11
2
4
5
6
11
12
13
15
17
20
21
24
25
26
27
28
<< >>

This Archive : 2008年11月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当分さよなら、インターコンチ。

2008
11/30
*Sun*
Category:にっき
インターコンチ三回目で、新橋でカレーを食べた後は、定宿(笑)のインターコンチネンタル・東京ベイに宿泊。妊娠してから三回目です。結婚記念日にも来たので、今年でトータル四回目。
(普段さすがにこんなに都内のホテルに泊まることはないです。今年は本当に帰省する以外何処にも行けなかったので…)
今日のテーマは「小旅行」なので金曜ではなく、たっぷりお昼寝をした後土曜日の夕方からまたもや直前予約で割引率60パーセントのお部屋を押さえて車で出かけました。(って言うか金曜日残業でタクシー帰りだったし…笑)

←今日はレインボーブリッジ側ではなくリバービュー。その分ちょっと広めでオットマンつきのソファのある部屋♪

しかしいいことばかりではありませんでした。
我が家は結婚する時「家にいる時間で一番長いのは寝てる時間だから、ベッドはいいのにしよう」とかなり奮発したベッドを買いました。もうすぐ10年になる今もマットのスプリングは衰えず、私のオデブな豊満な体をふんわりと支えて大変快適。逆に言えば外泊した時、それよりいいベッドに当たることは滅多にありません。インターコンチのベッドも広くて気持ちいいのですが、マットは我が家のものよりかなり固め。
それでも妊娠七ヶ月までは広いベッドで手足を伸ばしてゴロゴロ出来て快適だったのですが、ここまでお腹が出てきちゃうと腰に来るようで、愛用のビーズの抱き枕もなかったため、全く体勢が定まらず、夜中2時間毎に起きてしまいました。
旦那はぐうすかイビキをかいて寝ていましたが、トイレに起きた時私を見ると苦悶の表情を浮かべ、奇怪な姿勢で荒い息をしていたらしいです。

うーん、いくら丈夫な妊婦とは言え、色々と制約のある時期に差し掛かっているのですね。これが出産前最後のお泊まり。次のお泊まりはいよいよ産院への入院ですかね。

でも腰は痛かったけど、ホテルの朝ごはんは美味しいし、お風呂は広いし、真っ青に晴れた空の下キラキラ光る川面をお部屋から眺めながらの読書は大変気分がよかったです。レイトチェックアウトで「次は赤ちゃんと一緒においでくださいね」と温かい言葉をかけて頂いて帰ってきました。

さて、かーちゃんがリラックスしてるのが分かるのか、お昼過ぎに家に帰ってきてからパピコなぜか大フィーバー。
私はやはり寝たりず、家に帰ってくるなり夕ご飯の買い物は完全放棄で、パジャマに着替えてベッドに潜りこんでしまったのですが、パピコは絶えずキック、ホップ、ダンスで胎動大サービス中。うとうとしては蹴りを入れられ目を覚ます…うとうとしては膀胱を押されてトイレで目を覚ます…を延々繰り返し中。
…かーちゃんは眠いよ、パピコ。
スポンサーサイト

当分さよなら、インドカレー。

2008
11/29
*Sat*
Category:にっき
サグパニールいよいよ30週の大台にのりました。確かに最近お腹の出方が加速しつつあります。上から見た風景が違う。靴下履くのにお腹がつかえるようになって来ました。残り10週。勿論早くなる可能性もある訳で…。

全く変わらないペースで休日出勤&深夜残業を続けている私ですが、ここに来て何か焦ってきました。
赤ちゃんが出てきたら出来ないこと、やっておいた方がいいんでないかい?

で、二週間くらい前からどうしても食べたい…食べたい…と思っていたものを食べに行くことに。
それはインドカレー、しかもラージマハールのサグパニール(ほうれん草とチーズのカレー)限定。どうしてもこのカッテージチーズみたいな軽いチーズと濃厚なほうれん草が食べたくて、夫と週末の新橋まで行ってきました。(新橋が最寄りだけどお店は銀座店。資生堂パーラーの上にあります)
新宿店とか渋谷店はインドの民族音楽とかビデオとかかかっててもうちょっと怪しげな雰囲気なんですが、銀座店は音楽も普通っぽくて、何かスマートな感じですね。

写真手前の強烈なほうれん草色のお皿が私の愛するサグパニールです。奥はカシューナッツの生クリームのソースでラムを煮込んだラムシャヒマサラ。羊大好きなんだけどな~今日は何だか「羊のお肉が臭い」と感じてしまってお肉を食べられませんでした。ソースだけはちゃんと堪能。美味しかった~!
本当はタンドリーチキンとか頼みたかったけど、そろそろ胃を押されだしたようで、一回にたくさん入りません。あとスパイスも若干弱くなりつつある気がします。

あと子どもが出て来ちゃったら食べられないものって何だろう~?そりゃフレンチのコースとか行けないけど、そもそもそんなの今でも行かないし(笑)

あ!ラーメン!ラーメンだな、次は。


IKEA新三郷、オープン!

2008
11/23
*Sun*
Category:にっき
IKEA新三郷、オープン越谷レイクタウンに引き続き、新三郷にはLalaCityが開発中、第一弾としてIKEA新三郷が11月19日にオープン、チャレンジャーにもオープン初の日曜日に、夫、夫の両親と私+パピコ(笑)の4.5人で行ってきました。

私たちは11時過ぎに新三郷に着いたのですが、IKEA渋滞が始まりつつありました。駐車場には長蛇の列が出来てましたが、幸い屋上の端っこの方に止める事が出来ました。(多分お昼ぐらいでいっぱいになって入車制限になってしまったのでは)
しかしここから店に入るまでが長かった。H&Mよろしく店内に入る人数を制限しているようで、入口で1時間弱ほど立って待ちました。(お義母さまによるとこれは新松戸に限ったことではなく、船橋店でも混んでいると入場制限になるらしい)壁があるとは言え屋外なので初冬の空気が寒く、上着を着ていて助かりました。家族と一緒だったのでしゃべっていたので待ち時間は気になりませんでしたが、アナウンス等は一切なかったので「いつまで待つの?」と言う目安が全くつかず、イライラしていた人もかなりいたようで、私の後ろに夫婦で並んでいたおじさんはどんどんエスカレートし「ふざけるな。これで大したもんがなかったら許せない。絶対買うもんか」とかなり熱くなっておられました。

