の寒いうちはお義母さんが積極的にお迎えに行ってくれて、帰宅後におやつやミルクもあげてくれるので、無茶苦茶助かっています。毎日ふかしたお芋や蒸しパンなど、おやつを預けるのが日課です。
それでも離乳食はちゃんとあげたくて、頑張って早く帰ろうとしているのですが、預かってもらっている安心感からか17時半が18時になり、最近18時半…じりじり遅くなりつつあります。

今週はとうとう帰れず、ちょうどオットーが早めに帰れると言うことで、離乳食をお願いして(でも結果としてオットーは安易に親に頼ってしまうのでお義母さんがあげてくれたらしく、少々夫婦げんかになりましたが)21時過ぎに会社を出て、家に着いたら当然ぬー坊は夢の中。家族は特に不満を言わず理解してくれていますが、やはりさびしい気持ちはありました。

ワーキングマザーとして復帰して、無尽蔵に時間を使えた頃に比べると「早く帰ろう。短い時間で人に迷惑をかけないように」と頑張るようになって、むしろ能率はあがっていると思います。
お昼ごはんを人と食べる時間だけは大切にしていますが、それ以外の時間はトイレに行くのもつい我慢しちゃうくらい(←これは行けませんね)

…が、絶対的な量をこなせないのは事実、現実。

子どもを産んだのは自分自身の選択であり、人に迷惑をかけられない、いやかけたくないと言う気持ち。
隣の人が深夜まで休日も働く中、同じようには働けない申し訳なさ。
その一方で「乳飲み子がいるのに、産前の深夜休日当り前の労働量をベースに結果を要求されたら、もうどうしようもないよ…そんなんじゃ子どもなんて産み育てられないよ」と言う不平不満。

色んな気持ちがごっちゃになって、何だかすごく辛くなって「この職場・職種は育児と両立は無理なんじゃないか」と思うことも最近しばしばあります。
何度も「もう無理です。辞めます」と口に出しそうになりましたが、まだ言えてません。…どうしてもこの仕事好きなんです。
今までも本当に過当労働だったけど、好きだから続けて来れた。
周りの人には申し訳ないと思うけど、出来れば続けたい。

「子どもがいるんだから堂々と帰れば」と言われることもあるのですが、やはり周りが頑張っているのに、自分だけが「出来ない」って言うのは本当に難しいのです。
もちろんそれでも子どものために「出来ない」って言うべき時もあるのだと思うし、そもそもしょーじき早く帰っても、育児はそれなりに大変なので楽をしてる訳じゃないですが。(でも仕事に比べたら愛情がある分、報われる癒される苦労ですが)

だから一番心で願うのは「私だけじゃなくて他の人も適正な労働量になればいいのに」です。

夜遅くまで、週末も働いている同僚はDINKSとSINGLEですが、だからと言って別に長時間働いていいって訳じゃないはず。
友人や家族と過ごしたり、たまには夕ご飯を作ったり、会社帰りに買い物したりしたいはず。
私は、残業・休日出勤続きの職場で「こんなのこれから何年も続けられない。誰か私を止めてくれ」と思っていました。「子どもが出来たら物理的にブレーキがかかるのでは」とどこか逃げるような気持ちで妊娠を望んでいた部分もあったと思います。
治療を始めたら幸いにもすぐに妊娠することが出来て、妊娠したら「出産までは大丈夫!」と言いつつギリギリまでアクセルを踏み続け、戻ってきてもまたもや「どこまでなら働けるか」限界を探して、そのギリギリまで仕事をしようとしている。
自分のギリギリを前提に働いてしまったら、少し予定外のことが起こるとすぐにいっぱいいっぱい、余裕がなくなってしまいます。

みんなが余裕がなくなっているから、助けてもらう方も、助ける方も、何か釈然としない、辛さを持ち続けている。
そんな気がします。

とにかく今月と来月の山を乗り切る。
ぬー坊の誕生日ごろには落ち着いて、一日くらい「病気用」じゃない「本当のお休み」のための有給を取って、友達とあったり、凝った料理を作ったり出来るはず。

そこからもう一回考えようと思います。

よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

レギンス男子。

2009
12/05
*Sat*
Category:にっき
レギンスもすっかり定番になりましたね。(私が中学の頃はスパッツって言ってたのに…)
最初は抵抗があった私も妊婦時代の延長でちゃっかり着用しています。スキニージーンズっぽく見えるデニムレギンス、丈はくるぶしがしっかり隠れる十二分丈がお気にいり。
が、最近は男子にも流行が広がって、「レギンス男子」なんて言葉も出現しているらしいですが…

レギンス男子

「ん?呼んだ?」


目下身長70センチちょっとのぬー坊。
子ども服って70センチまではカバーオールとか「赤ちゃんっぽ~い」のしかなくて、バリエーションが増えるのは80センチから。うちの保育園では上下が分かれている服が推奨されているので、今は80をメインに着ているのですが(汚れた時に別々に着替えさせられるから)、少々大きいので、ズボンのすそを踏みそうな時が。
その点ユニクロのレギンスはと~っても便利。布地は柔らかいけど、ぴたっと肌に密着するので、ちょっとだけくしゅくしゅしておけばちょうどいい長さに。落ちてきません。

