08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : 妊婦日記(第一子)

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37w6d 説得。

2009
01/22
*Thu*
昨日は会議が複数あったため、産休中にもかかわらず会社に行ってきました。歩くときに如実に恥骨が押されて「えっちらおっちら」になっており、先生の「赤ちゃんが降りてきている」と言う一言を実感。

「いつ陣痛が来てもおかしくない。まあ、陣痛来てもすぐ産まれるわけじゃないから」の言葉を思い出し、

「お願い、今日出勤中だけは勘弁して(泣)」

…とお腹の中に懇願しながら、10時過ぎにようやく会社に到着。トイレや廊下で一人になるたび

「かーちゃんの仕事終わるまでもうちょっと待ってね。頼むね(泣)」

…とひたすら説得しつづけ、金曜日挨拶できなかった方に挨拶したり、何人かの同僚がお祝いを持ってきてくれたり、思いがけず遠方から出張に来ていた友人が会社まで会いに来てくれたり、夜8時位までオフィスにいたでしょうか。
実は朝の時点ではまだ微熱があって、行きの電車ではちょっとぼーっとしており、「こんなんで仕事できるんかいな」と危惧していたのですが、会社に来るとなんとなくしゃんとすると言うか、何とかなりました。
しかも帰ったら完全に熱は下がっており…いやー、会社人間だな、私。

帰りの道は、ひたすらほっとして

「あんたは本当にいい子でかーちゃんの仕事を待っててくれたねー。ありがとうねー。」

とわが子をほめてみたり。
実際会社ではあんまり巨大胎動はなく(まあ、神経が仕事に行ってて気がつかないってのもありますが)、電車にのったり、家でソファに転がったりすると、ぐりんぐりんと大回転を始める非常に空気を読む子でした。生まれる前から我慢をさせてるのかな、とかわいそうでもあり。
…でも産まれてからもその調子でよろしくね(おい)

でもこれでしばらく通勤は無しです。
通勤無しってのは、家からちょっとやらなきゃいけないドキュメントの作業は残ってるんですが、とりあえず今日は朝から眠くて眠くて…。
休みの日は夫に合わせて起き、夫の着替え中に朝ごはんを作って食べさせ、体がきつい時は送り出した後にもう一回寝ることにしてるのですが、今日はもう送り出した瞬間に瞼が落ちてきて、ソファで置物と化しておりました。
でも今日一日休めばたぶん風邪は完治の予感。これで咳き込みながら陣痛の恐怖から開放されます。

さて、夫は昨日も残業でタクシー帰り。
昨日、深夜く帰ってきた夫から、逆に「お仕事お疲れさん」と言われてほろりと来てしまった私です。今日も朝から彼を見送り、同業者だけに仕事のきつさもわかっており、何だか「一人だけ辛いところに働きに出してごめん」って申し訳なーい気持ちに。
若い頃は「子どもが出来たら私ばっかり産休・育休でキャリア中断で、夫は何の影響もなくてずるい。育休は半分ずつとるべき」とかドラマのキャリアウーマン(死語)がいかにもいいそうな青いことを真剣に思ってましたが、今は違う。こう言う普段仕事と違う時間を体験できることはすごい!ありがたい!と思う。別の意味で夫にもいろんな人生を体験して欲しいから育休は短くてもとってもらえたら…って思ってますが。

夫は三月の納期までは忙しいらしく、もともと立ち会い出産に期待などしていない私は、「陣痛の時は実母か義母かどっちかがいてくれれば、用事も頼めるし、そっちの方が役に立つだろうし(笑)、ま、いっか」くらいにしか思ってなかったので、夫は陣痛が始まっても普通に仕事に行くもんだと思ってたのですが…昨日になって

「三月まで忙しいには忙しいんだけど、予定日通りに産まれてくれれば、ちょうど仕事の区切りがつく日なんで、土日は休めるだろうから赤ちゃんずっと見られていいんだけどな」

とか言い出しました。

そうなの?
陣痛の時は別にいなくていいけど、産まれたら、夫だって赤ちゃんできるだけ早く長く見てたいよね?

