07
1
2
3
7
8
9
13
15
16
17
21
22
23
24
28
29
30
31
<< >>

This Archive : 2008年07月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ、カモミール。

2008
07/27
*Sun*
Category:ベランダー
カモミール昨日は会社から帰って来たら22時前に寝てしまいました…。宵っ張りの私にしては新記録かもしれません。
おかげで6時過ぎにはすっきりと目が覚めました。うう~ん、気持ちいいなぁ。
夫は朝ゴルフ(打ちっぱなし)に出かけました。…なんであんなに平日起こすのに苦労するのに、ゴルフとなると自分から起きて出かけていくのか…(少々怒)

英語でツワリはMoring Sickと言うらしいですが、私は朝が一番元気なので、週に一度の休日を満喫すべく、フレンチトーストを作って、ベランダーズの水遣り中。

この鉢はカモミール。一階は土のあるお庭があるのですが、義母さまによると、植えたつもりは全くないのにどこからか飛んできて自生したとのコト。鉢に分けて頂いたのですが、頂いた時から元気がなく、元の枝はすぐに枯れてしまったので、あきらめ半分惰性でお水を上げていたのですが、最近枯れたと思った枝の幹と、根の横の方からなにやら新芽が出てきたっぽいことに気がつき、我が家の注目の的です。

頑張れ!
スポンサーサイト

休日出勤。

2008
07/26
*Sat*
Category:にっき
象写真は先日インドから出張に来た仕事相手にもらった象のお守りです。インドでは象は神様のように大切にされているんですって。

さて、海の日も出勤したから六連勤。週休二日に慣れた、そして何より妊娠四ヶ月の体にはちと辛い。

「妊婦なのに何また過労してるんだ、コラァ」
と怒るお友達たちもおられましょうが、妊婦だから休日出勤です。

妊娠して、特にこの一ヶ月ほど、こなせる仕事量はやっぱり減りました。毎日夜7時には退社したいと頑張っているのですが、ロンドンの拠点もインドの拠点も開いているこの時間は、これまでの私にとって第二のコアタイム。
ところが最近は7時半を過ぎるとまるで計ったようにツワリ信号が届くことに気づきました。

「母ちゃん、時間だヨ。そろそろ帰って寝てくれないと、ボク/ワタシ(性別未詳)疲れちゃったヨ」

この信号が届くとその後根性で残っても大して能率が上がらなくなってしまうし、遠距離通勤の私は帰りの座れない電車でどんどんエネルギーを吸い取られ、帰りついた頃にはトドと化してしまう。
なのでこの信号が来たら逆らわず、その場で帰ります。一日の勤務時間を短くして(ってそれでも残業してるけど)、その分休日にカバー。
休日は会議もないし、他からの電話やメールがないから仕事の進みはまあまあ。いつもバスで通ってる駅までは夫の送迎付だし、帰りにいつもの昼休みには通り過ぎるだけのデパートもちょっと見て帰ってこれるし、これはなかなかよろしい。

それでも労働時間が減ってるわけではないんで、「うっ…ちょっときついかも」と思ったら、会議や締め切りが少ないところで半日振休を入れて何とかしのぐ。

これでとりあえず後任が育つところまで乗り切れれば…。

しかし、休日出勤のデメリットと言えば、我が社の最寄りが特急やバスも多く出るターミナル駅であること。特に私が改札を出ると、そこは各種国内ツアー旅行の一大集合場所となっており、私の十倍元気そうな団塊の世代やカクシャクとしたご老人方が楽しそうに集われている訳ですが、休日、しかも夏ともなれば帰省や旅行でガラガラとソフトケースを引いている方も多数。

…それを恨めしそうに見ながら「どこか行きたい病」を更に悪化させる訳です。

どこか遠くへ行きたい。

2008
07/25
*Fri*
Category:にっき
去年の日光昔森高千里の曲でそんなのあったな~。若かりし頃カラオケで歌ったな~(笑)