弱点はこれからの季節ちょっと薄手で寒いことかな…。

と言うことで今日は、無印良品にて、コーデュロイのカーゴパンツと、厚手のカットソー生地のパンツをゲット。ユニクロ価格に慣れてると無印はちょっと割高に感じますね…。
一緒に行ったお義母さんからも厚手の赤いボーダーのハイネックのTシャツ買って頂きました。らっきー。

無印キッズ


私用にはコストコで思わず手に取ったmarimekkoのペーパーナプキン。年末から来年にかけて、久しくなかったお客様をお招きする計画がぽつぽつとあるんで、これ使おう~っと。

ペーパータオル


そして今日も自分の服は買えずに帰ってきました。(お義母さんいたしね~。落ち着いて試着できないし。今の私はサイズ不明なのでちゃんと試着しなければ一着も買えやしない
明日はまた出勤で、今週の貴重なお休みの一日だったのに。来週何着ればいいんだ…。

よかったらクリックお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

謎の名人

2009
12/04
*Fri*
Category:にっき
保育園の連絡ノートに「今日はキューブ型に切った食パンを食べました。完食でしたよ!」と言うメッセージを頂き、家にあった食パンを食べさせたら、「げぇっ」とやられたことがあります。

離乳食なら「殿っ!私の味付けがお気に召さないのですかっ」と焦るところですが、食パンは私の責任ではないような。
で、翌日先生に聞いてみたのですが「あら?けっこう食べますよ?少なくとも嫌いじゃないと思います」とのこと。

で、オットーが「すごくやわらかいらしいよ~」と買ってきたのでこの食パンを試してみました。

ふんわり食パンヤマザキの「ふんわり食パン」


本当に耳までやわらかくて(でも耳は私が食べますが)小麦の甘みのある美味しいパンです。トーストしないでそのまま食べたい。一回これでピザトースト作ったら何か変な感じでした。子どもには喜ばれそうなパンです。

で、ぬー坊、ガツガツ食べてました。
…要はトップ○リューの安い食パンは食べたくないってことね。

で、ある日家に帰って、離乳食を食べさせながら「あ、パンきらしちゃったわ」と気づき、オットーに帰りに買い物お願いメールを出したのですが、なぜか私の中では

ふんわり名人

…勝手に名人がついてたんですよね。何でだろう??

で、夫が買ってきたのはこちら。

ふんわり名人  越後製菓の「ふんわり名人」


…確かに名人お願いしました。
オットーは「以前はまって食べてたことあるけど、急に今頃なぜ?久しぶりに食べたくなったのかなぁ?」と思いながらも、六個セットを買ってきてくれました。おかげさまで育児の合間にお茶してます。

もはや産後ではない…ボウネンカイ編

2009
12/02
*Wed*
Category:にっき
忘年会の季節ですね~。

うちの上司は仕事の後、みんなでお酒を飲みに行く、いわゆる「飲みュニケーション」が大好きな人です。毎月一回チームメンバーを中心に誰でも参加OKな交流飲み会を主催しています。
(ちなみにアメリカ人です。外資系はお互いにドライで全然アフターファイブのお付き合いはないと言うのは私の周りには当てはまらないです)
で、先日のチームミーティングで「ボウネンカイヤロー」ってことになり、チーム内の大人の遊び方も心得たお姉さまがさっそく近くのイタリアンを手配をして下さいまして「たまにはぱぴちゃんも育児から解放されて、飲んで騒ぐのもいいんじゃない」とお誘い頂きました。

う~ん、たまにはいいかな~。行きたいな~。
復帰してからチームメンバーも入れ替わったけど、あんまりゆっくり話したことないし、新しい上司の飲み会に参加したこともなかったし。
家族に相談したところ、オットーが定時に帰って7時までに滑り込み、離乳食をやってくれることで話はつきました。

が、当日、念のため6時頃、GPSで彼の居場所を検索してみると

まだ会社にいるし

ええ、即効電話しましたとも(怒)
「あなた、何でまだ会社にいるのよっ!離乳食に間に合わないじゃない!定時に帰る約束でしょっ」
「いや、ちょっときりがいいところまでやってからと思って」
「切りもへったくれもないっ!お迎えで帰らなきゃ行けない時は私は何を放り出しても時間がきたらあきらめて帰るしかないのっ。とっとと帰ってちょうだいっ!」
…立腹のあまり、会議室にこもるのも忘れて席で怒ってんで、上司が心配そうに「ダイジョーブ?今日イケソウ?」と気にしてくれましたが(汗)

正直なところを言えばおじいちゃんとおばあちゃんがお迎えに行った後預かってくれて、泣いたらバナナなんて出してくれちゃうから大丈夫なのはわかってるんですけどね。そこはそれ。一応嫁なんで(←今更)あてにしすぎるのも何ですし、こういう時こそ
「ぱぴよんが用事があっても僕がちゃんと協力するから。我が家は共働きそういう体制でやってるんだから」
ってところを親に見せてもらわないと、肩身が狭いじゃないのっ。