…いやいや、所詮IKEAですから。置いてあるもの船橋と一緒だし。買いたくなかったら今からでもレイクタウンに乗り換えた方が(笑)
人が怒ってると人間って冷静になります。ついつい夫と二人で観察してしまいました。

中に入ると、まずは二階のショウルームエリアへ。
家具が並び、色んなテーマでディスプレイしたお部屋のサンプルがいっぱい。お部屋の中の家具も小物も全てIKEAで買う事が出来ます。かな~り混んでいましたが、まあ見れないことはありません。エセ北欧インテリア派の私はかなり楽しみました。

IKEAその二その後二階で見た小物類を一階のマーケットでゲット、家具類のうちかなりの部分は持ち帰って組み立てることが出来るので、倉庫みたいなところでカートに自分で積み込みます。そこが安さの秘訣で、お値段は確かに品質の割りに安い。
ちなみに今日のメインの目的は子どものお部屋のタンスとファブリックを買うこと。一番目の写真の白いタンスはなんと9,900円で、本日夫が二時間ほどかけて組み立ててくれました。

二番目の写真グリーンのカバの模様のベビー布団のカバーセット、2,000円くらいだったので、ビビッドな色を。並んでいるのは70×70cmの動物柄入りガーゼ590円。お風呂上がりに使う予定。いや~子ども用品って今まで無縁なエリアだったのでここでお買い物するってすごく新鮮で楽しい。
義父母も夫も含めて全員で楽しみました。(お義父さんが密かに犬のぬいぐるみなんて買ってたのも発見)

楽しみすぎてふと気がついたら待ち時間も入れて4時間以上滞在してまして、その間多少ディスプレイされてる椅子やベッドに腰掛けたものの、ずっと立ちっぱなしだった私は段々腰に疲れが…。トイレで便座に座ったらじんわりと腰に痛みが走りました。いやはや無理は禁物。その夜は宵っ張りの私がなんと22時過ぎには就寝、朝まで熟睡いたしました。聞いたところ家族全員IKEA疲れ(笑)

まあIKEAはIKEA。置いてあるモノは一緒ですから、別に新三郷にこだわる必要はありませんし、特に用事がない人は空くまで待ってもよいかと思いますが、近くにある人は空いてくれば便利に使えるかもしれません。私は船橋も含めると三回目なのですが、まだ中で食事したことはないので、空いて来たら一度レストランの激安メニューを試してみたいと思ってます。

29w1d、妊婦検診。恐怖の…。

2008
11/22
*Sat*
29w1d(8ヶ月)、本日も検診。7ヶ月に入って検診が二週に一回になりましたが、ホントあっという間です。本日もおそるおそる体重計に上がります。

■私の体重、+5キロ。(先生に特に注意されず。ほっ…許容範囲内)
■パピコの推定体重、1,500グラム。(いつも通り平均よりちょっと大きめ)

本日はお義母さんが病院見学を兼ねてエコーを見学。第一印象はいかがですか?

「先生は小さい頃の面影があった」←だから私は赤ちゃんの第一印象を聞いてるのであって、先生の印象を聞いてるのではないんですが…。
「赤ちゃんはたれ目に見えた」←…エコーでんなモン分かるんかいな?
「顔を見た瞬間、ぱぴよんさん似だと思った」←…私は釣り目なので、上の一言とかなり矛盾が。

お義母さん、取り止めがありません(笑)
いずれにせよこんなに過労妊婦なのに順調でありがたいこったい。

ところで今回は後期の内診がありました。
子宮頚管に感染症がないか調べるのと、エコーで子宮口の開きがないか(早産の傾向がないか)確認するもので、結果から言うとどっちも全く問題はなかったんですが、どうしてあの産院の内診はあんなに痛いんだ!
内診が好きな女性はいないとは思いますが、最初に通ってた不妊クリニックは、かなり気を使ってエコーを入れてたらしく、最初は緊張で痛みを感じたものの、段々多少の違和感で済むようになってました。
が、この産院の内診は私はどーしても慣れる事が出来ません。
おそらく最新式の稼動内診台もいけないと思うのですが、不妊クリニックは普通に歯医者の診察台みたいなところに上がって足台に自分で足を上げる方式だったのですが、ここの産院は椅子に座ると勝手に動いて、勝手に足台が上がって、開いて、内診台に早変わりって感じ。自分のペースで体勢を整えられないので、何かうまく力を抜く事が出来ない。
それと不妊クリニックでは「痛っ」とつぶやくと「あ、痛かった?もう少しだからちょっと力抜いてね~」と一瞬動作を止めてくれるのですが、産院では「あ、でも産む時はもっと痛いから」ときっぱり一言、一切手止めず(鬼)
ま、そりゃそうなんですけどね。分かってるんですけどね。苦手なモンは苦手なんですよ、先生。

さて、内診が終わって問診。
私は今回非常に聞きたい事がございました。
「先生、鉄剤による便秘がかなり辛いんですが…」

…すみません、綺麗な話題でなくて。妊婦なんてナマモノですから…。
中期の血液検査から(全く自覚がないのに)人生で初めて貧血を指摘され、鉄剤を処方されて約一ヶ月経つのですが、最初は「な~んだ、鉄剤飲んでも体調なんて何も変わらないわ」と余裕だった私も翌週はすっかり元気がなくなりました。
もともとほぼ毎日きちんと勝負がついていた人間だったので、三日も続くと結構辛い。朝から冷たい水を飲んでも、ヨーグルトにオールブランとレーズンか刻んだプルーンを入れた上に、キシリトールガムを食べまくっても五日連続で勝負がつかず、キリキリと右のお腹が押され、立ち上がれなくなって、会社から自腹でタクシーに乗ってしまった事が…。その翌日は怖くて鉄剤飲めなかったです。

「う~ん、貧血は改善傾向にあるんだけど、まだ駄目だね。取りあえず後二週間続行。で、どうしても駄目な時は別に市販の下剤を飲んでもいいから

ええええ?下剤?し、市販の?処方される奴じゃなくて?あんなの妊婦が飲んでいいんですか?

