11
3
5
8
9
10
11
13
16
17
18
21
22
24
25
26
27
30
<< >>

This Archive : 2009年11月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若いメル友

2009
11/29
*Sun*
Category:にっき
最近、中二の姪(正確には従兄の娘なので、正しくは「いとこ姪」と言うらしいですが…)が携帯を持ったらしく、メール交換してます。デコデコで方言のメールが新鮮でなかなか楽しいです(笑)

メール交換を始めたきっかけは、あまり穏やかなことではなく、彼女がいじめにあった・・・いやあっていることでした。
小学生の頃いじめられていたため、若干登校拒否気味だった彼女。私が帰省すると平日の昼間なのに、伯父(彼女にとっては祖父)の家で計算ドリルなどを解いて自習していることもありました。
中学進学にあたってはいじめっ子と同じ学校に行くのが嫌だったので、越境して隣の校区の中学に進学しましたが、どうもそこでもうまく行っていないらしい。

姪は歴史が好きで、勉強も嫌いじゃないらしく、小学生の頃から成績は抜群。にも関わらず少々引っ込み思案で、人づきあいが苦手なタイプ。
叔母の目から見たら、両親と仲良く、たまに帰省した私のことも歓迎してくれて、ぬー坊をとってもかわいがってくれる(二時間でも三時間でも遊んでくれます)優しいいい子なんですが、いわゆる「いじめられやすい」要素を持っていることも何となく分からなくはありません。

よく「いじめられる方にも原因がある」と言いますが、事実だと思います。いじめられやすい性格、性質、と言うのは存在すると思う。
自分も「いじめられっ子」だったから分かります。
私も「お勉強だけは出来る転校生」と言うターゲットになりやすいところに持ってきて、鼻っ柱が強かったので(笑)、よく陰口を叩かれました。
同じ転校生育ちの弟は特に苛められることなく、のびのび過ごして、むしろ人気者だったから、私の性格が悪かったのでしょう(笑)

が、本人にどう言う理由があろうと「いじめていい理由」にはなりません。
「気に入らないから」「不快だから」と言って、他人を苛めたり、傷つけたりする理由にはならない。だからいじめはやっぱり苛める方が悪いのです。

我慢してればいつかは人間関係がシャッフルされ、万人と合わなくとも、数が少なかろうが自分と価値観や話が合う人が出来て行くものです。私も中高とも、気の合うマニア(笑)な悪友たちと出会えて、彼女たちとおしゃべりしてれば、他の人が何か言ってても、まあ別に大丈夫でした。
大人になっちゃえば気に入らない人間とはそもそも関わらないことも(ある程度)出来ますが、子どもには逃げ場がありません。大人にとってはあっという間の三年間が、子どもの頃はそれが永遠に終わらない苦しみのように感じられるもの。
今彼女はきっとトンネルの中にいるのでしょう。

姪っ子にとっては、こんな私でも、苛めに屈せずに、第一希望の大学へ合格して、都会へ羽ばたいて行った「憧れの叔母ちゃん」らしいです。
かなり伯父や伯母(彼女にとっての祖父母)が美しく都合よく脚色してる感がありますが…毎日、オムツ替えを嫌がって逃げまくる息子の足をふん捕まえて、夜泣きされつつ「高齢出産は育児の体力が~(涙)」とクマを作ってヨロヨロしてますが(汗)
私にとっては彼女の若い無限の可能性がまぶしいくらい羨ましいのですが。

彼女の母が色々考えた上で携帯を買い与え(とっても娘を大切にかわいがって育てている従兄のお嫁さん、携帯を持たせることにはすごく慎重だったみたいだし、今も気にしています)、私にメール交換をしてやってね、と頼んできたのが発端ではありましたが、私も今は彼女のメールを楽しみにしています。
もし全く違う生活の私とメールをして、何か辛さが紛れたり、トンネルの向こうに待っている色んな風景を教えてあげることができれば嬉しいなと思いながら、お互いの近況を週に二、三回写メール付きでやり取りしてます。
でも、若さをもらってるのは私の方かも。
…って言うか「若さをもらう」ってその発想がもうおばさんだよなー。
スポンサーサイト