で、夫を強制送還して、ちゃっかり飲み会の直前まで残業もしちゃって、飲みに行った訳ですが、久しぶりに行く変な英語と変な日本語が飛び交う飲み会は非常に楽しかったです。

ただ、やはり後半になると若干時計が気になりはじめました。
生きたおしゃぶりがないと眠らない息子。果たして父ちゃんは無事に寝かせることができるのか。

9時になったのを潮に「今日は楽しかったですが、申し訳ないけど初めてのことなので今日は失礼します」とご挨拶して帰ってきたのですが、帰りの電車の中で衝撃なメール。

「お風呂からあがって、お水飲んだら、10分揺らしただけで眠りました」

え?
おっぱいは?
ねえ、おっぱいは?

まあ、若干予想しなくはなかったんですが、最近うちの息子さん、保育園で先生にお渡しする時、かーちゃんにしがみついて号泣するのですが、私が姿を消して、角を曲がる頃には泣き声はもう止まってるんですよね…。
連絡ノートにも「今日も楽しく遊んでましたよ~」って書いてあるし。
おばあちゃんのところに迎えに行っても、こっちの姿を見ると「きゃーっ」って寄っては来るものの、隠れて見てると(←いじわる)別にさびしそうな様子もなく楽しんでるし。

どうもいなければいないで、すっぱりあきらめているのではないか、と。
目に入らないものは忘れちゃうんじゃないかと。

まあ、正直今までの苦労は何だったのよと釈然としない気持ちがするのは事実ですが、母親としてのセンチメンタリズムがないと言ったら嘘になりますが、泣いて泣いて寝ないよりは助かることは事実なので「よし」とすることにいたします。

で、現在午前零時を少々回ったところですが、一回うなされておりましたので(我が息子は一晩うならずに眠ったことなど皆無に近いのでこれで普通)ゆらゆ~らしてきましたが、今んところおっぱいは出さなくて済んでおります。(おかげでびみょーに張って、肩が凝っております)

このまま断乳に突き進むのか?
…甘い?

とりあえず「シンネンカイ」も参加ってことでヨロ

もはや産後ではない…ダイエット編

2009
12/01
*Tue*
Category:にっき
保育園でまたもやインフルが再燃しているらしく、一日二回の検温が義務付けられました。
幸いぬー坊今のところ、二週間連続皆勤賞。朝晩少々鼻たれ小僧っぽいが、なんとか頑張っております。が、毎朝検温の瞬間は運命の瞬間。
「料理の鉄人」の判定の瞬間に流れる

「チャッチャッチャッチャッ♪」

と言う戦慄のミュージックを背景に体温計の計測終了の音を待つ両親…。

が、何だか今朝はぬー坊がやけに冷たく感じる。寝冷えで体温低下ってあんまり聞いたことないよねえと思ったら普通に36.7度。

…こ、この状態はどこかで見たことがあるぞ。

で、同じ体温計で母ちゃんごそごそ。

37.6度。げげー。

でももはや休めないので薬漬けになって出勤し、今日だけはスタバのカフェモカ(それもトールサイズ)を奮発、仕事が始まってみるとアドレナリンが出て午後にはすっかり調子よくなってました。長らく妊娠→授乳でカフェインを控え、薬物を服用しない暮らしが続いていたせいか、一度服用するとこれがすごく効く!

こんな阿漕な生活のおかげか人生初の「食べても太らない」日々を満喫しています。
復帰時、妊娠前から-4.4キロで復帰した私ですが、そこから更に-1.5で推移しております。母乳のせい?かなり乳量落ちてるはずなんですが。
まず家に帰って、「ただいま!むぎゅー!」の後、「かーちゃん、乳出せ!」と急かされ授乳。一日で一回、胸が張って痛い瞬間です。会社で搾乳はせずに済んでいますが、帰り道は結構パンパン。
後は夜寝るまでの間に殿の要求があれば随時お出ししますが、一日の締めくくりは寝る時は彼の必需品。私は生きたおしゃぶり状態。
…でもやはり夜は張るわけじゃないんですよねえ。そんなに出てるとは思えないんだよなあ。
深夜残業とかしなくなって、ある程度規則正しく家で食事してるのも一つの要因かしら。

いずれにせよ一度この数字を見たからには二度と太りたくない、とこまめに体重をチェックする日々ですが、6キロ変わればサイズも変わるもので…。
妊娠前に着ていた服は軒並み大きくなり、「シルエットが明らかに変」になっています。先日Wakoさんにお会いした時に「靴のサイズ変わってない?」と指摘されたのですが、確かに変わってますとも。何かぶかぶかするんですよね。痩せると靴のサイズまで変わるんだと驚愕しているところです。

まあ、元が元なんで、それでも「痩せた人」では決してないのですが…。
二度と太らないために、自分を戒めるために、そして枯れつつある女子力を高めるために、ジャストサイズのトレンディな(死語?)お洋服を買いに出かけたいのですが、時間がないよぅ。


ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。