「え?市販の…あの…○ーラックとか」
「別に大量に飲まなきゃ大丈夫だから。最初は不安だったら少なめに飲んで」

二回聞き返したところで覚悟が決まりました。
で、週末にいかにも自然そうな奴を買って来て、とりあえず二錠のところを一錠、鉄剤と一緒に飲んで見ましたが…次回は一錠を半分に割って飲みたいと思います。

最後に入院案内をもらいました。年明けから分娩代が上がる様子。うちの産院は個室か二人部屋なので(ちなみに母子同室。全く考えないで最寄りの産院にかかった割りに希望通りで満足)入院費用も含めて45万円前後になる予定。
と言うのも来年年初から導入される産科医療補償制度の保険費用が上乗せになるのが主な理由で、私も先日サインいたしました。その分健保から出る出産一時金に上乗せされるようですが、先生から丁寧な説明がありました。時節がら妊婦も大変だけど、先生は大変です。
でも入院案内を見ると、何か「おお、近づいてきた」って感じ。ニヤニヤ。
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

妊婦も後半戦。電車ドラマ。

2008
11/19
*Wed*
さて、8ヶ月に突入して、今日は午後から母親学級。迷ったけど、すっぱり会社を休むことにしました。あ~あとが怖いよ…。で、まったり茶など飲みつつ妊婦体験を振り返ってみようと思います。

いかにも妊婦に見えるようになってきたせいか、電車で席を譲って下さる方も増えてきました。しかし私の通勤路線はそれなりの混雑路線であり、かつ遠距離で通ってる方が多い路線でもあるので、皆さん朝夕お疲れの様子。「もし譲ってもらえれば本当にありがたい、譲ってもらえなくてもしょうがない、その方も疲れてるし、外からそう見えなくても体調が悪い方もいらっしゃる」と思ってます。譲っていただいた時は本当にありがたいです。いつかまた他の方にお返ししたいと思います。

やはり一時間以上立ちっぱなしだと、貧血のせいか、明らかに会社に着いた時「辛い」と感じるので、私はマタニティマークをつけて、優先席の前に立つ事が多いです。一応以下のようなことに気をつけております。
■譲ってもらえなくても自然に座れるように、乗り換え乗降が多いドアを選ぶ。
■同じ人を狙い打ちにならないよう、毎日電車と乗り場を変える。
■一番混んでる時間だけは避けて、少し遅れていく。(←残業も多いので、もともとフレックス気味だから問題なし)

非妊娠時は優先席自体余り近づかなかったし、譲ることはあっても譲られたことはなかったので、色んなドラマを日々見ております。
が、私人間小さいからやっぱり心がせまーくなる事がありますわ。

■昨日私と隣に立っていた若い男性のちょうど間の席が空いた時、その男性が何の躊躇もなく、敏捷な動作で座席に滑り込み(妊婦なので敏捷性で完敗)、携帯を片手に株の相場指南本を広げた時は…正直言って「この人の買ってる株の株価が下がりますように」と念じてしまいました。優先席に座るのに何の躊躇もないのがちょっとびっくり。(妊娠してない頃は優先席は避けていたし、疲れてて座る時も『周りに必要な人はいないかな』と確認してから座るようにしていたので…だって若いのに座ってたら居心地悪いじゃないですか?悪くないのかな?)

ああ、ワタクシったら人生の修行が足りない~。

■ところで二週間前も同じ状況に遭遇しました。同じように敏捷に滑り込んだのは、シャツの前をはだけた胸に髑髏のチェーンを胸にかけた若いおにーちゃんでした。正直「あ~あ、やっぱチャラ男はだめだね」と思って、足を踏ん張り本を開いたその瞬間、その本を持つ手を叩く人が。

無言で「座りな」とジェスチャーしていたのはそのおにーちゃんでした。

…ごめんなさい、今、私、今見かけで人を判断してました!!!!

大いに反省してありがたく席を譲って頂いたその瞬間、隣のドアからもう一人妊婦さんが乗ってきました。私はその時点で七ヶ月、腹は「よく見れば分かる」程度だったのですが、その人はどう考えても私より一回りも二回りも大きい。明らかに妊婦、まさに臨月、周りの人から押されて、どう考えても私より辛そうなんですけど?

が、周りの人、完全無視。(しつこいようですがこれは優先席での出来事です)
隣の中年のおじさん、大きなお腹を邪魔そうに歴史小説、読破中。…どうなの、その態度?
更に奥のおばさん。熟睡中。

どどどどどどどうしよう(汗)
でも他人様から譲った席を、勝手に更に譲るってのも…どうなんだろう。
「だ…誰か降りないかな」と小心者の私は悩んでどきどきしてしまったのですが、幸いなことに二つ隣の駅で、おにーちゃんが降りていったので、遅れ馳せながら「あの、座りませんか?」と声をかけてみました。
するとその妊婦さん、私も妊婦であることに気がついてらして「あと二つで降りるので大丈夫です」との事。ほ。。。

■また別の日のこと。
その日は優先席にも近づけないほど混んでいたので、早々にあきらめて、がしっとポールを握り、週刊朝日の中吊り広告かなんかを読んでました。すると推定50歳ちょっとくらいのおじさんが声をかけて譲ってくださったのです。
「お嬢さん、私は次で降りるから、ここにお座りなさい」
…一瞬「お嬢さん」が自分の事って分からなかった(笑)
30台後半の妊婦でも「お嬢さん」なんて呼んでいただけるのですね。「若く見られたかも♪」とか言うのではなく、丁寧な呼称に何だか恐縮してしまって、もしかしたらおじさんのお嬢さんがお子さんを持つ年代なのかもしれないな…なんて思いました。

さて…腹と電車の話ばかりしましたが、それ以外にも妊娠とはなかなか新しい体験があります。

私は重度の若白髪体質で、二ヶ月にいっぺんは美容院で染めてもらわないと、頭頂部がロマンスグレイになってくるのですが、最後に染めてから三ヶ月経つ今も、白髪はあるものの、いつものようなグレイになりません。白髪が増えるスピードが確実に遅い気がします。

それと秋花粉症で、背の高い黄色い麒麟草が見えると「もう駄目」ってくらいくしゃみと鼻水が出て、ひどい時は目が充血して白目がこんもり腫れて来るのですが、今年は全く来ない!