お値段以上

2009
11/28
*Sat*
Category:にっき
二週間くらい欲しくて欲しくてたまらなかったブツをようやく手に入れました・・・。

ばななん


現在我が家は一階も二階もバナナの香りに満ちていて、にわかにトロピカル。と言うのも、十か月になったぬー坊の一番の好物がバナナだからです。
食欲がない日もバナナならいくらでも入っちゃう。機嫌が悪くてもバナナを見ればにんまり。一本ぺろりと食べちゃいます。(いいのか、十か月?!)
かわいい孫のために、おばあちゃんはあらゆる種類のバナナを欠かさず、二階の分まで買ってきてくれます。

昔はバナナツリーなんて「わざわざそんな大層なものをたかがバナナのために」なんて思っていたのですが、常備するとなると、意外に置き場所に困りまして。何しろその辺に置いておくと、床に触れたところだけ痛んじゃうし、あの特殊な形ゆえ、どこに置いても落ち着かないのです。

そこで今週ニトリに行く機会があったので、探してみると、なんと199円~499円で3種類もあったのでびっくり。しかも今週は499円の木製のバナナツリー(これが一番コンパクトだった)が299円に割引になっておりまして。ニトリって楽しいぞ。

夫はニトリでお値段の割に質のいい低反発マットレスを発見したらしく、そのマットレスを車の後方に積んで、息子とオートキャンプを出来る日を夢見ているそうです。まずは歩かないとね…。

休日出勤ともみじ

2009
11/23
*Mon*
Category:にっき
世間は三連休ですが、仕事の委託先のインドは営業日。仕事の遅れを取り戻すべく休日出勤…。
夫に「お願いねっ!」とぬー坊を頼んで出かけましたが、たまに送られてくる社メを見る限り、どう考えてもその背景の床の色は我が家の床ではなく、一階の義両親のエリア。
一人で面倒見ることは早々にあきらめて、実家に帰り、孫ともども自分まで面倒を見てもらっていたようです。後から聞いたら離乳食のみならず、自分の昼ごはんもちゃっかりお義母さまに作ってもらってたみたい。
…いいんだか、悪いんだか。

まあ、おかげで仕事はそこそこはかどりました。

15時頃、ぬー坊の様子がふと気になって、「どうしてる?」とメールしてみたら、送られてきた写メがこれ。

ばななん


…おやつにぺろりと一本食べたようです。
育児初心者の私としては、離乳食の適量は常々悩むところではあるのですが、ぬー坊はいつも「え?まだ入るの?大丈夫なの、そんなに食べて?九か月ってそんなに食べられるの?」と驚愕する量を食べてくれるんですよね…。

4時半には切り上げて、5時半に地元の駅で家族(義両親を含む)待ち合わせて、地元のお寺に紅葉のライトアップを見に行きました。このお寺は紫陽花でも有名で、育休中にもお義母さまとぬー坊と三人で見に行っています。四季折々の景色が美しいところなので、ぬー坊も季節ごとにお散歩に連れて行きたい場所なのですが、ちょっと入場料が高いんだよね…。

ベビーカーで来てる方もいらっしゃいましたけど、あんまり足元がよくないし、我が家からみると線路の反対側にあるのでベビーカーを持ち上げるのも一苦労なので、我が家はいつも抱っこ紐移動なんですが、ぬー坊は最近私がいると私以外の人に抱っこされると泣くんです。(いないとあきらめがつくのかほかの家族でもOK)
このため誰にも抱っこを替ってもらえず、9キロ半のずっしりした重みを抱えて一時間以上歩きまわるのは結構しんどかったです。

でも紅葉はすごくきれいだった~。明るいところも見たかったかも~。来週末もまだ見えるかしら。

もみじその一 もみじその二

携帯の夜景モードなんかに期待しちゃいけませんが、まあ、携帯カメラは私の日記替わりってことで一応写真撮影。

クリスマス鬱を乗り越えろ!

2009
11/20
*Fri*
Category:にっき
以前も書いたのですが、クリスマスが近づくと気分が沈みます…。

今週はようやくぬー坊が一週間連続で保育園へ行ってくれたので、だいぶ上向きなのですが、それでも遅れがちな仕事のことが授乳中や寝る前にふとよぎったり…。
家でやろうと持って帰ってきたりするのですが、一日終わるとぐったり、寝かしつけで「どっちが寝かしつけられてんだ、コラァ」みたいな状態になることもしばしば。
出産前より集中して能率はあがっているように思うのですが、それでも残業が出来ないと絶対的な量がこなせないので、一度遅れるとなかなか挽回できません。