写真を見て、おっ、夏のバカンスかと思われた方。
違います。
こちらは昨年秋口の日光戦場ヶ原です。去年は戦場ヶ原の裏まで電気バスとウォーキングで足を伸ばしました。

妊娠12W/四ヶ月に突入した今日この頃、10Wのころ「おっ、つわりが治まったか?」と思った私が甘かった。以前夜だけだったつわりは、形を変えて昼間も突然やってくるようになりました。…今が一番辛いかも。

でも不思議なくらい人とわいわいやってると食べられるんですよね~。

先週は出身地である九州から某友人が飛行機で、そして今週はブログ友だちの一人が新幹線で出張に上京したのを機に、もう一人も中距離バス(但し新幹線で帰省したばかり)で東京にやってきてくれ、楽しくご飯を食べました。皆さん連絡いただき、時間も割いて頂いてありがとうございました。
みんなつわりを心配してくれるんだけど、友だちの前ではしっかり食べてたでしょ?食べちゃうのよね、元が大喰らいだからさあ。後で胃痛で泣くんですが…。

しかし遠方から友が来ると、自分も旅したくなります。
もともと移住民族ですから、私。
実は体外移植の後「陽性でなかったら気晴らしに大好きな黒部立山アルペンルートにベタなバス旅行に行こう!」と予約していたのですが、ありがたくも見事に陽性、大事をとってキャンセル。
ふと気がつくと二月に実家に帰って以来もう半年以上どこにも行ってないんですけど…。

家の車は大きくて快適なので大丈夫だろうと、高原へのドライブを企画し、義父母さまをお誘いした途端
「でも、安定期にはいるまではぱぴさん行けないから、秋になっちゃうわね」
…しまった、良かれと思って誘って止められたぜ。ちっ。

旅の荷造りがしたい。化粧品はこの前もらったサンプルがあるからアレでいいや、とか。これを期に下着を少し入れ替えるか、とか、ガイドブックだのパスポートケースはどこだだの、そう言う旅支度がしたいんです~。

とりあえず九月に「一回大きいお腹を実母に見せとくか」と帰省の飛行機だけ予約しましたけどね。
行けるかどうか分からないけど、10月の上海GPのツアー(当時妊娠七ヶ月予定)は予約しましたけどね。
って言うか本当に後一ヶ月で私のお腹って大きくなるのかしらん。まださしたる変化は感じられないのですが。

エアコン使わない大作戦其の二

2008
07/20
*Sun*
Category:にっき
ござゴル吉の夫につきあって、ゴルフの全英オープンを結構真剣に見てしまいました。G・ノーマン渋くてかっこいい~。最年長優勝に向かって突っ走って欲しいです。
ゴルフは夫婦で老後にやるのにいいかな~始めようかな~と思っていたんですけど、そうこうするうちにおかげさまで妊娠いたしまして、今に至ります。いつかやれる日が来るんだろうか。

さて、日曜日の「エアコン使わない大作戦」の成果の第二弾です。

お部屋のラグマットをござマットに変えました。
このござマット、「池彦」と言うブランド名がついていて、検索してみるとショップチャンネルとか通販で扱っているみたいですね~。2.4帖で15,000円ちょっと。ホームセンターにしちゃ高いお買い物だったのですが、裏が普通のカーペットのような厚手のフェルトで裏打ちされているので、弾力性があって寝転がっても痛くありません。

さっそくこの上でお昼寝、お昼寝。妊婦は眠いのよ…(←言い訳)
学生さんは夏休み、世間は三連休ですが、私は明日海の日は出勤なのです。先週インドから出張者が来ていたので、その対応に追われていたら、全然自分の設計書が進まなかったので、明日はそれを取り戻すべく、電話も会議もないオフィスで集中するつもりです。
ちなみにオフィスには土日はエアコンは入ってないので、事前申請と上司の許可が必要。明日は他にも出る人がいるみたいで何とか許可はおりました。うちのオフィスはがっちりと機密性が高いのに、窓は大きいので、エアコンがないと地獄です。
暑い日中は家から出かけて涼しいところに行くってのも一つの方法かもしれません(笑)