明らかに体質が変わってる気がします。特に白髪。これは本当にびっくり。ホルモンのせいですか?夫にも「疲れてる割には肌艶はいいね」と言われるくらいで、これが「妊娠は究極のアンチエイジングだと言われる所以なのでしょうか。
…産後がコワイ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

鈴木亜久里の挫折

2008
11/18
*Tue*
Category:F1
こんな本を見つけたので思わず買って読んでしまいました。

鈴木亜久里の挫折―F1チーム破綻の真実 (文春文庫 あ 51-1)鈴木亜久里の挫折―F1チーム破綻の真実
(文春文庫 あ 51-1)

(2008/10/10)
赤井 邦彦

商品詳細を見る

在りし日のチームの姿を思い出しながら、一気に読みました。
チームが不利な条件の中で、マシンを速くするためにあらゆる努力・工夫をして、レースにチャレンジしていく姿に並行して、亜久里さんがF1チームを運営するための巨額の資金調達に奔走する姿が描かれていて、読んでいて結構辛いものもあります。
チーム存続中から「チームの運営が大変厳しい」と言うニュースは届いてましたが、ここまで苦しかったのか…と言う正直な感想です。詐欺まがいの話もあったり、亜久里さん、彼を支えた秋田さんお苦労は壮絶なものです。(実際現在も係争中の案件があるらしい)

果たしてスーパーアグリは「成功」だったのか?

亜久里さんの夢である「F1チームを興す」と言う点では、「成功」と言えるかもしれない。
ただ、チームを安定的に存続させると言う点では、明らかに「失敗」のように見えます。最初から最後まで資金調達は綱渡りで「これではビジネスを維持していけない、読みが甘かったのでは?」と言う気もする。実際、F1参入の時点でFIAに支払う供託金がなかなか準備できず、ファンも最初からハラハラした記憶がありますが、亜久里さんも「あの時、FIAに『駄目です』と言われていれば楽だったかもしれない。そこからは茨の道だった」と語っているようで、夢を叶えながらも、常に眠れない日だったのでしょう。

でも亜久里さんは「やった意義はあったと思っている。少なくとも俺の人生の中ではね」と語っているそうです。

そして私たちが、2年半の間、彼らからもらった感動も本物。
忘れもしない、2007年カナダGPで、ラルフを抜いて、アロンソを抜いて、6位に上がった琢磨を見ながら、深夜興奮しまくったこと、今でも思い出します。
成功でもなく、失敗でもなく、そこにスーパーアグリがあって、感動を得た人がいた、それが事実。

さて、そんな琢磨、そろそろ始動か?
F1バルセロナテスト初日:トロロッソから参加の琢磨がトップタイム!


もう一度、琢磨、亜久里さんに、サーキットで会いたいですね。


半熟卵事件

2008
11/16
*Sun*
Category:にっき
今日はゴルフで夫がいなかったので、家にいてもつまらないし、仕事はたまってるし、水曜日はママパパ学級でお休みしなくちゃいけないから更に仕事が…で休日出勤することにしました。
でもやっぱ起きたらけだる~くて寝ていたい。しかも雨。
会社に行くのもモチベーションが必要なので、オフィスから歩いて7分のお気に入りのカフェでお気に入りのランチメニューを頼むのを心の糧に、よっこらせと雨の中出掛けることに。

ところがオフィスに着いて仕事を始めたのはいいものの、昼を過ぎても一向にお腹が空いてこない。空くどころか胃もたれが
最近どーも日々でかくなりつつあるパピコが胃を蹴ったり押したりしてるのではないかと思うのですが、朝も大して食べてないし、いくら体重は押さえたいと言っても栄養不足はあんまりよくないよねぇ…仕方なくカフェのボリュームたっぷりのランチはあきらめて、近くのデパ地下へライトでちょっといいお惣菜を仕入れに出かけました。
某有名ホテルの惣菜売り場で「エスニックピラフ・半熟卵添え」と言うランチを見て「おお!これだ!私が食べたかったものは」と。朝から私ポーチドエッグの入ったランチメニューを食べたくてしょうがなかったのです。ピラフにはお肉と野菜が焼いたのが乗ってるけど、ご飯が少なく、ボリュームは控えめ。即決して、温めてもらって、再びのしのしとオフィスへ戻りました。

「いざ!半熟卵食べるぞ!」と袋を開けてみると…あれ?なぜか売り場では別の袋でくっついていたはずの半熟卵がない!!!
でも半熟卵だけ袋から落ちるなんてちょっと考えにくいし、あ…あっためてもらった時に外したまま、店員さんが付け忘れたとか?
確信がないまま戻るのも億劫だったので、売り場に電話して確認したら「確かに付け忘れました」との事。
すると高級惣菜屋さんらしく「誠に申し訳ございません。今からお届けにあがります」

え…半熟卵一個デリバリー…ですか?
しかし今日は日曜日。オフィスビルの入口はセキュリティカードがなきゃ入れない。三箇所でカードをかざして、ゲートを抜けて、高層階のオフィスまでエレベーターも乗り換えないと来れない訳です。

「いいです…取りに行きます」
だって半熟卵が食べたくて決めたメニューだったんだもん。と、再度どっこらしょとお腹を抱えて、デパ地下まで戻り、惣菜屋さんまで行くと、「申し訳ございまでした!こちらもどうぞお召し上がり下さい!」と恭しく紙袋を渡され…半熟卵に加えてパイとマリネのパックを頂いてしまいました。

…何か私ったらクレーマーになっちゃった?
却って申し訳ございません、ホテル西○銀座さん、お惣菜はと~っても美味しかったです…。

お土産三昧

2008
11/14
*Fri*
Category:にっき
太郎実家の母はお土産を買うのに命を賭けている人なので、彼女が来た日からしばらくは我が家はお土産フィーバーになります。
今回は「やまやの明太子」と「福砂屋のカステラ」。やまやは本当は長崎ではなく福岡の名産だと思うのですが、夫が好きなので空港で買って来てくれるらしい。明太子スパゲティを作りました。