だから年末はついつい買い物で気持ちを癒すことに…。いけないとは分かっているんですが…。

雪だるま


先日スターバックスに逃避していた時に一目ぼれして、悩んだ末に帰り道についゲットしてしまったHoliday Frends Snow Globe。
2,500円。高い・・・高すぎる。でも買ってしまった…。
これ雪だるまのカップルと、その前に小さなペンギンが並んでるんですが、それがなんとなく息子を含めた親子三人みたいに見えたんで、つい。

テーブルの上に置いておいたら、ぬー坊が興味を持ったのはいいものの、結構重いのに持ち上げて、そのまま落としそうになったので、あわてて玄関に避難。小さい引き出しには自転車の鍵を入れることにしました。

クリスマスの頃には勝負がついてるはず。(って負けてたらどうするんだよ?!)

…私にもサンタさん、来ないかなあ。でもどーせなら小人さんが現れて夜のうちにシステムテストの山を…。

Nouveau with ぬー坊

2009
11/19
*Thu*
Category:にっき
朝会社に行ったら机の上にボトルがあって、初めてその時期と気がつきました。

ぬー坊


11月第三木曜日、ボジョレーヌーボー解禁日。
特にイベントに敏感な方ではないんだけど、会社のお友達の旦那様が輸入商社に勤めておられ、毎年おすそ分けをいただいております。

さっそく家族で試飲。
頂き物なので、授乳の合間にほんの一口だけ。

あ、おいしー。

元々お酒飲みでもなく、Wakoさんのように肥えた舌を持っている訳ではないから、ワインの良しあしも分かるとは言い難い。ボジョレーヌーボーがイベント先行で、味わい深いワインではないことは知識として知っています。が、ちょっと味を見たワインは、フルーティーで、濃厚なジュースって感じで、飲み物としてはまあまあいけてました。

細く長く授乳中なんで、ぐびーっとお酒を飲むことがなくなって久しいですが、飲めないと思うと、何だか飲みたくなる。すごく美味しそうに感じるのは気のせい?

オットーから「今年のぬー坊の誕生の年のワインを買っておいて、大人になった時に一緒に飲むってのはどうかなあ」と言う提案があったのですが、そう言う場合って保存にも気を使わなきゃいけないんじゃないかなぁ?普通に放置じゃダメなんじゃないの?

荷造り。

2009
11/15
*Sun*
Category:にっき
ぬー坊は時々咳をするものの、鼻水もしっかり固まってきた様子。
平静と較べたら、少々食欲が落ちているような…そして何だかいつもよりいっそう甘えん坊で、私の半径1メートルくらいのところでずっと遊んでいるような…。
まあ、彼なりに弱ってるんでしょう。規則正しい時間にしつけてくださる先生には申し訳ないけど、この土日は食事もおやつもお昼寝も彼の気分とペースにあわせて適当です。おっぱいもくわえ放題。ひどい時は10分置きに通りすがりに吸ってから去っていく彼(笑)

でも明日から保育園は行ってもらうからねー(鬼)

陽が落ちてきた昼下がり、気管支炎の咳と寝不足(ぬー坊は咳や鼻水が出るとどうしても眠りが浅くなって夜何度も起こされるので)でだるさの抜けきれない私もついでに彼の隣でゴロゴロしつつ、マットレスの上でじゃれていたら、お昼寝に入ってくれたので、荷造りを始めました。

来年の一月に三番目を出産予定の弟のお嫁さんのNちゃんのために、ぬー坊のお下がりや新生児用グッズをじゃんじゃんベビーバスに詰めていく。(このベビーバスももちろんお下がり行き)
先方は一番目も二番目も男の子。譲ってもらったお下がりがどんなに助かったか。そこにぬー坊用に買ったり頂いたものが加わり、シミがついたりしたものを抜いて、更に戻っていく。

Nちゃんの三番目はなんと念願の女の子。
お下がりは男の子用ばっかりだけど、家の中で着るなら全然OKだよね~。浮いたお金で可愛いピンクやフリルを買えばいいし。

しかし新生児用って本当にちいさーい。なつかしー。
サイズは60で始まることが多いけど、我が家には母が懸賞で当てた55センチと言うサイズがあって、出産前夫と二人で「本当にこんな小さい人間が我が家に?」と信じられない面持ちで見つめたものですが、それでも生まれたばかりのぬー坊にはちょっと胸元が開いていたのが懐かしく思い出されます。