エアコン使わない大作戦 其の一

2008
07/20
*Sun*
Category:にっき
椅子。Sports Blog Partsさんの「F1 NextRace!!」をダウンロードさせて頂きました。次のF1レースのカウントダウンなんかが見えます。個人的に便利です。
最近F1関係のエントリが少なくなっているような…情熱が薄れているのでしょうか。いやいや、毎レース楽しみにしているんですよ。でもスーパーアグリと琢磨がいなくなった寂しさからはちょっと立ち直っていないような…。

さて、今日は大きなホームセンターへ「エアコン使わない大作戦」のための買出しに行って参りました。かなり有意義なお買い物が出来ましたのでご報告。

まずはこちらの白いプラスチックの椅子。一客840円×2。
我が家はビルやマンションが濫立する都心からは距離を隔てた郊外の住宅地で大きな道路からも一本入ったところにあります。通勤にはちょっと(…いや、かなり)不便ですが、静かで、風通しがいいので、夏でも風が入れば涼しく過ごせます。
それでも家の中に風が入ってこない時は、いっそ屋外で過ごしちゃえ!と言う東南アジア的発想。(決してパリのオープンカフェのように優雅ではない)
東南アジアとかエジプトとか無茶苦茶暑いところに行くと、夕方椅子を家の前に出してくっちゃべるおじいちゃんとか結構いますよね。あれを見習ってみました。

今日も日が落ち始めた夕方に夫と二人で椅子に座って、植木鉢ちゃんたちを眺めながら、冷たい麦茶を頂くと、これがなかなか。(夫はビールが飲みたかったらしい)
いずれテーブルなんかも買って、季節や天気がいい日はベランダで家族で朝ごはん…なんてのもいいかもしれません。
が、難点はやはりどうしても日焼けしやすいと言うことでしょうか。日焼け止めにも限界がありますからね~。ベランダー修行を始めて少しずつではあるが着実に黒くなっている自分を感じる。色白の夫が憎らしい。

Happy Summer Wedding!!

2008
07/19
*Sat*
Category:にっき
Wedding…そんなタイトルの曲、モーニング娘。の曲でなかったっけ?
梅雨が明けたのは「夏が来た!」って感じで嬉しいけど、しかし今日は暑かったな~。でもまだエアコンは使ってませんよ。

さて、そんな暑い最中、今日は元同僚の結婚式に招待してもらったので、えっちらおっちら都内まで出かけてきました。

元同僚と言いますのは、彼は今年の頭に転職して我がチームを去って行ったので。彼が「転職する」と言うのを聞いた瞬間は正直信じられなくて、素直にNew Challengeを喜んであげられなくて、ちょっとふてくされていたりしたものです。非常に彼を尊敬し、頼りにしていたので…。
しかし縁があってその後も何度か会う機会もあり、こうして結婚式にまで呼んで頂けるとは、とてもありがたい。すごく嬉しかったです。

ところで、実は外国人の結婚式は初めてだったので、ちょっと興味津々。何人かの同僚は奥様やパートナー、お子様連れでした。主観かもしれませんが、外国人をパートナーに持つ方というのは、華やかと言うか、パワーに溢れて、堂々としている感じがしてまぶしいです。やはり言葉や文化の壁を乗り越えるにはパワーが必要だからではないかと思います。

さて、お式はと言いますと、本当にいいお式でした。彼はいわゆる「出来ちゃった婚」で、もうすぐ三歳になる可愛い娘さんがいます。子育てや色々あって、ようやく三年目にして式を挙げた訳ですが、「三年目の浮気」って言葉は無縁の、ますますラブラブな式でした。いや~ご馳走様!