で、翌日は買い物に連れて行きがてら羽田まで送って行ったのですが、帰りに夫に電話すると「何か面白いもの買って来て~」とのこと。で、色々考えてコレを買いました。

誕生・太郎ちゃんまんじゅう 630円
牛乳味とカステラ味だったけど、何か…隣にあった抹茶餡の「さようなら・純ちゃんまんじゅう」の方が美味しそうだったのに微妙に危惧を覚えましたが…。
地元で発売された「おらがまちの太郎ちゃんまんじゅう」とは違うようですよ~。(…地元ものは美味しそう)
ちなみに、味は…五日たっても夫が手をつけている様子がないところで推し量ってください。

…ところで太郎ちゃんの前は純ちゃんじゃないよね?他に二人くらいいたよね?

キットカットキットカットしょうゆ味。

…しょうゆぅ~?
でも普通に美味しかったです。しょうゆの味は…うーん、するかな…。夫と同僚の一人は「しょうゆの香りがかすかにする」と言っていました。半分は会社に持って行ったのでこっちは普通に減ってます。


ユックモックで、こちらが最後。
ヨックモック クリスマスバージョン

これは色物を探してさ迷った訳ではなく、今回色々と甥っ子達にプレゼントを買って行ったので、義妹のNちゃんがわざわざ用意してくださったお土産のヨックモックです。やはりヨックモックは定番の銘菓

入っていた缶もクリスマス仕様で可愛かったのですが、中身のパッケージもクリスマスです。ハロウィンを終わって、一日休んで会社に行ってみたら、会社のビルにも、通り道のデパートにもクリスマス電飾が。

でもクリスマスが近づいているってことは…産休も近づいてるって訳で…プロジェクトの設計書の提出期限が迫っていることに他ならない

気持ちいいお正月を迎えられるべく、頑張らねば…。

28w3d 妊婦検診。体重が!

2008
11/10
*Mon*
28w3d。なんと今週末は8ヶ月に突入です。早いよ。
7ヶ月以降は検診が二週間に一度になります。四週間は待ち遠しかったけど、二週間はあっという間だ~。

さて、今回は実家から私が影で「恐怖の大王」と呼ぶ実家の母が弟の子どもの七五三と、私の出産準備のために関東に滞在中。母は私が「恐怖の大王」と呼び、夫から「過去会った女性の中で誰よりも強い」と称されている人物。外面がよく、他人にはと~ってもあたりが柔らかいけど、私にはとにかく手厳しくて常にダメだしの嵐。おかげで前の日から戦線恐々、掃除三昧です。

先に弟の家に滞在し、一週間早い七五三をお祝いしていた母を、親戚を巡回しているベビーベッドを受け取りがてら、夫と車で迎えに行きました。
家への道中アカチャン本舗に寄ったところ、大王様は非常に満足した様子で、私たちを終始リード(笑)大きなカゴの中には次々とベビー服や育児用品が…。
注文していたベビー布団(おまけでベビーバスが無料でついて来た♪)も届いたので、消耗品以外はかなり揃ってきました。7割と言うところでしょうか。

で、翌日の月曜日は産院見学がてら妊婦検診に大王様を連れて行き、せっかくだからとエコーを見てもらいました。今回は先生もサービス精神旺盛に「ここが心臓ですね~」「手ですね~動いてますね~」とか説明してくれたので、初めてエコーを見る大王様も「ほぉ~…」とかなり感動した様子。

パピコは現在推定1,100グラム(1,000グラムくらいが平均なので、気持ち大きめだそうです)。
あれ?前回700グラムって言ってませんでしたっけ?何か急成長しているような…道理でこの二週間会う人会う人「お腹…出てきた?」って言われるわけだよ(汗)

しかし。
前回先生に上昇カーブを注意された体重ですが、なんとなんと減ってました~!!!!
前回から1キロちょい減って、現在妊娠前から+4.2キロ。

特に食べる量を劇的に減らした訳ではないのですが、

■間食を出来るだけ抑えて、どうしても食べたい時はダイエットクッキーやローカロリーヨーグルトを食べるようにしたこと
■夜遅く食べないこと
■お休みは出来るだけお買い物などに出かけて歩くこと

を心がけることで、かなり好転しました。
…って言うか多分前回の検診前のあの食欲が異常だったんです、多分(汗)
自分であの時は本当にバカ食いしてたなって思うもん。

このペースで頑張るぞ~!
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

出産準備でまず買ったもの(笑)

2008
11/09
*Sun*
Category:にっき
我が家も来年一月で結婚10年目。…よくもったよなぁ(笑)
完全平等共働きにも関わらず、一向に家事を分担しない夫に何度「離婚よ~!」と叫んだことか。割れ鍋には綴じ蓋とはよく言ったもので、猪突猛進な私に対して温厚な夫は基本的にあまり怒らないので、離婚騒動を起こすのは大体私と決まっています。妊娠の第一報に夫は「これで離婚って言われなくなる♪」と思ったそうです。(しかしその後彼はそれが甘い考えであったことを知ることになりますが…)

まあ10年経って夫婦関係は何とか維持できても、家電製品には若干衰えを見せるものも出てまいりました。
また、ちなみに私と夫が出会う前に既に義父の希望により建築されたこの二世帯住宅も、早築15年。外装は昨年塗り替えたんですが、中身もそろそろメンテナンスする時期に来ているようで。

今年はリビングのエアコンが壊れた上に、晴れて洗濯部屋(兼夫のガラクタ部屋)から子ども部屋に昇格する三番目の部屋にもエアコンをつけねばならず、我が家は都合二台のエアコンを買わねばなりません。
その上に乾燥機がとうとう壊れた~。(洗濯機は無事)
更に…シャワートイレが壊れた~。(便座保温機能は何とか維持ものの、人の話によると産後シャワートイレは非常に重要だと言う噂)

たっ…ただでさえ出産で物入りなのに、なんなのコレ(涙)

まあ、しょうがない。そう言う時期なのだ。ココは腰を据えて、家をメンテするしかあるまい。と、全部買い替え、乾燥機は白物を止めて、浴室乾燥機を導入する予定で検討中。
ただでさえこの不況でま~ったく期待できない我が家の冬ボーナスはおそらく全額家電関係に費やされるどころか、足が出る予定です。

で、まず優先順位が高いのはコレだ!