もう季節が巡ってきても、これをぬー坊が着ることはないんだな…。
半袖Tシャツなんかはインナーに着れるだろうし、来年3月にシンガポールへ行く時に使うかもしれないけど、さすがにカバーオールって感じじゃないよなあぁ…。

カバーオール



と思うと既に何だか寂しくなってきて、結局一番お気に入りでお出かけの度に着せていた長袖と半袖のカバーオール、意味もなく残して、自分の腹帯と一緒のボックスにしまってしまいました。

保育園ママの集い

2009
11/14
*Sat*
Category:にっき
ぬー坊、その後順調に回復中。

さすがに40度を二回、一ヵ月半も闘病を経験していると、38度くらいじゃひるまなくなってきて、「順調に治ってきてるし、弱いお薬頂くために待合室でぐずられたり、別の風邪もらっちゃうのも何だしな~」と小児科にも行かず、今回は家でゆっくりさせることにしました。

で、そんなぬー坊をオットーに託し(オットーはいつものごとく義両親にパスしていたが)保育園のゼロ歳児クラス親睦会に出席してきました。
約半数のお母さんが出席されてて、参加者の中ではぬー坊が一番月齢が低かったです。
(ゼロ歳児のクラスでは我が息子は月齢的に真ん中よりちょい下くらいなんですけど、月齢低いと預けても連れてもでかけるの大変ですしね~)

円座になって、ボツボツと自己紹介、二時間ほどゆるーくおしゃべり。。。

会社や友達、いわゆる私自身の社会の中で「結婚当時から十年間二世帯住宅で同居してます」と言うと、たいてい「大変ね」と言われるのですが(まあ気を使わなくはないが、色々助けてもらっているし、最初から同居なので『大変』って言われてもピンと来ないんですけどね)保育園ママの中では反応が違う。

「いいな~!」

やっぱり子どもの病欠で悩んでいるのは私だけではなく、子どもが熱を出したりすると、かわいそう、と言う気持ちと同時に「仕事どうしよう…」と暗い気持ちになるのもまた同じ。
実家が近所と言う人もいれば、シッターさんを駆使して乗り切っておられる方も。「とにかくこの冬を乗り切ろう」とうなづきあうママたち。

ちなみに最強Bくんも最初は結構三ヶ月間風邪引きっぱなしとかだったらしいけど、今年は七月と九月に一回ずつお休みしただけだそう。
産休明けから保育園通いの一年以上のキャリアは伊達じゃなく、全然人見知りせず、私のおひざでもニコニコしながら遊んでくれまして、みっちり重くて頼もしかったです。

離乳食にお勧め食材や、気になっていた耳鼻科の情報もゲット。ありがたや~。

縁あって子どもたちはこの先長いお付き合い。毎日おもちゃを取り合って成長する仲だから、親同士もベタベタしたお付き合いはなくても、会えば挨拶したり、気持ちいい関係でいれたら…って思います。

闘病日記、第二部開始(早っ)

2009
11/14
*Sat*
月曜日に元気に保育園復帰を果たしたぬー坊。

しかし木曜日「朝方何か痰が絡んだような咳をしてないか?」と少々気にしつつも保育園に送り出しました。
今週は久しぶりに保育園復帰する孫を不憫に思ったおばあちゃんが、早めのお迎えに行ってくれたのですが(おかげで少しだけ残業して…って微々たる物だけど、少しなりとも遅れを取り戻すことが出来ましたが)、木曜日帰った時、咳き込んで、少々鼻ったれのぬー坊がいました。
熱もなく元気で、毎回驚く量の離乳食を腹に収めてくれるんですが。

祈るように起きた金曜日の朝。熱はないものの咳はひどくなっており、とても保育園へ出せる状態では…。(でも離乳食は食べたけどね…)


幸いお義母さんが「今日は一日いいわよ」と言って下さり、密かにお義父さんも早帰りしてくださったりして、私は出勤することが出来たのですが、問題はその帰った金曜の夜。

私が帰るなり、おっぱいにかじりつき、2時間以上、何だか苦しそうにぐずり続けるぬー坊。
熱はない。咳も鼻水もあるけど、何だかどんよりしたこの目は、過去に救急にかかった時の病気のお目目。
「まさか食べすぎ?」「胃腸に何かあった?」
あまりに苦しそうにぐずり続ける「救急に連れて行くか?」と準備をしたところ、準備を待っている間おじいちゃんの抱っこで何とか寝つきました。