しかし、チャペルの式が3時に始まって、カクテル、ディナーが終わったのは実に8時半過ぎ。しかしパーティーはこれからダンスタイムでまだまだ続く。お部屋は10時までリザーブしてあるそうです。
一応妊婦という事で体力の限界が近かったので、主役にご挨拶して、早めに失礼させていただきましたが、帰ってきて結構げっそり来ています…。いや~西洋人って体力あるね(汗)

私はマグロ。

2008
07/18
*Fri*
Category:にっき
ミリオンベルミリオンベルが巨大化しています。一ヶ月ほど前かなり大き目の鉢に移したのですが、もはやそこから溢れんばかりの勢い。全長70センチは優に越えてると思うんですけど。これはもっと大きな鉢を買って来て植え替えるべきなのか。

さて、先々週くらいから「とうとうエアコンを使い始めた」と言う方も多いのではないでしょうか。我が家では夫が壮大なる計画を立てました。

「今年はエアコンを使わず過ごす」

いきなりエコに目覚めたのか?ちなみに扇風機は使ってますが。
最近夜ゴルフにはまって、深夜もベランダでクラブを振っている夫。自然の風を感じた方が健康にいいんだと主張。もともと冷房に弱くて、どこに行くにもカーディガン持参の私に異論はありません。夫と並んでテレビ見ながら、自分だけタオルケットぐるぐる巻きの時もあったし。今年は私の体であって私だけの体ではないので、冷やさない方がいいに決まってる。

が、妊婦は暑い。
ただいま三ヶ月後半。まだ基礎体温が下がってないので、暑いったらありゃしないのよ~。

仕方がないので、実家の母が生ものを宅急便で生ものを送ってくれた時に入っていた保冷剤をタオルで巻いて、首やおでこに乗せて寝ています。マグロか、私は。
今日はアイスノン買ってこよう…。


Quatorze Juillet

2008
07/14
*Mon*
Category:にっき
Quatorze Juillet今日は7月14日。Quatorze Juillet(キャトーズ ジュイエ)、日本ではパリという名前でも知られるフランスの革命記念日です。

…そう、愛しのオスカル様の命日でもあります。フランス万歳!

何を隠そう去年のこの日私は家族でパリにいました。朝からモンマルトルにのぼり、一通り散策して、中心地(マドレーヌ寺院付近)に戻ってきたら、地下鉄を出るなりたくさんの戦闘機が低空飛行中。「おおっ」と家族で仰天していると、ちょうどコンコルド広場から何体かの歩兵部隊が歌いながら勇ましく行進して来るところでした。
残念ながら戦車は私の場所からは見られませんでしたが、「フランスって軍事国家なのね~」とつくづく感じました。

でも私の心に一番残っているのは真っ青な空の下、凱旋門に巨大なフランス国旗がはためいているこの姿。この空の鮮やかさ。

革命記念日じゃなくても、7月はパリの空が一番青くて深くて綺麗な時です。会社員さんであれば、学生が夏休みに入るちょっと前、7月の頭はまだ航空運賃も上がりきっていなくてお勧めです。(但し観光シーズンでもありますので、美術館やヴェルサイユは絶対ミュージアムパスなどの前売券を買っていくこと!)

この時期のパリは日が長く、サマータイムで九時くらいまで明るい。日が落ちてはじめてから夕日が沈むまでのサンセットがすごく長い。湿気のないいい風に吹かれながらカフェでお茶をするのが滅茶苦茶気持ちいい。

あ~…また行きたくなってきた。ヤバイ(笑)

自分の身は自分で守ろう。

2008
07/12
*Sat*
Category:時事ネタ
ワイルドストロベリー雨と強い日差しの繰り返しで、元気な我が家の植木たち。今日はふと気がつくとワイルドストロベリーに実がなってました。(支えてるのは夫の手)

さて、皆さんのところには年金とくべつ便届きましたか?