そういう訳で、昨晩から二人がかりで

「お願い。もうちょっとお腹の中で頑張って、2月6日金曜陣痛開始、翌日朝誕生くらいのスケジュールで頼む」

説得中。

だって出産手当金的にも早く産まれない方が得だし、私も産前休暇でもうちょっとやりたいこともあるし、あ、すると定額給付金はもらえないけど(笑…2月1日基準らしい)

・・・ひどい親です。

あ、あと両方の母に「赤ちゃん降りてきてるから早くなるかも」ってそれぞれ教えた時の反応も勝手だった(笑)

両母「えー。おかあさん、心の準備が出来てないんだけどー。予定日くらいまで待ってくれないかなー」

あのー。経験者を頼りにしてるんだけど。双方ともに自分でも二人生んでて、それぞれもう一方の子ども側(夫の姉、私の弟)に孫が二人いるんですけど。

実母「自分の出産は昔過ぎて忘れた。弟の子どもの時は、お嫁さんのお母さんにまかせっきりで電話待ってるだけで、電話受けて上京だったから楽だった。旅の準備まだしてないし、美容院も行ってないし、今産まれても困る」←より現実派。
義母「自分の出産は昔過ぎて忘れた。姉の子どもの時も…何かぼんやりしてよく覚えてない。」←より天然派。

そういう訳で全体的に受入態勢イマイチなので、説得工作を続行したいと思います。

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
スポンサーサイト

37w4d 熟練の技を見た。

2009
01/20
*Tue*
日曜の発熱から三日目、ようやく熱が落ちてきました。かろうじて7度を超えなくなりました。火曜と水曜の会議に出席するつもりだったのですが、さすがに火曜日はキャンセル。水曜日におまとめしてもらいました。この日だけはなんとしても行かねば…。

で、本日は正産期に入って初めての妊婦検診。今日もおじいちゃん先生でした。

■ぱぴこ、そろそろ3キロ前後あって、順調。いつ産まれてきても大丈夫!(ほっ
■ぱぴよん、先週から約1キロダウンで、妊娠前から+6.6キロ。
■内診の結果、子宮口は指一本分開いており、頸管も短くなっている。赤ちゃんの位置も下がっているため、予定日(2月6日)より早くなるんじゃないか、との予想。


体重を見た瞬間「今日もアイス食べてもいいよね!」と思ってしまった食い意地の張った私…。

赤ちゃんの位置については「ん?なんか下がってきてる?」って気がしていたし、これまで以上に頻尿になっていたので、やっぱりそうか~って感じです。
でもこんな状態で会社行ってもいいんかい、と思って「○○駅の辺りの会社に明日だけ出勤したいんですが」と聞いて見たんところ「初産だし、気づいてすぐ産まれるわけじゃないし、それくらいの距離だったら神経質にならず、出歩いても大丈夫。こればっかりはいつか分かんないから普通に生活していいよ」とのことでした。なるほど。

ところで今日すっごい憂鬱でした。
まあ、この時期避けられないことですが、子宮口や産道の様子を見るために今日から毎回内診です。もともと膣口が狭い私は、不妊治療のクリニックからこちらの産院へ転院してきて、何が辛かったって内診が痛いのが辛くて…もちろん陣痛やお産がもっと痛いのは百も承知ですが、自動で昇降する内診台もコツが掴めず苦手でした。

ところがっ。
今日のおじいちゃん先生の内診は全然痛くなかった

しかも「え?もう終わり?」って感じでほんの一瞬でした。
…これが熟練の技でしょうか。

相変わらずもらえる写真が頭部断面図でも、来週も絶対おじいちゃん先生の日を予約しようと心に決めたのは言うまでもありません。
…でもあと一、二回だけどね~、多分。

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

37w、正産期。産休入り。(一応)

2009
01/17
*Sat*
37週、いわゆる「いつ生まれても大丈夫」な正産期に突入した日、一応公式には産休前の最終勤務日を迎えました。

あ、なぜわざわざ「一応公式には」って付くかって?
…すみません。仕事終わりませんでした・゚・(´Д`;)・゚・(おいおい
いや、頑張ったんですよ。頑張ったけど、相手もある話なので、自分の頑張りだけでは何とも(言い訳)
火曜日と水曜日に会議に出て、そこで終了です。産休中は健保から「出産手当金」が出ますが(働いててよかった~と思う瞬間)会社からは無給なので、いわばボランティアですわ。しかも会議までに家のパソコンで読んだり書いたりせねばならないものが(苦笑)
…仕方ない。復帰後、子どもが熱出して助けてもらう時もあるだろうから、会社に貸しにしときます。

でも自分の机に座って作業をするのは最後だし、その後勿論戻ってくるつもりだけど、万万が一の事もあるし、机周りを掃除して一日を終えました。何人かの方がわざわざ挨拶に来てくださり、自宅や産院、休業中の連絡先、お祝いの希望を聞いて下さいました。
特に今日のところは感慨…はなかったですね。多分火曜日と水曜日に来るからですね(笑)

でも来週の金曜日で38w。母が3X年前、破水から始まって私を産んだ(私は第一子)のは38wだったそうなので、この日からは今度こそさすがに一応市内から出るのは止めようと思います。←本当だってば