寝ついたので様子を見ることにして、同じ布団で注意しながら寝かせていたところ、夜中過ぎに体がかーっと熱くなるのを感じ、熱を測ったら39℃寸前。
でも水分は取れていたので、その日は寝ました。

朝起きたら熱は下がって、笑顔が戻っていました。心なしか咳や鼻水も昨日よりはいい感じ。

うちの保育園の同じクラスに、既に三人目の看護婦さんママがいるのですが、彼女が先生に
「うちの○○、調子悪いんだよね~。微熱なんだけど、熱がかーっと上がった方が早く治るから、いっそ上がるなら上がっちゃった方がいいんだけど」
と言っていたのを思い出しました。

昨日の夜ぬー坊の体の中で何かが戦っていて、何かに一つ打ち勝ったんだと信じたい…。

しかし、今週末も引きこもりですな。Wakoさんの南国日記でも読んで気分だけ旅に出ようかな…。

年末の声

2009
11/12
*Thu*
Category:にっき
ハロウィーンが終わると、一気に町にクリスマスのディスプレイやイルミネーションが光る…。
年賀状印刷の広告も出回って、年末が見えてくると、毎年私はユーウツになります。

私の仕事は大体三ヶ月に一回、システムリリースと言う大きな波を迎えるのですが、12月の年末リリースは「今年中にやらなきゃ」と言う開発をどんどんぶち込んで巨大化しがち。大体クリスマスの声が聞こえてくるこの時期が一番忙しいのです。
今年12月と1月に大きな仕事を抱えており、期限がどんどん近づくとそれなりに忙しく、プレッシャーもあって。しかも今年は現場は人不足ですからね…。

ぬー坊がやっと保育園に復帰したので、必死に遅れを取り戻すべくまい進しております。

そんな中、先輩や同僚の皆様とゆっくりお昼をしたり、ちょっとした買い物が出来る昼休みは貴重な自分時間。

で、とうとう買っちゃいました。
手帳特集で必ず登場するほぼ日手帳~。
カバーは赤のナイロン。本当はオリーブのピッグスキンに心惹かれたんですが、お値段的に…。今年使って来年もリピするようだったら考えよう。

ほぼにち


はっきり言って私は手帳好きなのに、理想の手帳を追い求めて、雑誌の手帳特集なんかもちゃっかり見ては買い替えしてます。要は使い方がなかなか定まってないわけですね。

で、最近ワーキングママ生活をして、今まで以上にいろんなことを管理しなくてはならなくなりました。
ブログ以外には特に育児記録なんてつけてないズボラな私ですが、病院へ行った時は「○○日に病院へかかって、○○日の時は熱が…」と先生に説明しなくちゃいけなくて、そんな時ちょっとメモがあったらやっぱり便利。
しかも家にいる時間が長いし、家族が増えたから、生活用品が減る減る(笑)
買い物メモとか、仕事のTo Do Listとか。
…要は年をとったから覚えられなくなってるだけなか?
何でも書いときたいんです。

ほぼ日手帳は一日1ページで、それなりに書くスペースが確保されていますが、大きさは文庫本サイズなのでバッグには入れやすい。あと、Monthlyのページに六陽が入っているのが私には大きい。
何故か私は六陽を気にします。いつからか分からないんだけど。特にシステムをリリースする時は。
たとえば今月の13日は金曜日ですが「13日の金曜日だけど、大安だから大丈夫ね」とか。特に外国人の同僚には不振がられます。

でも本当は書くだけじゃ意味なくて、それを見直して考える時間が一番大切だって言いますよね。

ほぼ日手帳2010のスタートは12月から。手帳を使うのが楽しみだから、12月がちょっとだけ楽しみになってきました。

闘病日記、一部完

2009
11/07
*Sat*
金曜日は会社を半日休んで、ぬー坊の再検査に行きました。

当初、お義母さまが着いてきてくださる予定だったのですが、二日間ぬー坊を見てくださった彼女の顔には疲れが…。それも無理ないことかと。
私はこれまで日記に「ぬー坊は熱があっても、咳をしてても、元気に動いてます」と書いてましたが、それは誤りであったことが判明しました。