トイレ(笑)


いきなりトイレの画像ですみません(笑)

私便座って工務店とかで頼んで工事してもらうものだと思ってたら、ネットで注文して、自分で取り替えられるモンなんですね!って言うか便器はそのままで便座だけ高性能の物に取り替える事が可能なのですね!

しかも最近のトイレは進んでる。

近づくとふたが自動で上がる!…夜中寝ぼけてトイレに行くと結構衝撃が(笑)
ちなみに自動では閉まらないので、ボタンを押すか、普通に押してあげると蓋は閉まります。私はこんなの新しいデパートの特注だと思ってましたよ。

でもコレがすごく快適。
私は結婚10年、夫がトイレの蓋を閉めてくれない事が(しかも便座の部分をあげっぱなしにすることが)非常にストレスだった訳です。何度言っても人間30年以上生きてきたらこういう無意識の行動って直らない訳ですよ。
が、ボタンを押すとウィ~ンと便器が閉まるのが嬉しいのか、閉めないと次回自動オープンの快適を味わえないせいか、夫が毎回蓋を閉めるようになりました。

あ~!高いけど買ってよかったぁぁぁぁ~!!!!!

Picasso Day

2008
11/08
*Sat*
Category:美術館
Pablo Picasso 1881-1973 (Midsize)ホテルを出て汐留から大江戸線に乗り換え、一路六本木へ。夏に友人の結婚式で行って以来非常に久しぶりの六本木。

現在、六本木ミッドタウンのサントリー美術館国立新美術館で、ピカソ展が行われています。現在パリにあるピカソ美術館が改修中という事で、普段なら東京で一度に見る事が出来ないようなたくさんの名品が来日しています。

パリのピカソ美術館は、私が最初に大学生の頃一人で海外に出た時に訪れた美術館の一つでもあります。正直言うと特にピカソに興味があったから訪れた訳ではなく、宿泊していたバスチーユのホテルがたまたまピカソ美術館にほど近くにあり、帰国日の朝ぽかんと時間が空いてしまったので、お散歩がてら行ってみた、という感じでした。ピカソについては「訳分からん絵を画く人」くらいの知識しかなく、単なる時間つぶしだったんですが、行ってみて、色んな作品を年代別に見て、実はあの訳分からん絵が、天才的な精緻な画力に裏付けられているという事が分かってびっくり。
若い頃の、静かで、むしろ老人期より老成している青の時代から、バラの時代を経て、キュビズムの時代へ。なんつーかそのパワーに圧倒されました。その曲線、直線、色彩。何が言いたいのか、表現したいのか。本人も分からないまま、ひたすら何かを表現しようと絵や造形にそれをぶつけていた…気がします。

で、夫も興味があると言うことで、今日は二人でハシゴしてきました。

疲れた~。
勿論二つの美術館を渡り歩き、大きなお腹を抱えてウロウロしていた訳で、肉体的にも勿論疲れたんですが、それ以上に頭が疲れた。
「何か意識しないうちに脳みその普段使わないところががフル回転感じがする」とは夫の談。

何かすごくよく眠れそうな気がする。

…美術館の感想としてアリですか?これ?(笑)
結構気分爽快です。
キュビズムとかやっぱり訳わかんないです。訳わかんないままに、人は無意識に「一体この人は何が言いたいんだ」「何なんだ、これは」と画き手に思いをめぐらせる。仕事とか今日の夕食何にしようとか、そう言うこと色々強制的に忘れさりますよ。考えてられないですから(笑)

これから見に行く方には、どっちかというと、サントリー美術館をお勧めしますね。雰囲気が落ち着いていて、展示も見やすいし、ミッドタウンでのお茶や買い物のおまけがついてます。絵も各時代のバランスが取れていますよ。
国立新美術館は正直お部屋が一個一個広すぎる上に、混んでいるし、今はちょうど日展と同時開催で館内が雑然としているので、落ち着いて見やすいのは断然サントリーの方です。

インターコンチ、アゲイン♪

2008
11/07
*Fri*
Category:にっき
インターコンチのばら何か慌しい一週間だったな~…まぁ月曜日が文化の日でお休みで四日しかなかったこともあるんですが、会議も残業も多かったし、仕事で結構ストレスフルな事があったりしまして、自分の至らなさを実感した一週間でした…うう。

払拭すべく、またしても夫とプチ・エスケープを敢行いたしました。横浜もいいな~と思ったのですが、帰りに都内で寄りたい場所があったので、インターコンチネンタル東京、アゲインです。今回は簡単な着替えや化粧品、入浴剤やシートパックなどの小ネタは前もって準備して出勤。万全の構えです。
今週はYOYAQに「クラブフロア・12時レイトチェックアウトで67パーセントOFF」と言う格安プランが出てたので(但し予約は当日しか出来ない)、それを狙ってました。レイトチェックアウトだと朝ごはんの後もゆ~っくり出来るし、絶対楽チン。

が、実際には今週は割りと混んでいたらしく、そのプランはゲットできず。がっかり。仕方なく前回と同じ「クラブフロア・10時チェックアウト」のプランを選んで行ったのですが、すっごいラッキーな事が。
うちの夫は大して泊まりもしないのに、インターコンチの無料会員プログラム「Priority Card」を持っているのですが、「会員のお客様ですからレイトチェックアウトでも結構ですが、どうしますか?」と聞かれたそうです。なんと!会員制度って入っておくもんですね。先々週も泊まった記録が残っていたらしく、指定しないのに朝刊もちゃんと日経新聞でした。