実は私は二回目。この事件は前のブログにも書いたのでお友達は覚えている人も多いでしょう。桝添大臣のもと全加入者に送付が決定する以前は、35歳になった時に一回発送される仕組みになっていて(なぜなら年金は25年払わないと受給資格が得られないが、35歳から払えば必ずどんな人でもギリギリ受給資格が得られるから)私はその一期生でした。(ああ…年がばれる)

私はは結婚一回、転職一回と比較的簡易なケースのはず。
大学時代は一応苦学生だったので経済的な理由で全額免除を申し込んでいましたが、手続き自体は20歳になってすぐ行ったし、転職の間に一ヶ月の無職期間があるのですが、無職一日目に国民年金の手続きはちゃんと行きました。どっちかと言うと優等生の方だから年金記録は大丈夫だと思ってました。

でも違ってたんです。
大学時代の加入記録がごっそり抜けてました。手帳に手続き済みの記録があるにも関わらず。

さっそく電話したら記録自体はすぐ見つかって、郵便で手続きして今に至ります。それを期にもっと無職期間が長い夫は危ない…と調べましたがこっちは大丈夫でした。時間はかかりますがIDを取得するとインターネットで記録を調べることも出来ます。

確かに、社保庁の過去の管理体制は駄目駄目です。怒りは感じます。が、私はこのニュースを見ると、どーしてももう一つ思うことがある。

「自分の身は自分で守ろうよ」

日本人って、物理的な安全以外にも、自分の事は自分で…の意識低すぎません?何でも政府にやれって言いすぎじゃない?

「最後の一件まどんな金をかけても照合しろ」と言ってる人たちがいるけど、100%なんて現実的に考えたってどうやったって無理。もうどうしようもない状態になってしまってるんだから。その照合にかかる莫大なお金もまた税金で、こんな苦しい時代に余計な税金つかってる余裕など今の日本にはないんです。
だったら加入者一人一人が自分に来た年金とくべつ便を確認して、自分の分だけは何とかしようよ。

テレビで「このねんきん特別便、分かりにくい」なんて不満ぶっこいてる人がいましたが…そうか?ちゃんと続けて年金を納めていて、自分の履歴が分かっていれば、全然そんなことないですよ。
高等数式が書いてあるわけじゃなし、何のため義務教育受けてるんだ、と私は言いたい。自分の金のことなんだから目を皿のようにして読むべき。
こんなこと言ってる人は、たいてい虫眼鏡で見なきゃいけないような約款のついた詐欺とか引っかかるんだよな。で「約款がよく分からなかったから」とか責任意識ゼロ。

さて、回答票(問題ナシ×2)出しに行って来ます!



峠か、小休止か。

2008
07/11
*Fri*
本日で10w0d。
先週に較べると今週は夜になっても比較的元気です。だるさと眠さはあるものの、夕ご飯後のあのすさまじい胃痛から開放されて本当に幸せです。(ちょっとムカムカはしますねどね)
果たして小休止か、それとも峠を一つ越したのか。

悪阻が軽くなったらなったで「赤ちゃんは大丈夫かな」と心配になりますが、あまり関係がないようなので、気にせず元気な時は元気に行こう!
昼は暑くても夕方・夜半はちょっと気温が落ちるこの季節は、夜のウォーキングには最高です。この時期を逃してはなりません。ちょっと湿気が高いので、汗かいちゃいますが、ぽかぽかして気持ちいいです。

一昨日は駅から自宅までの帰りのバスを二駅前で降りて、とりあえず15分ウォーキング。
我が家の周りは住宅街。
お花を丹精している人も多く、どこからかいい香りが漂ってくる。
どっかで虫も鳴いてる。
タオルを首にかけて並んで早足のおじいさんとおばあさん。

15分でも結構息が上がってしまいました。先週まで週末は二日に一日は寝たきりで動けなかったので、かなり体力は落ちている感じです。これはヤバイ。出産にも最後の最後まで通うつもりの職場でも、体力は必要。ヤバイ。

昨日は浅草橋で同僚と仕事関係の会食があって、帰り道御茶ノ水まで歩きました。
なぜ御茶ノ水から秋葉原まで30分以上かかってしまったのか。やっぱり私の頭の中のコンパスは壊れているのか。トータル40分くらい歩きました。

でも…なんと、妊娠前から+1㌔だった体重がこの二日で元に戻りました~!!
食べる量は減ってたのに、体重増えてて脅えていたんですが、やはり運動は重要なファクターのようです。