私たちは「十分元気」だと思っていた彼ですが、実は彼なりに体調が悪い分動きは鈍かったようで…。
薬で毎晩の発熱がおさまると、実はもっと元気だったんです。

しかも絶賛後追い中。

お義母さまは日中、トイレもろくにいけなかったらしいです。
…本当にありがとうございます。

と言うことで、少しでもお義母さまに休んでいただくべく、一人で、夫も出張でいなかったのでタクシーで病院へ向かい、大泣きの採血・レントゲン、酸素濃度…と検査をこなし、先生に診ていただいたところ

「もう悪いところはありません。うっすらあった気管支の影もすっかり消えていますし、問題ないですね」

と、月曜日から保育園復帰許可が下りました。

しょーじき泣きました。

実はその前の日、仕事上でちょっと失敗をしてしまって、気分がすごく暗かったんです。
帰ってきてぬー坊の世話をしてる瞬間はそれを忘れていられて、でもことある毎に思い出して欝っぽくなってたんですが、その瞬間「あ、でも頑張らなきゃ」って前向きに舵が取れた気がします。
結婚や出産って仕事上でマイナスに考える人もいますが、私はむしろ逆かもしれない。
家族がいるから頑張ってきたし、頑張れるように思います。

きっとまたすぐ何か別のウィルスもらってきて、凹むんだろうな。
でも今回はとりあえず乗り越えて、その分ぬー坊は少し強くなった…はず(笑)
私もその分少し強くなった…はず(苦笑)

お義父さんが快気祝いに豪華なケーキを買って来てくださいました。

ケーニヒスクローネ


ことある毎にぬー坊をだしにケーキを食べてる家族(笑)
ぬー坊もイチゴとスポンジを少々食べました。(ってかこの人、更に食べるようになっちまったんですが…)

70代になってもお義母さんラヴなお義父さんが、三日間孫を見続けたお義母さんをねぎらうために買ってきたケーキだと私は知っています。
夫には遺伝しなかったそのまめさが、息子に遺伝することを私は密かに祈っております。

でも週末は家で仕事だー。

どーなる、F1(涙)

2009
11/06
*Fri*
Category:F1
正直、これは予測していました。覚悟していました。

トヨタ、F1撤退。

でもこっちはしょーじき予想してませんでした。

ブリヂストン、F1から撤退 来シーズン限り

でもしょーがないかなって感じ。だってどうやったって今のエコな流れとF1は反対側にある。
日本の両メーカーのCMが、地上波のF1放送の合間合間に流れるけど、違和感ありまくり。昔と違って、F1から一般車開発にフィードバックできるものはなくなって、限りなく別物になってしまったんですもの。まあ、エンジン開発は凍結になりましたし。

このご時世、かかる費用を考えると、その宣伝効果も怪しい。
実際トヨタは市場で自分たちの地盤が弱いヨーロッパへの宣伝効果を狙って参戦した部分もあると思うのですが、勝てなかったし。
そして、自分が好きだからあんまり言いたくないけど、F1は所詮ヨーロッパのもの。日本のメーカーは多大なる貢献をしてきたとは思いますが、中心の一部を担ってきたとは言いがたい。F1界でアジアの黄色人種の立場は決して強いものではなかったと思います。
アジアのレースは増えたけど、それはアジアを単なる市場として見ているだけに過ぎない…。

でもよかったんです。
それでもレースは面白かったし、見たかった。

ルノーはまだ未定だけど怪しい動きをしているし、ワークスが撤退して過当開発競争に歯止めがかかり、コストももっと削減して、プラいベーター中心の純然たるモータースポーツに戻っていくならそれもよし。

でもフジテレビだって、決して楽ではないはず。むしろテレビは冬の時代。

…日本GP、どうなるんだ?
…ってか放送どうなるんだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?

お風呂が壊れた…。

2009
11/04
*Wed*
Category:にっき
夜…いや正確に言うともう早朝かもしれません。

ここんところ、寝かしつけで100パーセント一緒に陥落して寝てしまっていた私、深夜変な時間に目を覚ますこともあり、その日は「せっかくだからゆっくりお風呂に入ろう」とミネラルウォーターとエッセイの文庫本などを持って優雅に風呂に浸かっていました。

金曜日のパリ (小学館文庫)金曜日のパリ (小学館文庫)
(2007/02)
雨宮 塔子

商品詳細を見る


パリ好きの私が最近お気に入りの一冊。タレント本と侮るなかれ、この本はいいです。(続編の「それからおパリ」は少々文章が読みにくいけど…)

久しぶりにじっくり汗をかき、いつものごとく最後に追い炊きで湯温を上げ、あったまってから風呂を出ようと「あったかボタン」を押したのですが、「ゴー」っとなるガスのバーナーの音が急に途切れるんですよね。

…あり?