夫が先にチェックインしていたので、クラブフロアのラウンジで待ち合わせ。仕事に区切りをつけて、大急ぎで向かうと、既にビールなど飲みつつご満悦の夫。
クラブフロアは専用のラウンジがついています。少人数のラウンジで静かだし、昼間はレインボーブリッジがよく見える、光がいっぱい入る明るい気持ちのいい場所です。
こちらで簡単なビュッフェの朝食も頂けますし(本格朝食ビュッフェは一階のブルーベランダでいただけます。そちらが品数も多いし、お料理はいいんですが、お部屋が少し暗い気がして…朝は私明るい光の入る場所で頂きたいんで、クラブフロアの方が好きなんです)夜の21時までは各種飲み物も無料でサービスされますから、お値段が少し高くても、結果としてお得な気がします。人が飲んでるとビールって何であんなに美味しそうなの…とジンジャーエールを頂きました。

その後二人で浜松町の駅前までラーメンを食べに出て、帰ってコンビニで買ってきた雑誌を眺めていたら、二人ともぐーぐー寝ちゃいました。
夜3時ごろむくりと起き上がって、お風呂に入ってホカホカしたら…また寝る。
朝7時過ぎに起きて、朝ごはんを頂き、ホットミルクでぽかぽかしたら…また寝る。

…至福。
お部屋が適度に温かいせいか、レッグウォーマー無しでもこむら返り無しでいけました(笑)

やっぱり睡眠足りてなかったのかなぁ。

インターコンチ東京も少し古くなっては来ましたが、適度にシンプルで適度にモダンなお部屋が私はやっぱり好きです。お部屋に必ず一輪赤いバラが飾ってあるのが好き。

出産前にもう一回くらい今度は横浜を狙う予定。

そんな日もある。

2008
11/03
*Mon*
Category:にっき
スープ連休三日間毎日家でご飯を作り、押入れや子ども部屋の掃除をし、近所のショッピングセンターにお買い物に出かけ、通販の申し込みをし…何か「家」ライフを満喫しました。F1もあったし充実。
…しかしその反動か、はたまた下降傾向の天気のせいか、連休三日目の曇りがちな空が暗くなるに従ってびみょーにダークな気持ちになってきました。
私がこうなると、夫は「あ、黒い雲が来たでしょ」と言います。「親の心子知らず」かはたまたなぐさめようと言うのかぼこんぼこんとお腹で大暴れ中。
情けない母ちゃんでごめんよ、と思うとますます何か泣けてくる。

そう言う日はこれだ!

冷蔵庫の野菜とベーコンをひたすら無心に細かく刻みます。
オリーブオイルとにんにくでいためた後、水を加え、ローリエに無添加コンソメを少々、塩とコショウを加えてでひたすら煮つめ、無心に灰汁をすくいます。
いつもはトマト味が好きな夫のためホールトマトをがつんと一缶入れるのですが、今日はスーパーで細長いイタリアントマトを売っていたので、一袋買って来て刻んで入れました。イタリアントマトは水気が少なくて、果肉が厚くて濃~い。煮ると甘くて美味しい。

完成です。←堺正章風。

イマイチ美味しそうに撮れてませんが、鍋一杯のミネストローネ。超簡単だけど、優しいシンプルな野菜の味のスープが好きです。
それなりの量の野菜を刻んで煮るのでそこそこ時間はかかりますが「体にいいもの作った~!」って言う達成感があります。

さて、明日は朝から熱いスープで朝ごはん。いいもの食べて、今週も頑張りましょ!

Brazil Grand Prix。雨よ、優しく。

2008
11/03
*Mon*
Category:F1
よ~く考えたら、7点差だった訳です。7点差。
マッサが1位で、ハミルトンが6位以下でならなければ、マッサのチャンピオンはない。でもよく考えたら誰より早くて、一番表彰台に昇ってるからこそハミルトンは現在トップな訳で。去年ほどじゃないけど、非常に厳しいシチュエーションだった訳ですが、去年を見てるからこそ、夢を見ずにはいられなかった、何かが起こるのを期待せずにはいられなかったブラジル。
昨年「勝てる」レースで結果としてはキミに優勝を譲り(去年チームオーダーか実力かは微妙ですが)、二位。
「ボクも次はチャンピオンになることを考えてる」と発言し、今年は苦しいながらもそれが手の届く位置で戻ってきたマッサ。折りしもホームグランプリ、私は特別マッサファンでもティフォシでもないのですが、勝たせてあげたいじゃないですか。

何となく仮眠無しの「ぼ~っ」とした状態で午前2時のレーススタートに突入してしまったので、途中で寝ちゃうんじゃないかと思って心配してましたが、まずしょっぱなで、いきなり、雨。
いきなり順位がシャッフルで、がつんと目が覚めました。

後半「結局マッサ一位だけど、このままだとハミルトン四位で決まりか~」なんて順位が見えてきて、意気消沈してたところ、最後にまた、雨で順位シャッフル。(ここで、私の「ぎゃ~雨だぁ!」の悲鳴で半分寝ていた夫飛び起きる)

残り三周、マッサが一位、ハミルトン五位であと一点足りない。でもハミルトンを僅差で追いかけてるのは雨にも強い若手のホープ、ヴェッテル。行け、行け、お願い、行って!行ったぁ~!(午前三時過ぎに絶叫…)

残り二周でマッサ一位、ベッテルがハミルトンを抜いて、ハミルトン六位!このままだとマッサチャンピオン。もう画面に身乗り出しのうちの夫婦。祈るような気持ち。お願い、このまま!このまま!

マッサがゴール。でも本当に最後の最後、最終コーナーで、ドライタイヤでステイアウトして四位を走行中のグロックがスローダウン、ヴェッテルと、ハミルトンが前に。

えええええぇぇぇぇぇ?!な、何?何が起こったのぉ~?