さて、現在のぱぴこと私の状況は…

■36w5dで、ぱぴこ、大きさ、エコーの結果ともに問題なし(またおじいちゃん先生に頭部断面と大腿骨断面の写真をもらった…)。
■NSTの最中、ぱぴこは盛んに動いている様子。私も一応微弱な張りが来ているらしいが、相変わらず「張り」を意識する事が出来ず。
■ぱぴよん、+7.4キロ。後期貧血検査の結果、貧血解消。


げっ
貧血解消は嬉しいんですが、目標であった7キロジャストをオーバー。しかも一週間で1キロ?そんなに食べていた実感がなかったのでショック。絶対週末三日間のだらだら生活がよくなかったのですわ。食べ物より運動不足が私にはよくないようです。産休中は適度に運動しなくては…。(でも寒いの苦手でついつい出たくなくなるんだよな~)
臨月に入って最初の検診だったので、入院保証金に20万円預けたところ、入院するお部屋や分娩室、陣痛室(←すごい名前の部屋だよな)の見学をしました。うちの産院は小さな個人産院で、個室が中心。二人部屋は一つしかない。一度に入院できるのは七人くらい?その日は空いていてお一人しかいなかったみたいです。
個室は洗面所やトイレ、冷蔵庫、テレビ、お見舞い客用のソファがついていて、ビジネスホテルみたいな感じでした。

最後の日は朝から上司と昨年度の実績の評価などなど、面接がありました。
いい評価も悪い評価もありました。こちらも言いたい事は言わせてもらいましたし。
復帰後の時間短縮勤務や担当業務の話も出ました。勿論産んで育てて見なければ分からないけど、このご時世復帰後もちゃんと戦力として期待してもらえるのはありがたいことです。

さて…今日は土曜日。夫はまたもや午後から出勤。
私は買い物にでも出かけるかな~。
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

臨月突入。全然実感わかず。

2009
01/09
*Fri*
正月休みも終わり、怒涛の一週間が終わりました。

しょーじき疲労困憊ですわ。
公私共に忙しいとはまさにこのこと。何しろ私は16日を最後に産休に入るわけで、引継ぎもラストスパート。しかしまだ読まなきゃいけない文書も書かなきゃいけない文書も結構残ってる。その中で日々新しい質問や仕事もじゃかじゃか降って来る訳で、私も引継者も結構涙目。…本当に休めるのか、私?
仕事以外でも、「産休前に一度」と言うことで色んな方と日替わりでランチさせて頂いたり、出張者の歓送迎会を兼ねた(ついでに私の出産前祝も兼ねた)新年会があったり、盛りだくさんです。
外にいる時は気合入れて動き回っているせいか気づかないんですが、通勤電車で長い家路を帰って来て、ソファにどっかり腰を下ろすと、じわーっと腰の痛みと眠気が襲ってきて、やっぱ普通の体じゃないんだな~って実感します。

そんな中、火曜日は35w4dで朝から会社の前に妊婦検診。
私が通っている産院は若先生とおじいちゃん先生の親子二代でやってらして、若先生が主に対応されてるのですが、初めておじいちゃん先生にあたりました。

■ぱぴこ、推定体重等は特に言われなかったけど、異常なし。順調。羊水量、胎盤位置問題なし。
■ぱぴよん、体重二週間で+1キロ、現在トータル6.4キロ増
あ…でも尿たん白はマイナスに戻ったわ…ほ…

がーん、二週間で+1キロ…。
そうだよね~。お餅こそ控えたけど、クリスマスもお正月も結構食べてたもん。家で仕事は多少はやってたけど、通勤しなかったから体はラクチンだった。なんかお腹も大きくなったけど、太もも周りとか「来てる」気がするし
しかし私の目標は出産までで+7キロ。あと0.6キロしかないんですけど…。
最近は「妊婦にあまりに厳しい体重指導をするのもいかがなものか。やはりある程度増やして体力を付けなければ」と言う説もあるようですが…私はもともとが太いのでやはりここで何とかせねば。

初めてあたったおじいちゃん先生はエコーの時間が長くて、胎盤まで見せて色々説明してくれたのはありがったのですが、頂いた写真は「大腿骨の断面」と「頭部断面」でした…。いや、その部分で主に胎児の大きさを確認することは分かってるんですが、写真としてはどうなの?(若先生は一応顔のあたりを写した写真を撮ってくれようとするのですが、これはこれでエコー写真ってのは結構ホラーチック)

今困っているのは、8ヶ月くらいからもともと持病のアトピー性皮膚炎がひどくなってきたこと。私の場合主に膝から下の足全体、腕、背中に赤い発疹が出来て、夜になると痒みが増してきます。(日中は仕事で気が張ってるから痒さに気づかないだけかもしれませんが)
皮膚科の先生に相談して「妊娠中も塗り薬はそこまで神経質にならなくても大丈夫」と言うことで塗り薬を出して頂いてますが、以前はどうしても痒い時に飲んでた経口の痒み止めは駄目なので、やはり辛い…。