お風呂パネルを見ると消えてる…。
ぼーぜんと見てる私の前で、お風呂パネルは再点灯するのですが、あったかボタンを押すとまた消える…。
シャワーをかけてみても同じ。一向にお湯は温かくならない。

あまりのショックにそっこーお湯から上がって、夫を起こしてみたんですが、またもや再現…。

本当にショックでした。
結婚10年(この二世帯住宅はその前から経っているので築15年ではありますが)もするとお風呂まで壊れるんだ。

いや、もともと、雨ざらしの位置に取り付けてあるお風呂の湯沸かし器は「そろそろ寿命ですね。もし壊れたら修理するより買い換えたほうがいいですよ」とこの春のガス屋の点検で指摘されていたのです。
覚えている方もいらっしゃると思うのですが、我が家は夏(ちょうど復帰前)にお風呂の改築を検討していたのですが、私の青写真の中では改築と同時に風呂釜もお風呂乾燥機対応のものに買い換えることになっていました。
が、その後「車買いたい病」や「テレビ買いたい病」にかかった夫によりストップがかかり、計画は頓挫したまま。

でも風呂は毎日のことだから、とりあえず湯沸かし器は何とかしなくちゃ…で、改築を考えてる場合じゃない。改築は息子が小学生になるくらいまで延期かなあ(涙)

で、毎日一階の義両親ちのお風呂を借りに行ってます。
ここんところ夫の帰りが遅いので息子を入れるのは私なのですが、「まだ小さいぬーちゃんには一番湯じゃないと!」と言うことで不肖の嫁の私も義両親より先のお湯を頂いています。

いや~二世帯住宅でよかった。外にお風呂に入りに行くなんて、乳児持ちじゃ考えられないし、一階のお風呂はうちより広くてジャグジーつき。

…その反面、すっごいストレス。
普段夫の帰りが遅くて一人でぬー坊を入れる時は、髪の毛を洗ったり、体を洗ったりは、後に回して、夫が帰ってきてからゆっくり入り直していたんですが、まずそれが出来ない。
ぬー坊はお義母さんに受け取ってもらって、さっさと私は髪と体を洗って、ちょっと浸かったら一刻も早く上がらなくちゃいけない。(あ、義母さまは「ぱぴさん、ゆっくりしてくればいいのに~」って言って下さいますよ。私の心情的なものです)

ああ。
私の憩いの場所。
早く戻ってこないかなあ。

まだまだ続く

2009
11/02
*Mon*
で、本日、もともとHibワクチン&保育参観(参加)のためにとっていた有給はかくて本日も市立病院への再診へ。
救急の先生から「二、三時間待ちの可能性有」と言われて、オムツにミルク、お湯にお水にお菓子一式、授乳スカーフに着替え、ぬー坊が寝ちゃった時に読む文庫本まで持って挑んだのに…

受付から会計・投薬まで一時間半で終了(診療開始前から受付して待った時間も含めて)。

…いいんですけど。…何か拍子抜けだわ。

で、結果ですが

聴診器で胸の音を聞いて頂き、喉を見て頂きものの五分で終了。
「木曜日か金曜日にもう一度受診して、レントゲンと血液検査やって下さい」

…ええええ?
また平日に通院ですか?!

「その結果が出るまで保育園はお休みしてください」

うわーーーー。これで完全に半月お休み決定だよーーーーーーー(涙)

まあ、土曜日に見て頂いたのは時間外の救急だったので(紹介状があれば見てもらえる)、先生としてはもう一回月曜日に改めて小児科にかかって下さいって言うのはまあ自然な流れとは言え…
今週は文化の日もあるんで、既に週休四日。

家に帰って家族会議を行いましたが

「二週間の殿様生活で赤ちゃん帰り(赤ちゃんだってば、まだ)した彼を、レントゲンや採血の後泣き止ませられるのはかーちゃんのおっぱいしかない」

と言うことで、家族全員に通院付き添いを拒否されました。
仕方ないので、木曜か金曜に午前中だけお休みを頂き、お義母さんが一緒について来てくださり、検査が終わった後はタクシーで連れて帰って面倒見てくれるので、私はそこから出勤していいとのこと。