育てる。

2008
07/10
*Thu*
Category:にっき
来月から一人でやっていた私の仕事に新入りの若い(と言っても私よりたかが6つ下なのですごく若くはないな…)男の子が入ってくることになりました。そして今持っているプロジェクトも、それぞれきりのいいところで他の同僚に渡し、スーパーバイザーとして人に教えることに集中して欲しいと言われました。

この時勢、我が社は人減らしの真っ最中。そんな中、妊娠報告を聞いて代替要員を手配してくれた上司に感謝します。(実に一ヶ月かからず採用を決めてくれました)妊娠する前からかなりオーバーワーク気味で常に人は欲しかったし、最後まで体調が順調な保証はどこにもない。私の体調で他の方に迷惑をかける訳には行きません。

でもやっぱり少し怖い。
戻ってこれるでしょうか。
今まで、私なりに一生懸命やってきたつもり。それはいつかこうして長いお休みを取る事が分かっていて、その時に「戻って来ていいよ」と言ってもらいたかったから。
でも、本当に心が狭いけど、この男の子が無茶苦茶出来る子で、私の倍の仕事をこなして、私は要らなくなったりしないかと不安になります。
私が持っていたプロジェクトは、私から見ればそれぞれ魅力があるいい仕事たち。今までの経験を生かして「じゃあ、これメイン担当で」と渡してもらったり、自分から提案したり、色々下調査をして、これからが面白いところ。本当は最後まで自分でやりたかった。
それを最初からぽんと渡してもらえる彼が羨ましい。私が戻ってきた時、きっと立場は逆転しているでしょう。私はサブ。そうしないと子育ては出来ません。

あ~。心狭っ。

しょうがないって。
だって自分で決めたんだもん。自分で「生活が変わる。仕事も変わる」と分かった上で、選んで、引き金を引いたんだもん。
何回人生をやり直しても、先生に「体外しかありません」って言われた瞬間に戻ったら、私は「やります」って言うに決まってる。
この子がお腹に入った時の幸せは本当に言い尽くせません。こっちを選ばないのはありえない。

でも、本当にちょっと悲しいだけ。怖いだけ。寂しいだけ。
大丈夫、この半年で絶対気持ちの整理がつくはずだし、つけなくてはならないんです。

「…Can I really come back here after leaves?」
つい上司の前でぼそっとつぶやいちゃったらあっけらかんと
「No problem、No problem」

法的には保障されていると言っても戻れなかった人もいっぱい見てきました。
性別も国籍も目の色も違う彼に私のこの不安はきっと理解できないでしょう。でも私は彼のその能天気な言葉を信じて、空いた机を綺麗にして、後を育てていくしかありません。

今私に出来ることは、今他部署から預かっているトレイニーたちと、新人君を出来るだけ育てること。決して爆弾を残さないこと。

ここで愚痴ったら、頑張って完璧な計画書を作りましょう。
色んな人に書き溜めている引継のメールを、また一通書きましょう。

自分の事だけ考えてればいい、そんな時間は終わりなのです。それはもしかしたら、別の意味で「前に進むこと」なのかもしれません。
私自身が「育つ」より難しい半年がかりプロジェクトが始まります。

とにかくバジルがすごいんだ。

2008
07/06
*Sun*
Category:ベランダー
バジル素麺雨の後の筍ならぬ、雨の後のバジル。とにかくバジルがすごいことに…
我が家バジルだけでプランターが四つあるんですけど…。もはや「畑」です。

そこで夫が大収穫祭をとり行い、バジルペーストを作ってくれました。
材料はバジル、にんにく、松の実、塩、そしてオリーブオイル。
自家製でフレッシュだから色がとても綺麗です。最初はジョッキサイズのコップにいっぱい入ってて「青汁か?」と言う状態だったのを、一階の義父母におすそ分けして何とか一瓶に。でも保存料が入ってないので早く食べなくては。

で、バジル素麺です。(まだ素麺生活です。)

普通の素麺つゆにバジルペーストを少したらして頂きます。オリーブオイルがたっぷり入っているので、こくがあってなかなかいけます。この夏はこれか?