最終ラップ、最終コーナーの悲劇! マッサ母国ウィンもハミルトンが奇跡のチャンピオン獲得

歓喜の両家族。でも、でも、でも、チャンピオンはマッサじゃないのよ。マッサのお父さんの顔色が変わる瞬間。エンジン止めて、バイザーの中の涙をぬぐうマッサ。
…切ない。あまりに切なくて、結構もらい泣きました。

マッサがチェッカーを受けた後に、ドラマが変わるなんて。
そもそもグロックがあそこまでドライタイヤでステイアウトしなければ、ハミルトンの前に出ることは不可能だった。
でも、あの雨があと一周遅かったら。
まあ去年ハミルトンは同じことを思ったんでしょう。
これがF1。これがレース。これがチャンピオンシップ。しょうがない。

マッサ~泣いてもいいよ。今日のマッサは本当に早かった。彼は本当に彼が出来ることをやった。けっか勝利の女神は不幸にも微笑まなかったけど、表彰台で目を潤ませながらも、スタンドのファンに胸を張ってアピールするマッサはすっっごくかっこよかったです。
隣のアロンソやキミも「頑張ったな」ってマッサをたたえているように見えました。
…どうぞブラジルの雨が優しくマッサに降りますように。お疲れさんでした。

以下、雑感です。

■クルサード
先生の序盤リタイアは残念でした。長いF1人生、お疲れ様でした。
(しかし同時にホームグランプリを終わってしまったネルシーニョの短いF1人生もココで終わるのかね…)

■アロンソ
「気がついたら奴がいる」
気がつくと終盤戦当たり前~にポディウムにいるこの人。…すごいです。

■キミ
今日は目立たなかったね…。順位より「必要があったらハミルトンをブロック」すべく、終始微妙なスピード、微妙な位置で走っていたように見えました。終盤「もうハミルトンがチャンピオンは確定」と判断したのか、突如アロンソを猛追し始めたけど、あの「雨」で間に合わず。
とは言え、ぎりぎりで年間三位を確保できて、ファンとしてはほっとしています。今年は悩んじゃったみたい。来年に期待。

■クビサ&BMW
序盤の頑張りに較べると、後半は失速気味…だったのが残念。でもBMWは絶えずギャンプルで楽しませてくださいました。しかし今日の終盤、あの雨の混乱の中で、ラップダウンからハミルトンをオーバーテイクした瞬間はちと怖かった。(スピード差があったようには見えましたが、あれはセーフなの?)

■ハミルトン
チャンピオンなのに私のこの扱い…(笑)
でも早かったですよ。言動が色々取りざたされてるし、ワタシもたまに「あ~あ」って思っちゃう事があるけど、まぁ~こういうキャラもいないとつまんないし。
彼が間違いなく今年一番ポイントを取ったれっきとしたチャンピオンだと思う。でもチャンピオンを守り続けるってのは並大抵のことじゃありません。特にこんなに若くして登りつめてしまったのなら尚更。来年はもっと横綱勝負を見せて、強さを納得させて下さい。


■金融危機
しかしRBS、ING、CREDI SUISSEにSantander、F1の巨大スポンサー群は昨今の金融危機で先行き不安。F1どうなっちゃうのかなぁ。

■そしてストーブリーグ
やはり今年もアロンソが注目ですかね。実はフェラーリとか言われてるけど、個人的にはアロンソにこのまま残ってルノーを強くしてもらいたい。その方が全体として面白くなるような気がするし。
心配なのは若手は今年苦しんだネルシーニョ、コバライネン、同級生組はフィジコとルビーニョ…。

そしてやはり「佐藤琢磨」でしょ。頼むから帰ってきて~!

■来シーズンの目標は「絶叫しない」←でも無理
さて、次にシーズンが始まる3月にはおそらく赤子に乳飲ませながらの観戦になる訳なので…あんまり絶叫しないようにしよう。今日の絶叫は多分胎教にはあんまりよくなかったと思います。途中何回か激しく蹴られてたし(汗)最近蹴られたところを、「お、元気だね」と手でぽんぽんと叩き返すと、「やりやがったな」とばかりに蹴り返される事が。
…でもしっかり見せてF1好きに育てなければ。



マタニティ・ヨガをやってみる。

2008
11/01
*Sat*
体重がヤバイ。
…分かってるんです。でもほんと~にお腹空くんです(涙)
何か空き方が違うんですよ、平素とは。我慢できない。空腹って言うか、「餓え」に近い。餓鬼道に落ちました。

食べるんだったら、その分消費するしかない。一番いいのはウォーキングだと言われておりますが、「朝、これから仕事」って時や「残業ぐったり帰宅モード」の時って、時間が一番大切で、なかなか駅まで歩いて行こうって気になれなくて(言い訳ですね、はいはい)

で、自分が楽しくできるのなんかないかな~ってことで、五ヶ月に入った時に買って、実家に帰省した時にちょっと試したまま放置していたこのDVD BOOKを取り出してみました。遅くまで残業して帰っても、いつでもできるDVDはやはり便利だ~。

安産のための体と心をつくる Happyマタニティ・ヨガ (DVD付)安産のための体と心をつくる Happyマタニティ・ヨガ (DVD付)
(2008/05/31)
大坪三保子

商品詳細を見る


体験談を読むと「ヨガのおかげか、陣痛を感じて二時間半で出産」と言う方が。マ、マジですか?!高齢ですから、安産って言葉には弱いんですけど~。

通しでやると60分。その日の気分で三つくらいのパートから選べます。

体力的には毎日通しでやっても大丈夫。リラックスの時間とか、マッサージの時間とかも入ってますから、以前普通のヨガやパワー・ヨガのDVDをやっていた私には物足りないくらい。
でも、妊娠してからホットヨガの教室も通ってないし(当たり前だ)、あんまり運動してなかったので、「伸ばすとイテテ」ってのはありましたけど。

これで体重は絶対に落ちませんね。
ま、ヨガってもともとそう言うものじゃないからな~。マタニティビクスとか妊婦体操の方がいいのかな~。

が、結構いいこともありました。

翌日はちょっとだけ足のラインがすっきりした感じがしました。その日はレッグウォーマー無しでもこむらがえりしなかったし。体を意識して伸ばすと気持ちいいけど、どのポーズがよくて、どのポーズはよくないのか、胎児はどうしたら苦しいのかとかって分からないから、目安として使うにはいいですよね。

あと、途中で「このポーズで真ん中のラインが産道にあたります」とか「この骨が上がって産道が出来ます」とか、「へ~っ!そうなの?」って説明が入ってるのはいいかも。

もうちょっと続けてみますか…。
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ


ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。