で、この日の検査の結果、来週も保育園に行けなくなったら、長崎から実家の母を空輸することで話はつきました。

もう頼むよ。これで最後にして。
まあ、保育園行ったら早晩またもらって来るんだろうけど、とりあえず一回区切りをつけて、一週間くらい元気に登園して欲しい。会社に無遅刻無欠席で出勤させてくれ。

まあ夜の発熱もぴったりおさまり、咳も朝一以外ほとんど出なくなったので、抗生剤がよく効いているんだと思います。

しかし闘病生活も長いと、彼もいろんなことを覚えると言うか…

最初は薬を哺乳瓶で与えると、何の疑いもなくぐいぐい飲んでたのですが、タミフルのドライシロップが非常に苦かったらしく、だんだん哺乳瓶をイヤイヤするようになってきたのですが、最近は気が乗らないと

一旦吸った後に、ニヤリと言う微笑とともに、ダラーッと口から…。

やめてーーーーーっ!

叫ぶ母を見ながら更にニヤリ。
床にこぼれた薬をティッシュで拭いている間に、奇声を上げつつ脱走。(しかもそれが一階の場合、ちゃっかりじいちゃんと言うセーフゾーンに逃げる。母ちゃんを捨てて寄って来たぬー坊にじいちゃんメロメロ)

小ざかしくなってきたな…お前…。

今日の「いいこと」は、図らずも病院の待合室で同じゼロ歳児クラスの同級生に会って(同じ学年、一人っ子同士のH君)、先方のお母さんと「有給休暇の驚異的な消化スピード」をともに慰めあったことでしょうか…。

アブダビの月

2009
11/01
*Sun*
Category:F1
はっと気がつけば最終戦ですよ。アブダビGP。
F1の決勝が始まる夜の9時(うちはフジテレビCSHDでライブで見てます)ってちょうどぬー坊を寝かしつけてる時間なんで、今年のヨーロッパラウンドはほぼ全滅でした…。
アブダビは開始が一時間遅くて22時スタートで、ぬー坊もすんなり寝てくれたんで、大体見ることが出来ました。

アブダビの空に満月が浮かんでて、

ああっ、これは夕方お使いに出た時に見上げて、玄関ポーチでぬー坊に見せた満月だ。
だから夢のようにきれいで、ライトアップされた異世界みたいなアブダビのサーキットも同じ空の下にあるんだ…

と何故かそう思いました。

F1を見始めて、今年ほどレースに身が入らなかったシーズンはありませんでした。
F1を見るどころじゃない個人の事情があったし、最初の頃のブラウンGPの一人勝ちがなんとなく釈然としなくて(私はレッドブルのチーム代表のクリスチャン・ホーナー氏がかなり好みストライクなんで、レッドブルの台頭は嬉しいけど)エンジンがかからず、キミやマッサの調子と一緒に私の調子も上がりきれず…。

来シーズンは給油がなくなるのが寂しい。コース上のオーバーテイクもいいけど、私は給油のタイミングを計る頭脳戦も好きだったので。

キミにはF1に残ってもらいたいけど…で、個人的希望としてはレッドブルだったら萌え萌えなんだけど、やっぱ残るとしたらマクラーレンしかないんですかね。

ではしばしストーブリーグを追いかけることにしましょう。

枯れてる私

2009
11/01
*Sun*
Category:にっき
最近、はっきり言って自分の時間がないです。
こうしてパソコンに向かってる間も、結局書いてるの闘病日記だし(苦笑)

で、自分の生活を振り返るべく、手帳や携帯を開いてみましたが…これがまた枯れてて。手帳には仕事のTo Do Listと、土曜日の欄には「○○小児科」と通院の記録しかない。(しかも予定していた友達との約束に横線が引かれているのが更に悲しい)

で、携帯を開けてみました。
メールの受信欄には家族のメールで、「熱が上がった」「今何度くらい?」とか。
友達にメール打つ気力もないせいか、お友達からのメールも少なめ。(寂しっ)

カメラのフォルダーには、ぬー坊の写真が多いのですが、それ以外に何故か

お弁当


弁当の写真が(笑)
そうそう。会社でお昼ご飯の時も仕事しているから、せいぜいいいお弁当でも…と思って、高めな弁当を買って、高かったからちょっと写真を撮ってみたんでした。

で、もう一枚は

コバナランタナ


お隣の家のランタナがいい感じです。
…うちのランタナは枯れちゃったけど。

駄目だー!枯れちゃ!



ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。