で、忙しいくせに木曜日はちゃっかり新年会で遊んできました。
同僚の一人が寄せ書きを集めてくれて、可愛いカードを頂きました。私の部署は多国籍チームなので、メッセージは英語あり、日本語ありの楽しいカードだったんですが、外国人の中にはかなり筆記体やサインがかなり崩れているものもあり、解読が困難で「誰からか分からないメッセージ」が複数(笑)

そして本日金曜日で臨月突入。正産期まであと一週間。そして会社もあと一週間。すまんね、ぱぴこ。もう少し頑張ってくれい。
しかし本当に一ヶ月を切ってしまった訳ですが…全く実感はありません。
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

今年もよろしくお願いいたします…35w、後期つわり真っ最中。

2009
01/04
*Sun*
あけました。三が日も終わってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

我が家は三が日はずっと夫の実家(要は自宅の一階)で義姉の一家も含めた家族全員で食事するのが常でして、私は適当に揚げ物やサラダを作って箸休めに持っていく以外は、盛り付けや片づけを地味に担当して、楽をさせて頂いてます。
今日の朝から自宅(二階)で食事。「おせちもいいけどカレーもね」なんてコマーシャルが以前ありましたが、確かにカレーが食べたい(笑)今日はカレーだな~。

…思えば去年の正月は飲んでたな。
何しろ遅れに遅れ、期待に胸を膨らませていたリセットが、よりによって大晦日においでになったので、正月はやさぐれてましたね。
それと較べれば今年は全く飲めませんがとても幸せです。

が、35w、臨月を目前に後期つわり真っ只中
栄養は必要としているようでお腹は空くのですが、いよいよ巨大になってきたぱぴこに胃が圧迫され、すぐ気持ち悪くなってしまい、げっぷの嵐。時々胃液が上がってきたり、少々戻してしまったり。(あ、綺麗な話でなくてす…すみません)
まさに「つわり」です。

お腹はいよいよ巨大になって、動作が更に鈍くなって来ました。靴下履くのが辛い。
そして私が一番行きたいのは、温泉
贅沢は申しません。スーパー銭湯でいいです。
自宅のお風呂が特別小さいわけではないと思うのですが、少なくとも大きくはない。足は伸ばせません。(←普通ですよね)?
普段はそれでいいんですが、今足をまげて入るとびみょーにお腹が苦しいんです。足を伸ばして、ゆ~っくり熱いお湯に浸かりたい
夫に連れて行ってくれないか交渉したのですが、やはりこの腹では…と渋い顔。

■今のスーパー銭湯は綺麗だけど、妊婦はそれなりに免疫も落ちており、感染等も心配される。
■いくら自分で気をつけてても、子どもが駆け回ってるスーパー銭湯で衝突・転倒でもしちゃったもんなら…自己責任とはいえ、他人に迷惑をかけるのはよろしくないのでは?
■って言うか周りの人がびっくりしちゃうでしょ、そのお腹。心配かけちゃうよ。

…ごもっとも。
お義母さまの「生まれて床上げできたら預かってあげるから、いくらでも行っていいわよ」と優しいお言葉を頂きまして、涙を飲んで我慢しました。くっすん

しかし明日から二週間仕事のラストスパート。正直八ヶ月くらいまでは「これなら産む直前まで働けちゃうわよ。よゆー、よゆー」と思ってたのに、九ヶ月に入って「ん?なんか辛いぞ?きついぞ?これで臨月までって結構大変じゃないの」と表情に冷や汗が浮かびつつあります。やるっきゃないけど。
で、出産はもう来月…だよな。一ヶ月ちょい…だよな。って言うか一週とか普通に早くなって、今月中に生まれる可能性もなきにしもあらず…だったりするよね。
全然実感な~い!!!

あ、でも出きれば1月25日まで産気づかないで欲しいんですけど…
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ


ぱぴよん

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
2009年1月26日に生まれの長男ぬー坊と、夫蝶太郎+二世帯同居で義父母の五人家族。2009年8月に職場復帰し、ワーキングマザー二年生。



ぬー坊

結婚10年目にして我が家にやってきた長男。甘えん坊で暴れん坊。(最近おしゃべりも追加された…。)音楽が鳴ると踊りだす天性のダンサー。 現在二歳。得意技はジャンプと「いやだよぉ~」

Lilypie Second Birthday tickers



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブックマーク



Book Shelf

Powered By ソーシャルライブラリー



カウンター



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



Copyright © Papillog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。