9W 卒業、転院。

2008
07/05
*Sat*
9W8W6Dに不妊クリニックにて診察。

「手足が見えてきましたね~。ほら、ダンスを踊ってますよ。順調です」

頭からお尻までが大体20.3mm。卵巣の腫れは相変わらずですが、快方に向かっているので、不妊クリニックを卒業になりました。卒業証書(紹介状)を頂き、お礼を言って、病院を出ました。
幸い四ヶ月と言う短い期間、一回の体外受精で卒業したので、長い間苦労している方には及びもしませんが、それでも毎週、時には毎日、本当によく通いました。駅から病院のこの道を時には悲しさ、時には喜びで、何度往復したことか。

本当にありがとうございました。
どうか、今も通院している皆様にもDr.Aの魔法でコウノトリが舞い降りますように。

そして、自宅から徒歩5分の産院に本日転院。マダムリリーに「8週で『今予約しないと産めない』って言われたから産院の予約は早く!」と言われていたので、事前に電話で転院をお願いしておいたのですが、おかげでスムーズでした。初回の検診は問診と内診であっさり終了。頭からお尻まで本日は23.3mm。来週憧れの母子手帳をもらいに行く予定。次は四週間後に来て下さいとの事。
「え?そんな先までないものなの?」
これまで毎週診察だった私は若干拍子抜けです。まあ順調と言うことですよね。

しかし私は驚きました。
私のうちの周りは割と産院が充実している地域なんですが、それでも診察室は結構混んでいました。が、妊婦の数以上に混んでる理由は「検診に付き添いがついているから」なんです。
まあ旦那さんが付き添う人は結構いますよね。私は古いタイプの人間なんで夫なんて分娩の時くらいしか来ないんだろうと(かつ立会いなんて絶対嫌)思っていますが、それ以上にビックリするのは更に二人付き添いがいる人がいるんですよ、多分妊婦の母。それも複数。

最初は「おおっ!お産か?」と思ったのですが、どうも様子が違う。妊婦さん、軽やかに笑ってるし。どう見ても臨月にしちゃコンパクトだし。

更に診察を終わって、待合室に戻ってみると、椅子が満席です。さすがに旦那さんは立ってますが、妊婦の母は座ってる。
「え~座れないんですけど…一応つわりが少々…」←心の声。

でも妊婦の母は基本的に「おばあちゃん」と言われる方々で高齢なんで、あんまり椅子を譲って頂く雰囲気ではないです。すぐお会計だったんで立ってましたけど…。

…検診の付き添いは一人にしようよ、と思うのは私だけ?

いなくなっちゃうなんて…寂しい。

2008
07/04
*Fri*
Category:F1
いつかは誰でもそう言う時が来る。でもやっぱり先生がいなくなっちゃうのは寂しいです。

デイヴィッド・クルサード、F1引退発表全文 (F1通信)

先生はオフサーキットで二回目撃してます。一回目は2007年に上海GPから帰ってきたときに、成田で目撃。結構たくさんのドライバーが同じ便に乗っていて、他にもいっぱい見かけたんですが、先生が一番「セレブオーラ」を発してました。

二回目は昨年のレッドブル浅草行脚。(下の写真です)
「うぉっ、頭(四角いけど)小さっ
と言うくらいスタイルがよかった。

マークは契約延長になったみたいですが、あの巨大な二人の組み合わせのレッドブルは結構好きで応援していたのにな~…。

クルサード@浅草


+同じくらいショックだったのはこちらのニュース。

イギリスGP、2010年からドニントンで開催(F1通信)

シルバストーンは確かに古い。でも私にとって生まれて初めてのサーキット。あのノイズに頭をやられて、病みつきになってしまった聖地だったのに…寂しい…。(しかもパソコンが壊れたので写真が吹っ飛んでしまった…)

そんな訳で今週はシルバストーンですね。




ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。